ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2018年8月20日
株式会社日立ソリューションズ

サービス再販事業者向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」を販売

Microsoft Azureなどの再販にも対応し、契約から仕入れ、販売までの取引を一括管理することで、 新サービスの早期立ち上げを支援

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、サービス再販事業者が再販するサービスの仕入れから、お客様への請求処理、自社サービスと組み合わせた収支管理までを実現する、顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」のサービス再販支援オプションを8月21日から販売開始します。
  昨今、「モノからコト(価値)へ」とビジネス転換が加速する中、複数のサービスを組み合わせて新サービスを開発、提供する企業が増えています。
  そのような背景の下、サービス再販事業者は、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureなどのクラウドサービスや回線提供サービス、保守サービスなどを自社サービスと組み合わせて提供する際に、本ソリューションにより、他社サービスや自社サービスの契約から、仕入れ、販売までの取引きを一括管理することで、定期的に発生する仕入先との精算やお客様への請求処理などの業務を的確に行うことができます。
  また、他社サービスと自社サービスを組み合わせるなど複雑な提供形態となる新サービスにおいても、多様な料金プランや割引設定*1に対応できる「BSSsymphony」の顧客・料金管理と連携し、早期立ち上げを支援します。
  さらに、営業部門と調達部門は、お客様との契約や課金・請求、入金とサービス提供事業者との契約や仕入れ、精算の最新状況を同じ環境で確認することができるため、さらなる業務の効率化を実現します。
  今後も、日立ソリューションズは、サービス再販事業の持続的な成長に向けて、収支の可視化やシミュレーションなどの機能を追加し、企業の経営幹部の適切な経営判断を支援していきます。

*1 月額基本料金や従量課金、日割計算、各種割引、年縛り契約などの料金プランや割引

図1 「BSSsymphonyサービス再販支援オプション」の概要図
図1 「BSSsymphonyサービス再販支援オプション」の概要図

■ 背景

近年、「モノからコト(価値)へ」とビジネス転換を図り、レンタル・リース、定期購買など、サービス事業に参入する企業が増えています。その中で、企業がお客様に提供するサービスに、他社サービスや自社サービスを組み合わせるなど、提供形態が複雑化しています。
  多くの企業では、仕入先からの仕入れと精算、お客様への請求や入金を別システムで管理した結果、最新状況の把握した上での入出金や収支の確認に手間がかかっています。
  日立ソリューションズでは、通信や製造・流通業などの企業を中心に、多様な料金体系などに対応できる顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」を提供してきました。このたび、お客様に提供するサービスに含まれる他社サービスと自社サービスを一括管理することで、さらなる業務の効率化を目的とした「BSSsymphonyサービス再販支援オプション」を販売することになりました。

■ 「BSSsymphonyサービス再販支援オプション」の特長

  • サービス再販事業者の複雑な提供形態となる新サービスの早期の立ち上げを支援
  • 仕入先との精算とお客様への請求を同じ環境で確認できることで、さらなる業務効率化を実現

■ 提供価格

BSSsymphonyサービス再販支援オプション  個別見積
※パッケージとして提供。今後、クラウドサービスとしての提供も予定。

■ 提供開始時期

2018年8月21日

■ 「BSSsymphonyサービス再販支援オプション」の活用事例

(1)  サービス再販事業者(例:ケーブルテレビ事業者、MVNO*2事業者、ISP*3事業者)

  お客様へ提供するサービスに、複数の他社サービス事業者が提供するサービスや、自社が提供するサービスが含まれている場合、お客様への課金・請求・入金と、仕入先の精算を一括管理することで、適切な会計処理を行うことができます。その後、お客様からの入金額とサービス再販事業者への支払額から、営業の請求・入金チェックや、調達の支払チェック、経営者の収支チェックを容易に行うことができます。

*2 Mobile Virtual Network Operatorの略で、携帯電話などの無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供している事業者のことで、仮想移動体通信事業者ともいう

*3 Internet Services Providerの略で、公衆通信回線などを経由して契約者にインターネットへの接続を提供する事業者

(2)  ライセンス再販事業者(例:マイクロソフトCSP*4パートナー)

  お客様の契約数分のライセンスをライセンス販売事業者から仕入れた際の精算と、お客様へライセンス数分の課金・請求・入金を一括管理します。この場合も、営業の請求・入金チェックや、調達の支払チェック、経営者の収支チェックを容易に行うことができます。

*4 Cloud Solution Providerの略で、お客様にマイクロソフトの業界最先端の製品やサービスを事業者のサービスとバンドルして提供するパートナー

図2 ライセンス再販事業者の活用事例
図2 ライセンス再販事業者の活用事例

(3) 自社やグループ会社で一括調達を行う企業の調達部門

  自社やグループ会社を統括する調達部門が、通信事業者の電話サービスや、クラウド事業者のクラウドサービスなどの他社サービスを一括で仕入れ、それぞれの利用部門やグループ会社の利用量に応じた額や、運営費を均等割りにした額などの請求・入金を行うことができます。これにより利用部門やグループ会社では、個別の事業者毎との契約や仕入れ・精算が不要となることで、業務の効率化を実現できるとともに、調達部門が一括で仕入れることでのボリュームディスカウントによる原価低減が可能となります。

図3 企業の調達部門の活用事例
図3 企業の調達部門の活用事例

■「BSSsymphony」について

URL: www.hitachi-solutions.co.jp/bsssymphony/
「BSSsymphony」は、顧客管理、課金・請求、決済をトータルで提供するソリューションで、通信・製造・流通などの業界に対応した豊富な標準機能を提供しています。業界特有の多様な課金計算、クレジット/コンビニなどの多彩な決済手段、他システムとの自動連携、タブレットからの契約などにも対応していることから、幅広い業種に適用できます。

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  
Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ BSSsymphony、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ