システム全体のリソースや業務(サービス)の稼働状況を業務視点で効率良く一元管理します。また、サーバ構成の管理やシステム上のすべての事象(イベント)の発生をリアルタイムに監視でき、障害発生時の原因箇所の特定からその対処までを迅速にサポートします。

このような課題を解決します!
  • 複数のシステムをそれぞれ監視しているため、トータルで運用負荷が高い。
  • 関連システムへの影響を把握できていなかったため、障害発生時の対処が遅れてしまった。
  • 障害が発生しているアラームにしばらく気付かなかった。
  • システムに関わるデータの蓄積と関連付け
  • システムの構成情報、アラート情報、業務の実行状況やアプリケーションの稼働状況、KPIやコストなどのビジネス判断に必要な任意の情報を収集し、エンジニアが持っている知識や知見といったナレッジをもとにして、収集したデータの関連付けができます。知識や知見などのナレッジで情報と情報を関連付けて可視化・蓄積できるため、特定の人に依存しないシステム運用を可能にします。

  • システムに関わるデータの活用
  • 立場や役割が異なる利用者が、情報のありかや入手のインタフェース、データの構成や関連性を意識することなく、必要な情報を容易に確認できます。発生した事象への対策優先度をビジネスやサービスの視点で判断したり、対策にあたるさまざまな役割の関係者が状況把握や情報共有を迅速に行えるなど、システム全体のインテリジェントな統合運用を実現します。

このような課題を解決します!

主な特長

  • システム全体の健全性を把握可能
  • システムの構成要素とそのシステムで発生したすべてのイベントを可視化して統合管理できるため、システム全体のステータス をひと目で確認でき、システム全体の健全性を容易に把握できます。


  • 問題予兆や障害発生時の業務への影響範囲を分析可能
  • 業務やサーバ、仮想環境、ネットワークなどのシステム構成要素の関係性をエンジニアのナレッジをもとに関連付けて可視化 できるため、特定の人に依存することなく、イベントが発生した箇所を起点に影響範囲を迅速に把握して対処できます。さらに、 イベントが発生したサーバのCPU、メモリーなどの使用状況や業務の実行状況に関するトレンド情報を同じ時間軸で並べて表示 して相関関係を確認できるので、原因の一次切り分けを迅速化できます。

    PAGETOP

ユースケースのご紹介

【ユースケース1】ジョブネット関係性の把握

PAGETOP
【ユースケース2】運用データの活用

PAGETOP

JP1/IM2関連ソリューション

当社では、これからJP1/IM2を導入予定のお客様及び既にご活用中のお客様向けに次のようなサービスも提供致します。

  • これから導入を予定されるお客様へ
  • ご使用中の製品をバージョンアップ予定のお客様へ
  • ディザスタリカバリ環境や二重化環境の構築を検討しているお客様へ
  • 監視システムの見直しをご希望のお客様へ
【略称一覧】
  • JP1/IM2 : JP1/Integrated Management 2
  • JP1/AJS3 : JP1/Automatic Job Management System 3

PAGETOP