ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2018年10月23日
株式会社日立ソリューションズ

LINEからのお問い合わせにも対応できるコンタクトセンター向けサービスを販売開始

Salesforceと連携することで、お客様の利便性とサービス品質の向上を支援

  株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、コミュニケーションアプリケーション「LINE」からのお問い合わせにも対応できる「コンタクトセンター向けマルチチャネル連携サービス」を10月24日から販売開始します。
   本サービスは、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 CEO:小出 伸一)が提供するクラウドベースのCRMアプリケーション(以下、Salesforce(セールスフォース))でコンタクトセンターを運営している企業に向けて、「LINE」と「Salesforce」とのデータ連携を実施するものです。既存の「Salesforce」をカスタマイズすることなく、「LINE」からのお問い合わせに対応したシステムを短期間で構築することが可能になります。
   これにより、企業では、従来の電話やメール、Webサイトに加え、スマートフォンなどで使いなれている画面を持ち、双方向で文字とあわせて画像や動画を添付してコミュニケーションできる「LINE」を追加することで、お客様の利便性の向上を図れます。
   また、「LINE」のデータを「Salesforce」で保管して活用することで、お問い合わせサービスの回答内容の品質向上も実現できます。
   日立ソリューションズは、今後も本サービスでデータ連携できるSNSを追加していくとともに、蓄積された情報から関連が高い内容を類推して自動分類できる「活文 問合せ対応業務効率化・情報活用ソリューション」にAI(人工知能)技術を活用したチャットボットを組み合わせたサービスと連携していく予定です。

■ 背景

近年、「モノからコト(価値)へ」とビジネス転換が加速する中、企業が新たなサービスを提供していく上で、お客様の声などを収集できる手段となるコンタクトセンターの重要性が高まっています。
   コンタクトセンターでは、昨今、電話やメール、Webサイトに加え、SNSなどの新たな手法に対応しています。中でも月間アクティブユーザー数が7,300万人以上のコミュニケーションアプリケーション「LINE」を活用することで、お客様と積極的なコミュニケーションを図る企業が増えています。
   日立ソリューションズでは、これまで「Salesforce」を利用したコンタクトセンター向けのシステムを提供してきました。
   今回、コンタクトセンターのさらなる効率化とお客様満足度の向上を目的に「LINE」の活用を検討している企業に向けて、「Salesforce」と接続できる本サービスを提供することになりました。

■ 日立ソリューションズのコールセンター向けシステムの特長

  • 「LINE」からのお問い合わせに対応した「Salesforce」を短期間で構築可能
  • 企業やお客様のニーズに応じたコンタクトセンター向けのシステムを提供

■ 提供価格

コンタクトセンター向けマルチチャネル連携サービス  個別見積

■ 販売開始日

2018年10月24日

■ 日立ソリューションズのSalesforceサービスについて

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  
Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Salesforceは、salesforce.com,inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ LINEは、LINE株式会社の登録商標です。
※ ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ