ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

高性能UTM/IPS

高性能なUTM/最大10Gbpsをサポート
~なぜ、PA-シリーズは、UTM機能を有効にしても、性能劣化しないのか??~

従来型ファイアウォールのUTM機能の弱点

従来型ファイアウォールは、高速なファイアウォール処理に追加機能として、UTM機能(URLフィルタリング、IPS、アンチウイルスなど)を後付けしている製品が多く、各機能が独立して動作するため、非常に非効率で、性能の劣化につながっています。

従来型ファイアウォールの処理シーケンス PA-シリーズの処理シーケンス

次世代ファイアウォール「PA-シリーズ」が高性能な理由

PA-シリーズは、高速なシングルパス・アーキテクチャ「SP3(※1)」の採用により、一度の処理で複数のUTM機能を実行します。
そのため、パケット解析の繰り返しが不要で、ハード負荷が軽減され、最小限の遅延でトラフィック処理を実現します。

(※1)SP3・・・Single-Pass Parallel Processing

【シングルパス・アーキテクチャ】一度に複数のUTM機能の処理を実施する

「トラフィック増加」と「セキュリティ対策」を両立できるIPS
~こんなに凄い!Palo Alto Networks PA-シリーズのIPS機能とは??~

業界最高クラスの検知率

第三者調査機関(NSS Labs)による計測結果にて他IPS装置を上回るセキュリティの高さが証明されました。
幅広い攻撃からネットワークを守ることが可能です。

セキュリティ脅威のブロック率

脆弱性の発見数

業界最高クラスの高い実効性能

PA-シリーズは実環境に置いて、カタログ値に近い性能を提供することが可能です。
独自のエンジンを搭載することにより高性能を実現します。

ファイアウォールカタログスペックと実測値の比較

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る