ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

統合管理製品 Panorama

統合管理製品 Panoramaとは

Panoramaとは、Webベースインターフェースを利用し、複数台におけるPA-シリーズの集中管理、制御、および可視化を可能にする機能です。下記のように、この機能はPA-シリーズの設置場所から物理的に離れた場所からでも、世界中に広がる複数台のPA-シリーズをPanorama上で一元管理し、共通の一つのWebベースインターフェースで各々のデバイスを制御することができます。各デスクトップなどのクライアント端末に、モジュールなどをインストールする必要はありません。

Panorama構成図

その結果、管理者は一つの管理インターフェースを介すことで、複数のデバイスに即座にアクセスすることができ、特定の機器に対するアプリケーション、ユーザー、コンテンツデータの設定変更やログ収集などが行える機能になります。

実際、各PA-シリーズで行う管理インターフェースの表示とこのPanorama機能の画面表示はよく似ています。下記の表は、このPanorama機能とデバイスの管理インターフェースで利用可能な機能の違いを記載しております。

  Panorama 集中管理 デバイス管理 インターフェース
複数台のデバイス管理 Yes No
全てのデバイスのグローバルビュー Yes No
一括ログ収集/レポーティングの提供 Yes No
ACC(Application Command Center) Yes Yes
App-Scope Yes Yes
ポリシー編集 Yes Yes
Webベースインターフェース Yes Yes
共有ポリシー Yes No
ロールベース管理権限 Yes Yes
管理クライアントの必要性 No No

Panoramaをご利用になる際は、別途オプションのライセンスが必要となります。規模に合わせて、25~1000台までの一元管理を行うことができます。

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る