ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

パブリッククラウド向けのセキュリティサービス

クラウドセキュリティとコンプライアンス管理を支援

グローバル規模のアプリケーションを迅速に構築し展開できるようになったことで、パブリッククラウドの利用が急速に普及しました。
その反面、セキュリティ対策や管理は遅れを取っており、セキュリティ事故や運用に関する悩みは日々増加しています。
クラウドの利点を生かしきるには効果的なセキュリティとコンプライアンス管理が必要です。
本サービスは、現在のマルチクラウド時代に対応した効果的なセキュリティとコンプライアンス管理を支援します。

パブリッククラウド利用時に管理者が抱える課題

クラウドサービスの利用は企業にとって多くのメリットがありますが、一方でその利便性の高さから、運用管理もクラウド事業者側の責任になっていると勘違いされている場合があります。その結果、次のようなインシデントにつながる課題が多く発生しています。

設定ミスによる
情報漏洩事故

  • 誰でもアクセスできる状態でシステムを公開してしまった
  • 個人情報へアクセスできてしまった

不正アクセス

  • サーバーのセキュリティ対策が不十分だった
  • 適切な管理者権限が付与されていなかった

コンプライアンス
違反

  • 各国の法令に遵守していない設定となっていた

特長

Amazon Web ServicesやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどのパブリッククラウドにおけるコンプライアンスとガバナンスを実現します。
パブリッククラウド上のセキュリティ設定を監査・レポーティングし、脅威の付け入る隙が発生しやすいクラウド環境を分析、パブリッククラウドの安全な利用を支援します。
具体的には下記4つのアプローチを行います。

Config 構成リスク検出

  • 利用者が気付かない構成リスクを自動検出
    例:外部からany接続でRDPが許可されているなど

Audit Event コンプライアンス違反の検出

  • CIS/GDPR/NIST SP800-171などのコンプライアンス標準への準拠状況をレポート
    例:PCI-DSSに準拠していない設定があるなど

Network ネットワークリスク検出

  • 疑わしい外部IPアドレスからのアクセスを検出
    例:疑わしい外部IPと内部サーバーの通信履歴はマップで図示

Anomaly 振る舞い検出

  • 通常とは異なる振る舞いをしたユーザーを検出
    例:通常と異なるロケーションからアクセスしているなど

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る