ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2019年12月11日
株式会社日立ソリューションズ

国内初、AIがボットによる巧妙・悪質なアクセスを防止するクラウドサービス
「PerimeterX Bot Defender」を提供開始

商品買い占めなどの行為を防ぎ、Webサイトの安全な運営と利用者の利便性を実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AI(人工知能)技術でBot(ボット)*1によるアクセスを未然に防止する、米国PerimeterX, Incのクラウドサービス「PerimeterX(ペリメーターエックス) Bot Defender」の国内初の販売代理店契約を締結し、12月12日から提供開始します。本サービスは、2016年4月に米国で販売開始以来、スポーツブランドのpuma社や格安航空券比較サイトのskyscanner社などのBtoC企業を中心に、150社を超える実績を有しています。
 本サービスは、AIがアクセス者の操作方法や利用端末の情報*2などを分析し、アクセス元が人間かBotかを高精度(米国ECサイトで99%以上Botアクセスを遮断*3)に判別することで、ECサイトでの買い占めやアカウントの乗っ取りなど、高度に進化したBotからの巧妙かつ悪質な攻撃を防ぎます。
 従来から、企業はアクセス元が人間であることを証明するために、文字入力や画像選択を強制するCAPTCHA*4を活用していましたが、本サービスを利用することで、顧客にCAPTCHAの負担をかけることなく、Webサイトの安全な運営やデータの保護を実現することができます。
 日立ソリューションズは、ポイント管理やCRMなどのマーケティングを支援するソリューションや、アプリケーションパフォーマンス管理ソリューションでも豊富な実績を有しており、これらのノウハウを生かし、お客様の事業をトータルに支援していきます。

*1 インターネットにおいてさまざまなタスクを自動で実行するプログラム。Webサイトを自動で巡回するためなどに使われます。

*2 利用データに個人情報は含まれません。GDPR(EU一般データ保護規則)を遵守したサービスです。

*3 シューズ販売のECサイトを運営するShiekh Shoes社の事例。

*4 人間による操作・入力であることを確かめるために行われるテスト。歪んだ文字が記された画像を表示して内容を入力させる方式など。Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart の略。


図1:「PerimeterX Bot Defender」のイメージ図

■ 背景

昨今、Botを使った攻撃は従来のDDoS攻撃やスパム送信だけではなく、不正ログインやECサイトでの商品の買い占めといったより高度なものへと進化しており、これらの攻撃への対策が課題となっています。
 Webサイトを運営する企業では、管理者が気づかない中で、他のサイトから盗まれたユーザー情報を利用して自社のサイトに不正ログインされて個人情報が漏洩したり、広告閲覧数やクリック数が水増しされて高い広告費を請求されたり、データ分析のためのデータにBotのアクセスによるノイズが入り正しい分析結果が得られなかったりと、さまざまな被害が急増しています。
 そのような中、操作者が人間であることを判別するため、CAPTCHAを導入するWebサイトが増加していますが、ユーザーの利便性を下げる結果になり、ユーザーが離脱してしまうなどの課題があります。
 日立ソリューションズは企業のセキュリティ対策をトータルに支援するソリューションを提供しています。このたび、Botによる攻撃に対して、初期投資をかけず、簡単に設定できる運用の利便性や、ユーザーの操作性を損なわずに対応できる点を評価し、「PerimeterX Bot Defender」を提供することになりました。

■ 「PerimeterX Bot Defender」の導入効果

  • ECサイトでのBotによる商品買い占めを防ぎ、正規利用者に適正価格で商品を提供できます。
  • AIで判別し、BotによるアクセスだけにCAPTCHAを表示するため、ユーザーの利便性を損なわずにWebサイトを安全に運営できます。
  • Botによるアカウント大量作成を防ぎ、新規会員登録特典やポイントの不正取得を防止できます。
  • Botによるアクセスを防ぐことで分析データの質が向上し、Webサイトへの投資対効果が高まります。

■ 「PerimeterX Bot Defender」の米国での実績について

シューズ販売のECサイトを運営するShiekh ShoesはBotによる商品の買い占めに悩まされていましたが、PerimeterX Bot Defenderの導入によってBotのアクセスを99%以上遮断したという高い効果を得ています。また、クーポン情報サイトであるCouponFollowでは、Botを使ったスクレイピングによって他サイトへ情報が無断転載される被害がありましたが、PerimeterX Bot Defenderの導入によってBotのアクセスを98%以上遮断し、サイトの価値を守りました。

■ PerimeterX, Inc CEO Omri Iluz氏からのエンドースメント

「日立ソリューションズがめざすデジタル技術をベースにしたイノベーションは、アプリケーションセキュリティをベースに、サイバー攻撃からお客様やブランドを守り、企業のデジタルビジネスの拡大に貢献するという私たちのミッションと、一致しています。日立ソリューションが今後、日本におけるアプリケーションセキュリティ市場を第一人者としてけん引してくれると、期待しています。」

■ 提供開始時期

2019年12月12日

■ ソリューション紹介ホームページ

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ