ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2018年12月19日
株式会社日立ソリューションズ

エンドポイントセキュリティで実績がある「秘文」をクラウドサービスで提供開始

セキュリティ環境の導入・運用にかかる業務を軽減し、時間や場所にとらわれない企業の働き方改革を支援

  株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、大企業を中心に8,200社、850万ライセンスの導入実績があるセキュリティソリューション「秘文」シリーズに、中堅企業の製造業を中心とした幅広い業種のお客様がエンドポイントセキュリティ環境をクラウドサービスで簡単に導入できる「秘文 Endpoint Protection Service」を追加し、12月20日から提供開始します。

  「秘文 Endpoint Protection Service」は、システム管理者が、あらかじめ用意された内部不正防止や、ワークスタイル変革でテレワークを行う場合などのセキュリティ対策メニューから必要な項目を選択するだけで、「秘文」シリーズの機密データの暗号化、デバイスの利用や接続先ネットワークの制御などの目的に応じたエンドポイントセキュリティ環境を利用できます。
  また、日立ソリューションズが、「秘文」サーバーの障害監視やOSの脆弱性対応、バックアップ運用などを行います。
  これらにより、システム管理者は、エンドポイントセキュリティ環境の導入や運用にかかる業務を大幅に軽減できます。
  今後も日立ソリューションズは、「秘文」シリーズなどによるセキュリティソリューションを強化することで、サテライトオフィスや自宅など、時間や場所にとらわれずに仕事ができる企業の働き方改革を支援していきます。

 


図1 時間と場所にとらわれず安心して働ける環境を提供

■ 背景

昨今の企業では、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方や多様な人財の活用による働き方改革が求められています。それに伴い、セキュリティ対策への投資やセキュリティガバナンスの見直しが必要となりますが、多くの企業、特に中堅・中小企業ではセキュリティ人財や予算が不足しており、十分な対応ができていないのが実情です。
  この課題に対して日立ソリューションズは、20年以上にわたるセキュリティビジネスの実績とノウハウを持つ「秘文」を、中堅企業の製造業を中心とした幅広い業種のお客様に、最新のエンドポイントセキュリティ環境をいつでもどこでも利用できるクラウドサービスで提供します。

 

■ 「秘文 Endpoint Protection Service」の特長

企業のシステム管理者やエンドユーザーは、以下の2つの特長により、クラウド上のサーバーから、最新のセキュリティポリシーの適用や、ログ収集が可能になることから、いつでもどこでも、最新のセキュリティ環境で仕事を行うことが可能になります。

1.システム管理者の導入や運用にかかる業務を大幅に軽減

  システム管理者は、導入時に、あらかじめ用意された内部不正防止や、ワークスタイル変革でテレワークを行う場合などの目的にあわせたセキュリティ対策メニューから、機密データの暗号化、USBメモリなどのデバイス利用の制御、強制的にVPNに接続する(強制VPN接続機能)ためのネットワークの制御など、必要な項目を選択します。その内容をもとに日立ソリューションズが作成したクライアントソフトウェアを、ユーザーのパソコンにインストールするだけで、目的に応じた「秘文」シリーズのエンドポイントセキュリティ環境を、初期費用を抑えて、簡単に導入できます。
  また、日立ソリューションズがサーバー構築やセキュリティポリシーの設計・設定といった作業を行うため、導入企業では、これらの作業が不要となります。
  さらに、日立ソリューションズが「秘文」サーバーの障害監視やOSの脆弱性対応、バックアップ運用など日々のセキュリティ運用を行うため、システム管理者に必要な運用は、「秘文」のログやセキュリティレポートの確認だけになります。

2.「秘文」の更新プログラムをMicrosoft Updateと統合して自動インストール可能

  「秘文」の更新プログラムは、「Windows 10」から導入された定期的な更新プログラムを配信するWindows as a Service(WaaS)*1に対応します。「Windows Server Update Services(WSUS)」を利用している企業のシステム管理者は、「秘文」の更新プログラムをWSUSサーバーへ登録することで「Microsoft Update」と統合できます。

  これにより、エンドユーザーは、これまで、半年に1回、Windows の新機能を含む「機能更新プログラム」が配信されるタイミングでの「秘文」の更新プロクラムを個別にインストールしていましたが、「Microsoft Update」を行うだけで「秘文」の更新プロクラムを自動でインストールできます。

  この機能は、従来提供している「秘文 Device Control」、「秘文 Data Encryption」、「秘文 Data Protection」の最新版でも提供します。

*1:Windows as a Services(WaaS)とは、Windowsのセキュリティ更新プログラムとともに新しい機能を提供する機能更新プログラムが年2回、配信されるWindowsの仕組み。配信にあわせて「秘文」の検証や更新が必要となる。


図2 Waas対応の「秘文」更新プログラムを「Microsoft Update」に統合

■ 提供開始時期

2018年12月20日

■ 「秘文 Endpoint Protection Service」の価格(税別)

サブスクリプション型 1台あたり 6,000円/年 (500台の場合)

■ 「秘文」シリーズの最新版の価格(税別)

デバイスの利用や接続先ネットワークを制御することで情報の漏洩を防止する

「秘文 Device Control」
:ライセンス購入型 10,000円/クライアント、
  サブスクリプション型 5,000円/年

機密データを暗号化することで情報の漏洩を防止する

「秘文 Data Encryption」
:ライセンス購入型 10,000円/クライアント、
  サブスクリプション型 5,000円/年

機密情報の不正利用や二次流出が発生しても失効することで情報の拡散を防止する

「秘文 Data Protection」
:サブスクリプション型 5,000円/年

■ 「秘文」について

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
秘文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ