ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『AppDynamics』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

アプリケーションパフォーマンス管理AppDynamics

貴社のデジタルビジネス化を一気に加速し、オンラインサービスを見える化、最大限のパフォーマンスを発揮するために必要な情報を提供。
貴社のITサービスがすべてのユーザーに最高の“体験”をストレスフリーに提供することを支援いたします。

AppDynamicsとは?

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • ユーザーからのサービスへの問い合わせが止まらない

    アプリケーションのユーザー体感をリアルタイムで監視、問い合わせやクレームが来る前に対策を打つことが可能です。

  • システム障害発生時、障害箇所の特定や原因特定に工数がかかっている

    遅延が発生したトランザクションの状態を記録することで、再現テストなしで発生事象の原因をWeb上で特定することができます。

  • 潜在的な問題があることに気づいてはいるが、原因がわからない

    アプリケーションのボトルネックをコードレベルで把握。DBやブラウザー起因の障害についても分析できます。

AppDynamicsの特長

統合されたプラットホーム

統合された
プラットホーム

単一のUI

単一のデータプラットホーム

本番環境のモニタリング

本番環境の
モニタリング

低オーバーヘッド

すべてのユーザートランザクションを監視

自動検知と可視化

自動検知と
可視化

複雑なトランザクションフローでも自動的に検知

手動での構成は不要

閾値を自動設定し自己学習する

閾値を自動設定
し自己学習する

標準的な性能値を把握

大きく乖離したレスポンス性能を検知してアラートを発出

1.本番環境のオンライン・サービスを可視化し、システムのサービス品質を守ります。

2.自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化します。

自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化

3.常時パフォーマンスを機械学習(ベースライニング)し、障害が起こる前に障害の予兆を検知します。

「自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下」オンラインサービスのシステム構成を見える化、自動設定した基準値に基づき、低パフォーマンスのトランザクションを見える化

4.パフォーマンス低下の原因をコードレベルで把握できます。

パフォーマンス低下の原因と考えられるアプリケーションの処理単位(コードレベル)で実行時間を表示。原因となったと考えられる処理を迅速に把握可能です。

「パフォーマンス低下の原因をコードレベルで把握」原因となったと考えられる処理を迅速に把握

AppDynamicsの各機能

4つのポイント

Application アプリケーション
パフォーマンス管理

EndUser エンドユーザー
モニタリング

Infrastructure インフラストラクチャーモニタリング

Bussiness ビジネス分析

  1. アプリケーションパフォーマンス管理

    Java、.NET、PHP、Node.js、Python、C/C++、Go、SAP/ABAPの各言語アプリケーションを自動で監視できます。
    本番環境で動くアプリケーションの性能劣化やシステム障害を検知し、原因切り分けや原因調査に貢献することができます。
    AIを使用して定常時のパフォーマンスを基準値として自己学習し、基準値と比べて遅くなっていないか監視することも可能です。

  2. エンド ユーザー モニタリング

    Webブラウザー、ネイティブアプリを使用しているユーザー体感をユーザー単位で監視することができます。
    ブラウザー起因の遅延やユーザー側の環境によって起こる問題を特定することができます。
    エンドユーザーの導線を自動的にマッピングし、UXが低下している部分に気づくことも可能です。

  3. インフラストラクチャー モニタリング

    サーバー、DB、ネットワークなどのインフラの監視をすることができます。
    サーバー側のリソース状況がアプリケーションに影響を与えていないかの確認ができます。 サーバー状況だけではなくDBがなぜ遅いのか、SQLごとに遅延原因を分析することも可能です。

  4. ビジネス分析

    アプリケーションが処理しているデータを取得し、ビジネス指標として可視化および監視できます。
    売上げデータや顧客離脱率をリアルタイムに監視し、傾向の変化を早期に検知することが可能です。

ユースケース

ユーザー体感による監視の強化

リソース監視ではわからないアプリケーションのユーザー体感の俯瞰的な監視を実現

ユーザーからの問い合わせが来る前に障害の予兆に気づくことができます。
現行システムの監視にAppDynamicsを追加するだけで、ユーザー体感による監視の強化を実現できます。

MTTRの短縮

障害発生時の状態確認、障害箇所の特定にかかる対策時間を大幅に短縮

サービスや業務を止めてしまう時間を削減できます。

システム開発、テストでの効率向上

パフォーマンス劣化の原因をコードレベルですばやく解析することで開発効率を向上

開発テスト中に発生したエラーや性能問題をリアルタイムで確認可能です。

リアルタイムでのビジネスデータ分析

トランザクションデータからビジネス指標の統計をリアルタイムで可視化

システムの状態とビジネス指標やサービス品質の相関関係を把握できます。

クラウド環境へのマイグレーション

AWS、Azure、その他のクラウド環境であっても監視が可能

移行前の環境の性能情報と比較し、クラウド移行による性能劣化を早期特定、検知。
安全なクラウド移行の実現に貢献します。

ハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境の監視

クラウド、オンプレ問わず構成された複雑なシステムでも環境ごとではなく、同一基盤で監視できることによってトランザクションごとに一気通貫した性能監視を実現することができます。

SAPの監視

SAPとABAPで開発されたアドオン、それを取り巻くシステムとのトランザクションをリアルタイムでマッピング

貴社の重要な基幹システムの安定運用を支援します。

日立ソリューションズが選ばれる理由

AppDynamicsの導入は、豊富な実績・サポート充実の日立ソリューションズにお任せください

reason 01

AppDynamics認定パートナー

日立ソリューションズは2016年10月よりAppDynamicsの取り扱いを始め、認定パートナーの認可を受けています。

reason 02

豊富な導入実績

国内30件以上のお客様に当社より導入いただいております。
株式会社NTTドコモ様
障害特定にアプリケーション性能管理ツールを活用
株式会社ローソン様
ユーザー視点によるシステムのパフォーマンス監視をAPMで実現

導入事例の詳細を見たい

reason 03

JP1連携、他機能との連携も充実

「JP1連携ソリューション for AppDynamics」により、JP1/IMのコンソール画面で集中監視を実現します。ServiceNow、Splunk、ThousandEyes、TELstaffとも連携可能です。

JP1連携についてもっと知りたい

reason 04

導入からその後の活用までを
徹底サポート

日立ソリューションズでは、AppDynamicsの販売だけではなく、導入後もAppDynamics専任担当者が運用体制のコンサルティングや使いこなしのサポートを承ります。 また、お客様に製品をご納得いただいたうえでご購入を検討いただくため、「PoV (Proof of Value )」と呼ばれる価値検証もご用意しています。

JP1連携ソリューション

JP1連携ツールイベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM

AppDynamicsとJP1/IMとを連携することで、JP1/IM上でAppDynamicsからのメッセージを一元管理し、さらにメッセージからAppDynamicsイベントの参照が可能となります。

主な特長

  1. JP1/IMの運用手順はそのままに、インフラだけでなく、ユーザー操作の視点に立ったシステム監視を実現し、パフォーマンス低下の早期復旧を実現
  2. システム管理者の業務効率の向上を実現

このような方におすすめです

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IM 概要

AppDynamicsでは、導入時に監視対象やしきい値を自動設定し、自己学習により 自動更新するため、システム管理者の作業負担はかかりません。さらに、アプリケーション内で原因の詳細を簡単に特定するため、システム管理者は、開発担当者に的確な対策を指示することが可能となります。

イベント通知連携ツール for AppDynamics + JP1/IMの導入により、システム管理者は、JP1/IM上で、システムのハードウェアやアプリケーションの稼働状況を統合監視できるだけでなく、ログインやデータベースへのアクセスなど、ユーザーの行動単位で、パフォーマンスの低下や遅延の予兆を察知することができます。

これにより、アプリケーションを利用したサービスを拡大する中、アプリケーション・パフォーマンス低下の予兆を早期に察知し、迅速な復旧を図ることができます。そして、ユーザーが快適に操作できるサービスを実現し、顧客満足度向上を図るとともに、運用管理の業務効率の向上を実現します。

連携イメージ

JP1連携ソリューション for AppDynamicsイメージ

導入までの手順

※デモ、PoVのご依頼は、資料請求・お問い合わせボタンよりお問合せください。

価格

資料請求・お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

※AppDynamicsは、Cisco Systems, Inc. およびその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

最終更新日:2021年9月22日

貴社のデジタルビジネス化を一気に加速し、オンラインサービスを見える化、最大限のパフォーマンスを発揮するために必要な情報を提供。
貴社のITサービスがすべてのユーザーに最高の“体験”をストレスフリーに提供することを支援いたします。