ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズのシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

安全保障貿易管理ソリューション

引き合い~出荷業務に付随する安全保障貿易管理業務を、一貫性を保ちながら網羅的にサポートします。

重要性が高まる安全保障貿易管理(輸出管理)

企業のグローバル化、地域紛争増加・長期政権崩壊に伴う国際情勢の不安定化、自由貿易協定の複雑化等に伴い、経済産業省の指導に基づいた厳格な安全保障貿易管理(輸出管理)は、企業のコンプライアンス経営にとって、その重要性が高まってきています。

安全保障貿易管理とは

激しく変化する国際社会において、テロや大量破壊兵器の開発など国際社会の安全保障をめぐる課題は深刻化しています。
高度な技術が採用された日本製品が、国際的に規制の対象となる国や組織に流出しないような対策が求められています。
仮に過失であっても違法輸出を行った場合、刑事罰だけでなく、企業の社会的イメージの悪化や既存顧客との取引停止など、企業経営上、深刻な影響が生じる事態となる可能性があります。
ITシステムによる仕組みだけではなく、組織体制や業務規程の整備など複合的な対策が必要となります。

法令違反リスクの回避と業務効率化の両立

グローバル企業の安全保障貿易管理システムには、法令違反リスク回避を図り、企業グループ全体のコンプライアンスや海外子会社へのガバナンス(統治・統制)の強化が求められます。

しかしながら、海外輸出件数は益々増加の傾向にあり、高い管理レベルを継続・定着化していくためには、当該業務の効率化や経験豊富なベテラン社員に依存せずに業務遂行が行える仕組み作りが課題と認識しております。

当社の安全保障貿易管理ソリューションのコンセプトは、
厳格な安全保障貿易管理の履行と業務効率化の両立”です。

  • こんなお悩みはありませんか?
  • 日立ソリューションズが解決します!
  • 引き合い~出荷までの一連の業務において、
    自社のコンプライアンスに合致した一貫性のある基準、統一手順で抜け漏れのないチェックが不十分。

    引き合い~出荷業務において、全社・全部署で一貫性のある基準、統一手順での各審査業務(顧客審査、該非判定、取引審査)が行えます。

  • 新規取引/継続取引、貨物/技術/役務に関わらず、
    最新の政省令や懸念顧客リストに基づく厳格な事前チェックや水際対策が行われていない。

    既存顧客が日々更新される懸念取引先リストに掲載されていないかの照合や、政省令改正による該非判定見直しをフォローすることにより、万が一の輸出事故を水際で食い止めることができます。

  • 国内グループ各社、海外グループ各社を含めた輸出管理の実態やその証跡などについて、一元的に把握・管理ができていない。

    輸出管理審査の進捗や証跡を一元的に管理することで、必要な時に必要な取引に関する審査内容を把握できます。

  • コンプライアンス遵守、グループ全体のガバナンス強化のために、業務効率の低下が問題になっている。

    社内標準の輸出管理手順ガイド機能や、正確な情報登録を促すサジェスト機能などにより、経験差による品質低下 (属人性の排除)とコンプライアンス遵守・ガバナンス強化に伴う業務効率低下を防止します。

  • 取引数が増えても、旧態依然としてベテラン社員に依存した業務(属人的業務)が前提になっている。

    最近、各企業様から関心事として取り上げられている「技術」、「役務」の輸出管理に関しても、当社のセキュリティ製品等と連携することで、より厳格な管理を行うことができます。

日立ソリューションズの安全保障貿易管理ソリューション概要

引き合い~出荷業務に付随する安全保障貿易管理業務を、一貫性を保ちながら網羅的にサポートします。

システム概要図

※設計DR:Design Review

安全保障貿易管理ソリューションの特長的な機能

顧客審査

A当社独自技術である「あいまい検索エンジン」により、登録済みの顧客名と懸念リストとの照合を、より確実に行うことができます。

該非判定

B政省令改正データをタイムリーにご提供します。見直し対象品目が期限内に再審査されない場合は該当品目の取引を停止することができます。(歯止め)

取引審査

C低リスク取引(例えば継続取引)か、高リスク取引かによって審査フローを分けるなどの「濃淡管理」によって、さらなるリスク低減と業務効率化を実現できます。

その他にも・・・

貿易実務(貿易帳票作成)貿易文書管理のシステムとオプション(ソリューション)で連携可能

安全保障貿易管理ソリューションの導入パターン

各企業様での課題解決の優先度に応じて、様々な導入パターンをご提案できます。

導入パターン case1

懸念取引先チェック機能を導入

業務課題 継続取引顧客に対する定期的な懸念取引先チェックが行われておらず、リスク管理上問題となっている。
導入効果 自動照合により、タイムリーな懸念取引先チェックを支援。
システム概要図

導入パターン case2

該非判定機能を導入

業務課題 該非判定業務の負荷が高い。特に政省令改正時の対応が大きな負担となっている。
導入効果 該非判定業務の効率化と政省令改正時の法令違反リスク低減を図る。
システム概要図

導入パターン case3

全機能を導入し、基幹システムとの連携を図る。

業務課題 輸出管理業務全般について、適切なリスクコントロールが行われていない。
導入効果 引き合いから出荷にいたる適切なリスクコントロールの実現を支援。
システム概要図

What's New!

2018年10月10日

CNETにIT探偵しおんが解決にホワイトペーパーを掲載

2018年10月10日

ダイハツディーゼル株式会社様の導入事例を掲載しました。

2018年4月24日

利用イメージを追加しました。

2018年1月31日

株式会社ソシオネクスト様の導入事例を掲載しました。

2017年6月20日

FAQコンテンツを追加しました。

2016年12月14日

オリンパス株式会社様の導入事例を掲載しました。

2016年4月28日

一般財団法人 安全保障貿易情報センター(CISTEC)様 コラム(「科学技術安全保障」という視点での総合的取組みの重要さ)(前編・後編)」を掲載致しました。

関連ソリューション

貿易帳票電子保管ソリューション

貿易実務(貨物輸出/輸入、通関に関わる諸手続)における、企業コンプライアンス・ガバナンスの強化や貿易手続き業務の効率化に向けたソリューション

主な機能と効果:
  • 貿易帳票(自社の貿易帳票や他社から入手した帳票)の自動保管・一元管理によるエビデンス管理業務の効率化と漏れ・紛失防止
  • 輸出入許可情報を自動取得・蓄積し、関連貿易帳票との紐付き管理による税関事後調査への対応力強化
  • 貿易手続きの期限管理(通関日、フリータイム等)や進捗管理による問い合わせ業務等の軽減とムダ経費(デマレージ等)防止
  • 貿易帳票データ、輸出入許可データ等に基づく貿易関連コストの『見える化』とデータ分析によるグローバルSCM最適化に向けての活用 など

※安全保障貿易管理ソリューションと連携することで、取引審査結果とINVOICE等の貿易帳票との紐付き管理を行うことが可能となります。

最終更新日:2019年3月11日