ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『データプレパレーション基盤導入ソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

データプレパレーション基盤導入ソリューション

昨今の急速なデジタル化の進行に伴い、データ活用の重要性はますます高まりつつあります。
日立ソリューションズの「データプレパレーション基盤導入ソリューション」では、効率的かつ信頼性の高いデータ分析を実現するのに不可欠なデータプレパレーション基盤*1を提供することにより、データ活用による企業のビジネス革新を推進します。

*1 データプレパレーション基盤とは、データプレパレーション製品および関連システムを指します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 分析用データの準備に時間がかかる

    セルフサービス&可視化で準備コスト削減

    • データ利用者自身でデータを収集、整形・加工
    • データの中身を視覚的に確認
    • データの傾向&異常値をサジェスチョン
    • 直感的なGUIで操作
  • ビッグデータの整形・加工を簡単にしたい

    分散処理によりビッグデータに対応

    • 分散処理でビッグデータの整形・加工時間を短縮
    • データレイク、DWHに簡単に接続
    • 整形・加工処理をジョブ化し、システムの負荷を分散
  • データの整形・加工のノウハウを組織で共有したい

    ノウハウ共有で効率化&組織育成

    • 分析用データの共有
    • 加工ルールの共有

データプレパレーション基盤導入ソリューション 概要

データプレパレーションが注目される背景

従来のデータ分析プロセスでは、データを管理するIT部門が、データ分析を行うビジネス部門から依頼を受け、個別に分析に必要なデータを準備(収集、整形・加工)し、ビジネス部門に提供していましたが、ビジネス部門がデータを利用できるまでに時間がかかり、タイムリーな分析ができないという課題がありました。

さらに、昨今の急速なデジタル化の進行に伴い、分析に使用するデータ量の増加、データフォーマットの複雑化、データ分析ニーズの多様化により、従来型データ分析プロセスでは、ますますデータの準備に時間がかかることが予想されます。

データプレパレーションとは?

データプレパレーションとは、分析に必要なデータを整形・加工し、分析するための前処理を行うことです。

データプレパレーション基盤を導入することで、これまでIT部門が担当していたデータの収集、整形・加工などの準備処理をビジネス部門に移行し、ビジネス部門のデータ利用者自らが分析データを準備しデータ活用を行う、ユーザー主導の「セルフサービスBI」を実現できるようになります。

データプレパレーション基盤 導入後のイメージ

構成イメージ

データプレパレーション導入後のイメージ

GUI 画面イメージ

データプレパレーション基盤導入後のイメージ

データプレパレーション基盤 導入の効果

データプレパレーション導入後のイメージ

データプレパレーション基盤導入前後のデータ分析者の作業内容

ユースケース

AIモデル開発者向け分析環境

ユースケース

データプレパレーション基盤の導入プロセス

データプレパレーション基盤の導入プロセス
要件定義 ビッグデータ要件や可用性など、ご要望に合わせた最適な構成を決めるための要件定義を行います。
設計 基盤要件に基づき、方式設計およびパラメータ設計を行います。
構築 データプレパレーション製品およびHadoopなど関連システムのインストール、各種設定を行います。
個別機能開発 基盤要件に基づき、データ連携部品など個別機能を開発します。
運用支援 基盤運用設計から各種ガイドの作成までお客様の運用を支援します。

価格

個別にお見積りいたします。

最終更新日:2019年10月24日