ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ JP1ソリューション

システムの統合管理JP1/Integrated Management 2

システムで発生する事象(イベント)やシステムに関わるさまざまなデータについて、その関連性を統合管理し、利用者に応じた情報の提供・活用を支援します。

このような課題を解決します!

  • ITシステム全体の健全性をひと目で把握でき、ビジネス・サービスに与える影響に迅速に対処する必要がある。
  • オンプレミス環境に加え、マルチクラウド環境やマルチベンダーシステムまで、多様なIT環境に対応する必要がある。
  • 運用を含めたナレッジの統合・拡張により人依存から脱却したい。
  • システムに関わるデータの蓄積と関連付け
  • システムの構成情報、アラート情報、業務の実行状況やアプリケーションの稼働状況、KPIやコストなどのビジネス判断に必要な任意の情報を収集し、エンジニアが持っている知識や知見といったナレッジをもとにして、収集したデータの関連付けができます。知識や知見などのナレッジで情報と情報を関連付けて可視化・蓄積できるため、特定の人に依存しないシステム運用を可能にします。

  • システムに関わるデータの活用
  • 立場や役割が異なる利用者が、情報のありかや入手のインタフェース、データの構成や関連性を意識することなく、必要な情報を容易に確認できます。事象が発生した際には、蓄積した運用ルールやナレッジに基づいて提示される提案を選択・実行することで、確実な対応が可能です。これらによって、発生した事象への的確な運用判断をしたり、対策優先度をビジネスやサービスの視点で判断したり、対策にあたるさまざまな役割の関係者が状況把握や情報共有を迅速に行えるなど、システム全体のインテリジェントな統合運用を実現します。

このような課題を解決します!

主な特長

  • システム全体の健全性を把握可能
  • システムの構成要素とそのシステムで発生したすべてのイベントを可視化して統合管理できるため、システム全体のステータスをひと目で確認でき、システム全体の健全性を容易に把握できます。


  • 問題予兆や障害発生時の業務への影響範囲を分析可能
  • 業務やサーバ、仮想環境、ネットワークなどのシステム構成要素の関係性をエンジニアのナレッジをもとに関連付けて可視化できるため、特定の人に依存することなく、イベントが発生した箇所を起点に影響範囲を迅速に把握して対処できます。さらに、イベントが発生したサーバのCPU、メモリーなどの使用状況や業務の実行状況に関するトレンド情報を同じ時間軸で並べて表示して相関関係を確認できるので、原因の一次切り分けを迅速化できます。

ユースケースのご紹介

ジョブネット関係性の把握

【ユースケース1】ジョブネット関係性の把握

運用ナレッジの可視化

【ユースケース2】運用ナレッジの可視化

システム状況に適した運用提案

【ユースケース3】システム状況に適した運用提案

ジョブ運用の分析と見直し

【ユースケース4】ジョブ運用の分析と見直し

JP1/IM2関連ソリューション

当社では、これからJP1/IM2を導入予定のお客様および既にご活用中のお客様向けに次のようなサービスも提供致します。

  • これから導入を予定されるお客様へ
  • ご使用中の製品をバージョンアップ予定のお客様へ
  • ディザスタリカバリ環境や二重化環境の構築を検討しているお客様へ
  • 監視システムの見直しをご希望のお客様へ
  • ジョブの遅延による業務障害の発生を未然に防ぎたい、障害対応時間を軽減したいお客様へ
【略称一覧】
  • JP1/IM2 : JP1/Integrated Management 2
  • JP1/AJS3 : JP1/Automatic Job Management System 3
  • JP1/NNMi : JP1/Network Node Manager i
  • JP1/OA : JP1/Operations Analytics


商品・サービスに関する質問・ご相談など 資料請求・お問い合わせ