ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『AppDynamics』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

アプリケーションパフォーマンス管理AppDynamics

貴社のデジタルビジネス化を一気に加速し、オンラインサービスを見える化し、最大限のパフォーマンスを発揮するために必要な情報を提供。貴社のITサービスが全てのユーザーに最高の“体験”をストレスフリーに提供することを支援いたします。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • オンラインサービスのパフォーマンスの低下の原因が分からない。

    パフォーマンスが低いトランザクションの処理内容を詳細に記録。その原因特定を支援します。

  • システム障害発生時、問題発生個所の特定や原因分析に時間がかかっている。

    システムを構成するアプリケーションのトランザクションを全て記録してある為、再現テスト無しで発生事象の要因を特定します。

  • システム運用時の課題を把握し、次のアプリケーション開発で対策したい。

    本番環境におけるアプリケーションのボトルネックを、コードレベルで把握。開発・運用チーム間での情報共有を高いレベルで実現し、理想的なDevOps環境を提供します。

AppDynamics 概要

デジタルトランスフォーメーションが始まっています。クラウドの普及、IoTの導入、ビッグデータ分析や人工知能の活用などによりICTの活用が急速に拡大。本格的なデジタルビジネスの時代が到来しています。
デジタルビジネスでは、どれだけ快適な体験をユーザーへ与えられるかが、成功の鍵となります。AppDynamicsは、複数のアプリケーション・サービスにより複雑化したシステムのパフォーマンスを見える化し、一元管理する事で、問題の予兆検知及び障害原因の素早い特定を可能とし、ビジネストランザクションのサービスレベルの向上を実現します。これにより、全てのユーザーに最高に快適な”体験”を提供することを支援します。

AppDynamicsが提供する価値

AppDynamicsが提供する価値

APM(Application Performance Monitoring)とは?

物理、仮想、クラウドなどあらゆる環境が混在して構成されるビジネス・トランザクションを、リアルタイムに把握し見える化する為のソリューションです。システム環境の複雑化に伴い、開発部門と運用部門が本番環境の問題を共有する「DevOps」を実現するソリューションとして導入が進んでいます。

システム全体が期待した通りに動作しているかを監視する事で、エンドユーザーからの期待とアプリケーションパフォーマンスとの間にある“ギャップ“を解消します。

APMはパフォーマンスがそのままサービスの価値へ繋がるデジタルビジネスにおいて、必要不可欠なソリューションとなっています。

AppDynamicsの特長

AppDynamicsは、モバイル/Web/サーバを通してEnd to Endでサービス(ビジネス・トランザクション)を監視し、リアルタイムに様々なビジネス上の情報を見える化する事で、DevOpsだけでなく、DevOpsにビジネス部門を加えた「BizDevOps」を実現します。

オンプレミス、クラウド、およびハイブリッドなどの構成において、サービスやアプリケーションのパフォーマンスを確保するためのアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションです。

AppDynamicsの特長

1.商用環境のオンライン・サービス全体の可視化を可能とし、サービス品質問題の原因を即座に特定します。

2.自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化します。

自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化

3.自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下を把握します。

自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下を把握

4.パフォーマンス低下の原因をコードレベルで把握できます。

(1)パフォーマンス低下が発生したトランザクションを見える化。

(2)パフォーマンス低下が発生したトランザクションを一覧化。

(3)パフォーマンス低下が発生したトランザクションのシステム構成(アプリケーション構成等)を見える化。

(4)パフォーマンス低下の原因と考えられるアプリケーションの処理単位(コードレベル)で実行時間を表示。原因となったと考えられる処理を迅速に把握可能。

(5)原因となったと考えられる処理の内容を詳細に表示。

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM

AppDynamicsとJP1/IMとを連携することで、JP1/IM上でAppDynamicsからのメッセージを一元管理し、更にメッセージからAppDynamicsイベントの参照が可能となります。

主な特長

  1. JP1/IMの運用手順はそのままに、インフラだけでなく、ユーザー操作の視点に立ったシステム監視を実現し、パフォーマンス低下の早期復旧を実現

  2. システム管理者の業務効率の向上を実現

このような方におすすめです

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM 概要

AppDynamicsでは、導入時に監視対象やしきい値を自動設定し、自己学習により 自動更新するため、システム管理者の作業負担はかかりません。さらに、アプリケーション内で原因の詳細を簡単に特定するため、システム管理者は、開発担当者に的確な対策を指示することが可能となります。

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IMの導入により、システム管理者は、JP1/IM上で、システムのハードウェアやアプリケーションの稼働状況を統合監視できるだけでなく、ログインやデータベースへのアクセスなど、ユーザーの行動単位で、パフォーマンスの低下や遅延の予兆を察知することができます。

これにより、アプリケーションを利用したサービスを拡大する中、アプリケーション・パフォーマンス低下の予兆を早期に察知し、迅速な復旧を図ることができます。そして、ユーザーが快適に操作できるサービスを実現し、顧客満足度向上を図るとともに、運用管理の業務効率の向上を実現します。

連携イメージ

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM 連携イメージ

最終更新日:2018年4月25日