ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『運用コンサルティングサービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

運用コンサルティングサービス

業務の障害を未然に防ぐためジョブ実行の変化を捉え、問題の有無や影響を人手によって見極めてきたものをシステム化し、クラウドサービスとして提供します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • ジョブの遅延は業務の障害に直結する。遅延が起きる前に対処したい。

    遅延しそうなジョブとその状況を毎日報告し、遅延による業務障害の発生を回避できます。

  • 最近、障害対応の作業時間が増えている。根本的な原因究明と対策を行いたい。

    ジョブごとのエラー発生頻度や傾向がわかります。分析・見直しを行うことで障害対応時間を軽減できます。

  • ジョブ実行状況のレポート作成作業を軽減したい。

    レポートは毎日、自動生成し、面倒なレポート作成作業から解放されます。

概要

お客様のITシステムで日々発生する運用データをクラウドで収集し、業務運用の改善につながる分析・評価レポートを提供します。

運用コンサルティングサービス(OCS)の概要

特長

すぐ使える運用ナレッジ

業務(ジョブ)運用に精通したエンジニアのナレッジをシステム化。運用状況の可視化と課題の抽出により、運用の改善、対処をすぐに始められます。

完全自動の運用ナレッジ

データの収集・蓄積から分析、レポーティングまで完全自動化。利用者は、見たい情報に手間なくアクセスできます。

手軽なクラウドサービス

分析用のマシンやデータ蓄積用ストレージの増設、メンテナンスは一切不要。レポートはインターネット経由で、どこからでもアクセスできます。

機能

さまざまなレポートを通じて、業務運用の改善を支援します。

ジョブ実行レポート

ジョブごとの実行結果や実行時間を、過去からのデータに基づいて分析・評価し、状況を可視化します。障害の原因究明や障害予兆分析に活用することで、最適なジョブの実行・運用を実現します。

ジョブ運用に問題がないかが一目でわかります

運用結果をさまざまな観点で数値化し健全性を確認できます。
例えば、実行時間増加傾向を見ると長期的な傾向として実行時間が長くなっているジョブの有無がわかります。
このようなジョブは将来想定した時間内にジョブが終了せず遅延問題が発生する可能性がありますが、早期に対策することで障害を未然防止することができます。

問題のあったジョブを簡単に絞り込むことができます

問題のあったジョブを簡単に絞り込み 拡大する

問題のあるジョブネットの特定に手間をかける必要はありません。
問題個所はハイライトされており、どこに問題があったかがすぐに確認できます

過去推移を確認することで、対策の要否を判断できます

過去推移を確認することで、対策の要否を判断 拡大する

徐々にジョブの実行時間が増加していることがわかります。
将来的な障害とならないよう対策の要否を見極める必要があります。

ジョブスケジュールモニタリングレポート

ジョブの実行回数、実行時間や、実行時の性能情報を元に業務の過密状況を分析・評価し、安全なジョブスケジューリングを可能にします。

実行時間をビジュアライズして、過去実績と比較できます

実行の推移をタイムラインに表示することで、実行時間の変化が簡単に把握できます。

実行の推移をタイムラインに表示することで、実行時間の変化が簡単に把握できます。

一目でジョブ遅延の背景がわかります

実行時間が伸びたことによりジョブ終了が遅延傾向

実行時間が伸びたことによりジョブ終了が遅延傾向

開始時間が遅れたことによりジョブ終了が遅延傾向

開始時間が遅れたことによりジョブ終了が遅延傾向

ジョブネット内で遅延原因となったジョブ

ジョブネット内で遅延原因となったジョブ

定期実行ジョブの抜け

定期実行ジョブの抜け

ジョブスケジューリングの見直しを強力に支援します

影響のあるジョブを確認するために、指定期間内に実行しているジョブを絞り込めます。多彩なフィルタリングにより、スケジュールの変更に必要な情報が把握できます。(実行時間帯、実行ホスト、実行のあり・なし)

多彩なフィルタリングにより、スケジュールの変更に必要な情報が把握できます。

ジョブ定義診断レポート

ジョブネットの実行履歴や定義内容から、複雑性やメンテナンス性など、運用コストの増加を抑えるために必要な改善ポイントを評価します。

ジョブ定義の保守性を評価することができます

  • 定義規則のガイドラインによる検証
  • 定義の複雑性を数値化(複雑度・不要関連線数)
  • 保存世代数などの妥当性

など、メンテナンス性を数値化することで運用リスクの推移を定量的に評価できます。

ジョブ定義の保守性が低下すると…

  • 障害発生時の調査時間の増加
  • ジョブ定義変更の工数増加
  • 修正の影響範囲の拡大によるジョブ定義変更による障害

など、さまざまな問題の潜在的な要因となります。
長期間の保守性の推移を確認し、保守性の低下したジョブ定義は定期的にメンテナンスを行うことで、問題の作りこみを防止できます。

ダッシュボードによる全体把握 拡大する

ダッシュボードによる全体把握

問題個所のジョブネット表示 拡大する

問題個所のジョブネット表示

価格

当社営業にお問い合わせください。

最終更新日:2020年5月29日