ページの本文へ

日立ソリューションズは、社会生活や企業活動を支えるソリューションを提供し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

ニュースリリース

2021年9月1日
株式会社シンフィールド
株式会社日立ソリューションズ

簡単に自分でマンガクリエイティブを制作!シンフィールドと
日立ソリューションズが共同開発した「マンガフィールド」を提供開始

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSやバナー広告などですぐに利用可能

 株式会社シンフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:谷口晋也、以下 シンフィールド)と株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄、以下 日立ソリューションズ)は、広告代理店や企業のマーケティングやプロモーション、広報担当者向けに、マンガを簡単に制作できるクラウドサービス「マンガフィールド」を共同開発し、9月2日から提供開始します。
 本サービスは、いがらしゆみこ先生(代表作:『キャンディ・キャンディ』 原作 水木杏子)や井上紀良先生(代表作:『夜王』 原作 倉科遼)、くさか里樹先生(代表作:『ヘルプマン!』 )、高橋昌大先生(代表作:『びったれ!!!』原作 田島隆)の描きおろしマンガや、シンフィールドに登録されている1,500名以上のマンガ家から企業が活用しやすい絵柄を選び制作した約700種類以上のシーンや4コママンガを提供します。
 利用者はWeb上で簡単な質問に答えると、「マンガクリエイティブ」(マンガ広告素材)がレコメンドされるため、イメージに合う素材を選び、セリフを打ち込むだけで、マンガクリエイティブをすぐに制作することができます。ワンクリックで、制作したマンガクリエイティブをFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに適したサイズで出力することも可能です。
 シンフィールドと日立ソリューションズは、企業によるマンガの活用を促進し、幅広いステークホルダーとの効果的なコミュニケーション活動を支援していきます。

【マンガクリエイティブ 例】

■ 共同開発に至った背景

商品のコモディティ化が進む中、企業では機能的価値ではなく、体験をはじめとする情緒的価値で差別化する必要性が生じています。また、消費者を取り巻くメディアは、従来の新聞や雑誌に加え、Webやソーシャルメディアへと多様化しており、大量に出回る情報の中で、分かりやすく価値を伝え、記憶に残るコンテンツ作りが課題となっています。
そのような中、一部の企業では、日本人の幅広い年齢層でなじみが深く、外国人からも関心が高まっているマンガを活用し、効果的なコミュニケーションを行う動きが出てきています。
 シンフィールドは、2009年からいち早く、娯楽のイメージが強かったマンガを、マーケティングツール・広告制作物として活用しやすい「マンガクリエイティブ」として開発し、インターネット業界や広告業界にサービスを提供してきました。「世の中を分かりやすくし情報格差をなくす」というミッションのもと、大手出版社や1,500名を超えるマンガ家とネットワークを構築し、顧客の商品やサービスのイメージに合ったマンガ家やタッチの提案、シナリオ制作から納品までワンストップで支援しています。
 日立ソリューションズは、通信・製造・流通など、幅広い業界の企業に向けて、サービスの迅速な立ち上げから、カスタマーサクセスを実現する継続的な改善など、さまざまな業務アプリケーションを開発してきました。長年培ってきたノウハウにより、お客様との協創をベースに、最先端のデジタル技術を活用し、課題解決からデジタルトランスフォーメーション推進までを支援するソリューションを提供しています。
 このたび、シンフィールドのマンガを企業のマーケティングやプロモーションに生かすノウハウと、日立ソリューションズのシステム構築力を融合し、「マンガフィールド」の共同開発に至りました。

■ 「マンガフィールド」の特長

1.700種類以上のシーンや4コママンガから使い放題

 シンフィールドは1,500名以上のマンガ家の作品から、企業のマーケティングやプロモーション、広報活動に適した絵柄を厳選し700種類以上のオリジナル4コママンガ(マンガクリエイティブ)を提供します。サービスには、約3カ月ごとに50~100種類の素材が拡充されるため、豊富な素材から、イメージに合ったマンガクリエイティブを制作することができます。

2.目的に応じてマンガがリコメンドされるため、誰でも簡単に制作できる

 利用者はターゲットや目的などの簡単な質問に答えるだけで、訴求したい内容に合った最適なものがリコメンドされ表示されるため、好みのマンガクリエイティブを選び、吹き出し内にセリフを打ち込むだけで制作することができます。

3.主なSNSに適した画像サイズで出力可能なため、制作の手間や時間を削減

 制作したマンガをFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで配信する場合、それぞれの規定にあったサイズに編集する必要があります。
 完成したマンガクリエイティブは、ワンクリックでSNSやバナー広告に適したサイズで出力されるため、利用者は編集のための手間や時間を軽減できます。またオウンドメディアやHPなどで利用する場合にも、自由にサイズを指定して出力することが可能です。

■ 価格

月額3万円~
 ※アカウント数に応じて変動

■ サービス提供開始日

2021年9月2日

■ 「マンガフィールド」紹介ホームページ

■ シンフィールドについて

「世の中を分かりやすくし、情報格差をなくす」をミッションとして、企業の商品やサービスをオリジナルのマンガにし、集客・販促・マーケティングを支援するマンガマーケティング事業を行っています。シンフィールドは2009年から娯楽のイメージが強かったマンガをWeb・広告業界に持ちこみマンガはマーケティングツール・広告クリエイティブと定義し新しい価値を世の中に広めてきたパイオニアです。登録マンガ家は1,500人以上ネットワークし、制作実績は3,500件以上で、導入企業の90%以上から高い満足度を得ています*1。 現在、東京、福岡、高知の3拠点で事業展開しています。

*1 2021年1−3月の「担当者の対応ついて」のアンケート結果(シンフィールド調べ)より


株式会社シンフィールド
 HP:https://shinfield.co.jp/
<事業内容>
マンガマーケティング事業
マンガクリエイティブ事業
ジョブマンガ事業
有名マンガタイアップ事業

マンガマーケティング
 HP:https://mangamarketing.jp/

■ 日立ソリューションズについて

日立ソリューションズはこのたび「マンガフィールド」の基盤として「マンガ広告作成支援サービス」を提供します。
 日立ソリューションズは、お客様との協創をベースに、最先端のデジタル技術を用いたさまざまなソリューションを提供することで、デジタルトランスフォーメーションを実現し、社会や企業が抱える課題にグローバルに対応します。そして、人々が安全にかつ安心して快適に暮らすことができ、持続的に成長可能な社会の実現に貢献していきます。

株式会社日立ソリューションズ
 URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/

マンガ広告作成支援サービス
 URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/manga_ad_create/

■ 日立ソリューションズの「デジタルソリューション創出プラットフォーム」について

本サービスは、日立ソリューションズのサービス協創基盤「デジタルソリューション創出プラットフォーム」で提供しています。
 「デジタルソリューション創出プラットフォーム」は、VMware社の「VMware Tanzu Application Service」を採用しています。
 日立ソリューションズが長年培ってきたリーン開発などのノウハウを生かし、サービスの迅速な立ち上げから、カスタマーサクセスを実現する継続的な改善をお客様との協創で進めます。
 今後もお客様との協創でデジタルビジネスを強力に支援していきます。

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報部
担当:多田、安藤
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 「マンガマーケティング」、「マンガクリエイティブ」は、株式会社シンフィールドの登録商標です。「マンガフィールド」は商標登録申請中です。
※ その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ