ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2019年11月25日
株式会社日立ソリューションズ

「活文 知的情報マイニング」のAIエンジンを「BERT」で強化し、高精度のテキスト分類を実現

専門技術者が自然言語処理AIの業務適用を支援し、企業の情報活用を変革

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、Google社が公開している「BERT」でAIエンジンを強化した「活文 知的情報マイニング」の最新版を12月2日から販売開始します。

 「活文 知的情報マイニング」は、大量のテキストデータを自然言語処理AIで分析して分類することで、業務の効率化を実現する製品です。最新版では、Webで公開された大量の自然言語データを事前学習したモデルに、企業が所有する教師データ*1を学習させる「BERT」でAIエンジンを強化し、より高精度*2なテキスト分類を実現できます。また、業務システムと連携しやすくするためのAPI(Application Programming Interface)や、導入後の運用コマンドに加え、テキスト分類処理を複数同時に行い、結果の多数決を取る形でさらに精度を上げる「アンサンブル学習」の仕組みも提供します。
 さらに、日立ソリューションズの専門技術者がテキスト分類の業務適用を支援します。
 企業は、これまで以上に高精度なテキスト分類を業務に適用できるようになることで、たとえば、出荷後の商品に対してお客様から届いたお問い合わせ内容(テキスト)から、重大な問題の可能性がある事象かどうかを判断して、品質やサービスの改善に活用する業務において、人によって異なる判断の平準化をこれまで以上に実現できるようになります。
 日立ソリューションズは、今後も、大量のデータを価値創出につなげるソリューションを提供することで、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進を支援していきます。

*1 機械学習において予め与えられる例題と答えとなるデータで、企業が業務の中で蓄積した情報をもとに作成する

*2 当社の実証実験では、テキスト分類の精度が80%程度だったケースで90%以上に向上(分類精度の向上度合いは、教師データの内容や量、分類数によって変わります)


図:「活文 知的情報マイニング」最新版の特長

■ 背景

企業では、テキストや画像などのさまざまなデータを収集して分析し、ビジネスの価値創出や差別化につなげるデジタルトランスフォーメーションの動きが加速しています。その一方で、分析するために必要なAIの導入や活用において、AIを扱うためのノウハウの獲得や学習させるための教師データの準備に時間を要するなどの課題が出てきています。
 そのような中、注目されているのが、Google社が公開している「BERT」と呼ばれる手法で、少量の教師データによる追加学習でも高精度な処理結果を出しています。
 日立ソリューションズは2017年より、「活文 知的情報マイニング」を販売してきました。
 こうした状況の下、テキスト分類のさらなる精度向上を目的に、「活文 知的情報マイニング」のAIエンジンを「BERT」で強化した最新版を販売することになりました。

■ 「活文 知的情報マイニング」最新版の特長

  • 「BERT」でAIエンジンを強化することで、テキスト分類の精度を大幅に向上
  • 業務システムと連携しやすくするAPIや運用コマンドの提供で、テキスト分類の業務適用を支援
  • 自然言語処理AIの専門知識を有する技術者が、導入から、構築、運用までをサポート

■ 販売開始日

2019年12月2日

■ 価格

月額 600,000円~(オンプレミス)

※自然言語処理AIに学習させる同時利用可能なモデルは1つまでとなります。
※上記は製品価格。導入支援などに掛かる作業の費用は含まれません。

■ BERTについて

BERT (Bidirectional Encoder Representations from Transformers) は、 Google 社の研究チームが 2018年10月に公開した、Webで公開された大量の自然言語データを事前学習したモデルに少量の教師データを追加学習させる手法で、公開当時、テキスト分類などの自然言語処理分野のさまざまなタスクで最高性能を達成しました。BERTは、近年の自然言語処理におけるブレークスルーのひとつであり、自然言語処理を必要とするビジネスにおいて、従来に比べて大幅な精度向上を実現できる可能性があり、ビジネスでの活用が期待されています。

■ 製品・ソリューション紹介URL

■ 「活文」 について

すべてはビジネスデータを活かしきるために。
活文は、ドキュメントに代表されるさまざまなビジネスデータの効率的な活用を支援します。
https://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 活文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ