ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

PA-7050

PA-7050

※PA-7050の価格につきましてはお問い合わせください。

PA-7050 製品仕様

パフォーマンス Firewall / Threat Preventionスループット 120Gbps / 60Gbps *1
新規セッション数/秒 / 最大セッション数 720,000 / 24,000,000 *1
App-ID アプリケーション登録数 *2 3,197個(2020年3月現在)
IPsec VPN
(ルートベース)
VPNスループット 24Gbps *1
ネットワーキング Tapモード, Virtual wire (Layer1), Layer2 and Layer3
802. 1Q VLAN tagging(Virtual wire, Layer2, Layer3)
DHCP / DHCP Relay / DHCP Client
OSPF / RIPv2 / BGP
VR / VSYS数 225 / 25(最大225 *3)
NAT
冗長化(HA) Active / Standby, Active / Active
管理 CLI / WebUI管理 / 集中管理(panorama) *4
Syslog / SNMPv2 / SNMPv3
ハードウェア仕様 I/Oスロット 6
拡張モジュールタイプ システム最大:10/100/1000 (×72), SFP (×48), 10G SFP+ (×24) *5
1モジュール(NPC):10/100/1000 (×12), SFP (×8), 10G SFP+ (×4) *5
管理I/O MGTポート(×1), HA1ポート(×2), 40G QSFP+ for HA2ポート(×2), RJ-45コンソールポート(×1), USBポート(×1)
電源 2500W AC電源×4 (冗長)
外形寸法(高さ×幅×奥行) / ユニットサイズ / 重量 40.01×48.26×60.96cm / 9U(19インチ標準ラック搭載可能) / 83.46kg
動作時温度 0℃ ~ 50℃, -20℃ ~ 70℃(非動作時)

*1:6個のNPCを搭載した場合の数値になります。
*2:最新のアプリケーション登録数は、当社までお問い合わせください。
*3:オプションのVSYSアップグレードライセンスの購入が必要です。
*4:Panoramaとは、PA-シリーズを統合管理するアプライアンス、また仮想アプライアンスです。
*5:最大6個のNPCを搭載可能
ご使用のPANOSによって、スペック内容が異なる場合がございます。
上記の値は、設計上の理論値、またはテスト環境において認知した値であり、実環境においてこの値の動作を保障するものではありません。

システム構築例(PA-7050/VM-Series)
~データセンター・大規模エンタープライズ向けセキュリティソリューション~

大規模環境向けのハイエンドモデルPA-7050と、VMアプライアンスモデルのVM-Seriesを組み合わせたシステム構築例をご紹介いたします。

データセンターや大規模エンタープライズのような通信量の多い環境では、スループット低下の心配がないPA-7050を外部ネットワークとの境界に設置します。
PA-7050はトラフィック量に応じて柔軟に拡張可能なため、初期投資を抑えてスモールスタートすることができます。

また、大規模環境では、外部との通信だけでなく内部通信の量も多くなります。しかし、外部ネットワークとの境界は防御していても、内部ネットワークが無防備では、セキュリティリスクを見逃してしまう危険があります。
VM-Seriesを使うことで、内部のサーバー間や仮想マシン間の通信を可視化し、マルウェア対策も実施できるため安心です。

さらに、統合管理製品Panoramaを使うことで、PA-7050とVM-Seriesをまとめて管理でき、管理コストの削減につながります。

PA-7050 VM-Series

PA-7050/VM-Seriesのカタログはこちら
VM-Series の詳細はこちら
統合管理製品 Panorama の詳細はこちら

関連動画

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る