ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、社会生活や企業活動を支えるソリューションを提供し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

事業継続(BCP)

BCP(事業継続計画)に関する取り組み

BCP:Business Continuity Planningの略。企業が自然災害や大火災、サイバー攻撃などを受けた場合などに備えて、あらかじめ事業継続の方法・手段を取り決めておくこと

有事の際の体制

当社では、地震や風水害など、大規模災害により当社グループの拠点に被害が生じた場合、またはその恐れがある場合に、災害対策統括本部を立ち上げ、従業員・ご家族の安全確保と迅速な操業再開などにむけた対応方針を検討・実行します。

大規模災害への対応

当社では、大規模地震を中心に事業継続計画(BCP)を策定の上、定期的な避難訓練・安否確認訓練や備蓄品の拡充などを継続実施しています。また、新型コロナウイルスの流行を経て、在宅勤務の活用などにより働き方は大きく変わろうとしています。ニューノーマル(新常態)下において効果的なBCPの確立に向け、検討を進めています。

パンデミックへの対応

当社では、新型コロナウイルス感染症などの流行下においても、従業員ならびに関係者の感染予防・感染拡大防止を徹底の上、社会機能維持およびお客様の操業継続のためにサービス提供を継続すべく、感染症対策を実施しています。

・新型コロナウイルス感染症の流行以前から在宅勤務の適用・拡大を進めており、約8割の従業員が在宅勤務によって業務を遂行し、お客様のシステム稼働を維持する体制を確立しています。

・また、事業所内においては、不織布マスク・アルコール消毒液などの衛生用品の整備や就業時の座席間の間隔確保徹底など、日々の感染予防・拡大防止に努めています。

・今後も新型コロナウイルス感染症に対して、日立グループと連携の上、各種対策に取り組んでいきます。

サイバー攻撃などへの対応

・日々の生活にITが広く普及することに伴い、サイバー攻撃による被害を受けるリスクも一層高まっています。

・当社では、日立グループと連携し、堅牢なITシステムの構築を図るとともに、従業員に対して定期的な訓練を実施することで、攻撃を受けた際の被害最小化を図る取り組みを実施しています。

従業員・ご家族の安否確認

・「安全と健康はすべてに優先する」という基本方針のもと、災害発生時における従業員ならびにご家族の迅速な安否確認を徹底すべく、ITシステムを活用した運用体制を確立しています。従業員個々人が保有するメールアドレス宛に通知を行う「安否確認システム」を活用することで、従業員ならびにご家族の安否を迅速かつ効率的に確認できる運用としています。

当社BCM・BCPソリューションのご案内

・当社では、事業継続(BCM・BCP)に関するITソリューションを提供しております。