ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ Microsoft Dynamics ソリューション

Microsoft Power Platform と SAP S/4HANA 連携による業務効率化支援

Microsoft Power Platform と SAP S/4HANA の連携により企業の業務効率化・省力化を支援。

概要

SAP S/4HANAを始めとしたERPの導入では、「Fit to Standard」と呼ばれる標準機能を活用した導入手法が推奨されています。しかし「Fit to Standard」のみでは業務要件を完全に満足することができず、「アドオンの開発」や「運用による回避」が必要となるケースが少なくありません。
「アドオンの開発」では開発および運用の費用増加とともにプロコードによる開発により、その後の柔軟な対応が難しくなるなどといった問題が生じ、「運用による回避」は手作業やコミュニケーションの煩雑さによる業務の非効率化が生じます。

ERPの導入に際して、Microsoft Power Platform を活用すれば、「アドオン開発」における対応負荷が減り、環境の変化にも迅速・柔軟に対応することが期待できます。また「運用による回避」における業務の省人化・効率化も期待できます。
Microsoft Power Platform は設計自由度が高く、さまざまな要件に対応したアプリケーション開発が可能になります。また市場認知度が高く、そのノウハウも比較的容易に得られ、内製により対応するハードルが低くなるというメリットもあります。

日立ソリューションズは、 SAP社のパートナーであるとともに、マイクロソフト米国本社および日本マイクロソフトとトップクラスパートナーとして、両社の製品に精通する技術者が数多く存在します。またさまざまな業界における豊富な開発経験・実績により、Power Platform と SAP S/4HANA の連携による業務効率化・省力化を支援します。

課題解決

  • ●手作業で行われている作業を省力化・効率化したい
  • ●アドオン化されている機能を内製化して、変化に柔軟に対応したい
  • ●他のMicrosoft製品と連携して、データの利活用を進めたい
  • ●他のクラウドサービス、AIの活用などといった柔軟性、拡張性に富んだシステムの構築したい

ソリューション詳細

[業務イメージ]

[動作イメージ]

ソリューションを探す

  • 業種で選ぶ
    製造業
    流通・小売業
  • 業種で選ぶ
    製造業
    流通・小売業
    流通・小売業