ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『AppDynamics』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

アプリケーションパフォーマンス管理AppDynamics

貴社のデジタルビジネス化を一気に加速し、オンラインサービスを見える化、最大限のパフォーマンスを発揮するために必要な情報を提供。
貴社のITサービスがすべてのユーザーに最高の“体験”をストレスフリーに提供することを支援いたします。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • オンラインサービスのパフォーマンスの低下の原因が分からない。

    パフォーマンスが低いトランザクションの処理内容を詳細に記録。その原因特定を支援します。

  • システム障害発生時、問題発生個所の特定や原因分析に時間がかかっている。

    システムを構成するアプリケーションのトランザクションをすべて記録してある為、再現テスト無しで発生事象の要因を特定します。

  • システム運用時の課題を把握し、次のアプリケーション開発で対策したい。

    本番環境におけるアプリケーションのボトルネックを、コードレベルで把握。開発・運用チーム間での情報共有を高いレベルで実現し、理想的なDevOps環境を提供します。

AppDynamicsの特長

AppDynamicsは、モバイル/Web/サーバーを通してEnd to Endでサービス(ビジネス・トランザクション)を監視し、リアルタイムにさまざまなビジネス上の情報を見える化することで、DevOpsだけでなく、DevOpsにビジネス部門を加えた「BizDevOps」を実現します。
オンプレミス、クラウド、およびハイブリッドなどの構成において、サービスやアプリケーションのパフォーマンスを確保するためのアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションです。

「AppDynamicsの特長」統合されたプラットフォーム、本番環境のモニタリング、自動検知と可視化、閾値を自動設定し自己学習する

1.商用環境のオンライン・サービス全体を見える化し、サービス品質問題の原因を即座に特定します。

2.自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化します。

自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化

3.自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下を把握します。

「自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下」オンラインサービスのシステム構成を見える化、自動設定した基準値に基づき、低パフォーマンスのトランザクションを見える化

4.パフォーマンス低下の原因をコードレベルで把握できます。

パフォーマンス低下の原因と考えられるアプリケーションの処理単位(コードレベル)で実行時間を表示。原因となったと考えられる処理を迅速に把握可能です。

「パフォーマンス低下の原因をコードレベルで把握」原因となったと考えられる処理を迅速に把握

注目の機能

SAP ABAP プラットフォーム監視

SAPの開発、移行、運用に至るまで、ライフサイクル全体にわたって活用可能

【機能概要】

  • SAPと、ABAPで開発されたアドオン、それを取り巻くシステムとのトランザクションをリアルタイムでマッピング
  • SAP GUIの 全ユーザー、全トランザクションの詳細をトレース

【導入による想定効果】

  • SAP アプリケーションでパフォーマンス問題が起きた際に根本原因を特定
  • SAP 統合環境におけるパフォーマンスの安定化を実現
  • SAPアプリケーションだけではなく、自社の業務プロセスに適応させるために開発されたアドオンの移行や開発においても効果を発揮
SAPの開発、移行、運用に至るまで、ライフサイクルにわたって活用可能

Anomaly Detection

平常時の挙動を収集し異常を検知、自動的に根本原因を判断

【機能概要】

  • 機械学習(AI)を使用して、アプリケーション内すべてのトランザクションが正常に実行されているかどうかを診断します。
  • 異常が検知された場合に原因分析を自動で行うことにより、問題の根本原因を迅速に特定することができます。

【導入による想定効果】

  • アプリケーションのパフォーマンスの問題の根本原因を手軽にすばやく特定できます。

※現在はSaaS版コントローラのみご提供の機能となります。

平常時の挙動を収集し異常を検知、自動的に根本原因を判断する注目の機能 Anomaly Detection

Biz iQ

売上げなどのビジネス指標とサービス性能の関連性をリアルタイムで把握

【機能概要】

  • AppDynamicsがトランザクション内のビジネス関連データを取得、貴社システムのビジネス状況をリアルタイムに掴み、可視化します。

【導入による想定効果】

  • 貴社ビジネスの状況とアプリケーションパフォーマンスの並列監視が可能になります。
売上げなどのビジネス指標とサービス性能の関連性をリアルタイムで把握する注目の機能 Biz iQ

Network Visibility

今まで以上にネットワーク起因の性能問題を切り分け可能に

【機能概要】

  • サーバーのNICに出入りするネットワークパケットの流れを監視します。 ネットワーク通信における多くの問題や異常を検知します。

【導入による想定効果】

  • AWSでサービスを運営している場合、AWSのネットワークはAWS側の管轄となります。
    障害原因がネットワークであると簡単に切り分けできれば、サービス側ではそれ以上の原因追及が不要になり管理者に問い合わせを行うことになります。
今まで以上にネットワーク起因の性能問題を切り分け可能にする注目の機能 Network Visibility

機械学習(ベースライニング)

貴社システムの「いつも」を自動で学習し、平常時からの乖離を検知可能に

【機能概要】

  • 動的に変化しているパフォーマンスを機械学習します。
  • また、学習した「いつも」から逸脱した場合何かが起きたと検知し、アラートなどの対処を行います。

【導入による想定効果】

  • ユーザーの「いつもより遅い」に気付くことができます。
  • 「障害発生前にいつもと違うタイミングで遅延が発生する」といった兆候がある場合、検知し対処することで、障害発生を未然に防ぐことができます。
貴社システムの「いつも」を自動で学習し、平常時からの乖離を検知可能にする注目の機能 機械学習(ベースライニング)

AppDynamicsなら日立ソリューションズへ

AppDynamics の導入は、豊富な実績・サポート充実の日立ソリューションズにお任せください

Appdynamics認定パートナー

日立ソリューションズは2016年10月よりAppdynamicsの取り扱いを始め、認定パートナーの認可を受けています。
2020年1月にはAppDynamics社より2019年度に最も売り上げが多かったパートナ企業に贈られる「MVP of The Year 2019」を受賞しました。

豊富な導入実績

NTTドコモ様、ローソン様をはじめとした国内20社以上の企業に当社よりご導入いただいております。

有識者の徹底サポート

導入事例を社内でノウハウ化。お客様のご要望をヒアリングさせていただき、運用体制のコンサルティングや製品のアフターサポートも承ります。

JP1連携、他機能との連携も充実

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM の追加により、JP1/IMのコンソール画面で集中監視を実現します。
ServiceNow、TELstaffとも連携可能です。

JP1連携ツール イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM

AppDynamicsとJP1/IMとを連携することで、JP1/IM上でAppDynamicsからのメッセージを一元管理し、さらにメッセージからAppDynamicsイベントの参照が可能となります。

主な特長

  1. JP1/IMの運用手順はそのままに、インフラだけでなく、ユーザー操作の視点に立ったシステム監視を実現し、パフォーマンス低下の早期復旧を実現
  2. システム管理者の業務効率の向上を実現

このような方におすすめです

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM 概要

AppDynamicsでは、導入時に監視対象やしきい値を自動設定し、自己学習により 自動更新するため、システム管理者の作業負担はかかりません。さらに、アプリケーション内で原因の詳細を簡単に特定するため、システム管理者は、開発担当者に的確な対策を指示することが可能となります。

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IMの導入により、システム管理者は、JP1/IM上で、システムのハードウェアやアプリケーションの稼働状況を統合監視できるだけでなく、ログインやデータベースへのアクセスなど、ユーザーの行動単位で、パフォーマンスの低下や遅延の予兆を察知することができます。

これにより、アプリケーションを利用したサービスを拡大する中、アプリケーション・パフォーマンス低下の予兆を早期に察知し、迅速な復旧を図ることができます。そして、ユーザーが快適に操作できるサービスを実現し、顧客満足度向上を図るとともに、運用管理の業務効率の向上を実現します。

連携イメージ

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM 連携イメージ

最終更新日:2020年9月28日