ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

コンセプト

Palo Alto Networks トータルソリューション

サンドボックス環境

Palo Alto Networks Cortex XDR Agentでエンドポイント環境を、PA-シリーズでネットワーク環境を防御し、さらに両製品から提供されるマルウェアをクラウドサービスのWildFireで検査。相互連携により脅威情報を共有することで、より高いセキュリティを実現。
企業・組織を標的型攻撃のリスクからトータルで防御します。そして、集約された脅威情報を分析して可視化するAutoFocusによりインシデント調査時間の短縮、ネットワークに潜む脅威の統計・傾向を把握などネットワークセキュリティ管理者の課題を解決することが可能です。

アプリケーション制御イメージ

PA-シリーズ(次世代ファイアウォール)

世界ではじめてアプリケーションを制御する機能を搭載した次世代ファイアウォールで、利用できるアプリケーションやURLをユーザーごとに限定でき、きめ細かな制御が可能です。
多彩な機能で外部ネットワークからの脅威の侵入を防御し、情報漏洩を防ぎます。

詳しくはこちら

WildFire(未知のマルウェア検知サービス)

PA-シリーズ、Palo Alto Networks Cortex XDR Agentから提供されるマルウェアを含む未知のファイルを検査するサンドボックス環境です。両製品の検査結果を一元的に可視化でき、シグネチャの自動生成も行います。世界中から収集したマルウェア情報を基に対策するため、未知のマルウェアにも対応可能です。

詳しくはこちら

Palo Alto Networks Prisma Cloud

パブリッククラウド上のセキュリティ設定を監査・レポーティングし、脅威の付け入る隙が発生しやすいクラウド環境を分析、パブリッククラウドの安全な利用を支援します。

詳しくはこちら

AutoFocus(脅威インテリジェンスサービス)

既に導入済みのPA-シリーズやPalo Alto Networks Cortex XDR Agentから収集されたWildFireログ情報を始め、Palo Alto Networksが全世界で収集しているさまざまな情報(URLフィルタリングログ、専用チームによるリサーチ、独自の統計分析、3rdパーティフィード)を基に未知の脅威の可視化や洞察を提供します。
過去にユーザー様はさまざまな情報をフォレンジック、分析、補足などの運用に多大なる工数を必要としておりましたがAutoFocusによって大幅に削減させることが可能です。

詳しくはこちら

Palo Alto Networks Cortex XDR Agent

パターンマッチングによる、従来のエンドポイントのアンチウイルス製品では対応できない、最新の攻撃に対応できる次世代エンドポイントセキュリティ製品です。新たな脆弱性や未知のマルウェアを使用したさまざまな攻撃を、3つの防御アプローチで未然に防ぎます。

詳しくはこちら

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る