ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2020年3月25日
株式会社日立ソリューションズ

インターネットブレイクアウト機能を追加した
セキュリティ対策製品「秘文」の最新版を提供開始

テレワーク環境で安全なネットワーク利用と快適なクラウドサービス利用を両立し、社内ネットワークの負荷を軽減

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、エンドポイント向けセキュリティ対策製品 「秘文 Device Control」に、インターネットブレイクアウト*の機能を追加した最新版を、4月28日から提供開始します。
 「秘文 Device Control」は、デバイスの利用や接続先ネットワークを制御し、機密情報の漏洩を防止する製品です。このたび独自に開発したインターネットブレイクアウト機能により、昨今需要が高まるテレワーク環境などで、安全なネットワーク利用と快適なクラウドサービス利用の両立を実現します。また、本機能では、お客様が指定した信頼できるクラウドサービスを直接インターネットに接続して利用することにより、社内ネットワークの負荷を軽減します。

* ファイアウォールやゲートウェイ、VPNを通さず、直接インターネットやクラウドサービスにアクセスできるようにする仕組み


図:秘文によるエンドポイントでのインターネットブレイクアウトのイメージ

■ 背景

昨今、企業は、働き方改革やBCP(事業継続計画)対応などを背景に、テレワークの利用を強力に推進するとともに、デジタルトランスフォーメーションの一環として、社内システムのクラウドサービスへの移行を加速させています。
 これまで、テレワークなどのリモートアクセスでは、モバイルPCをVPN(仮想プライベートネットワーク)経由で社内ネットワークに接続し、ファイアウォールやゲートウェイを通して、インターネットやクラウドサービスにアクセスすることで、セキュリティを確保してきました。
 しかしながら、テレワークやクラウドサービス利用の急増に伴い、ネットワーク帯域のひっ迫や、ファイアウォール、ゲートウェイ、VPNの負荷が激増しており、ネットワークのレスポンス速度の低下など、業務に影響を及ぼしています。多くの企業にとって、これらへの対処が喫緊の課題となっています。

■ 「秘文 Device Control」の最新版の特長

 「秘文 Device Control」の最新版では、これまで培ったOS最深部での制御技術やノウハウを活かし、エンドポイントでインターネットブレイクアウトを実現する新機能を提供します。

1.VPNを含む社内ネットワークの負荷を軽減して対策コストを削減

 エンドポイント上でインターネットブレイクアウトを実現するため、テレワーク利用時でもお客様が指定したクラウドサービスについては、VPNを経由せずにモバイルPC から直接、インターネットに接続します。これにより、VPNも含めた社内ネットワークの負荷を軽減します。従来、ネットワークの負荷増大に対して、ネットワークの帯域増強や設備増設にかけていた対策コストを削減できます。

2.快適なクラウドサービス利用と安全なネットワーク利用の両立を実現

 インターネットブレイクアウトでは、お客様が指定した信頼できるクラウドサービスだけモバイルPCから直接インターネットに接続させ、それ以外の通信は強制的にVPN経由で社内ネットワークに接続させます。これにより、セキュアなテレワーク環境と、快適なクラウドサービスの利用を実現します。
 テレワーク利用者が、許可されていないネットワークに接続してしまうリスクをなくすとともに、デバイスへの情報の持ち出しを禁止する機能、利用者の操作ログを取得する機能などにより、モバイルPCからの機密情報の漏洩を防止します。

■ 販売開始日

2020年4月28日

■ 「秘文 Device Control」の提供価格(税別)

パッケージ版(買取ライセンス) 10,000円/クライアント
 サブスクリプション版(年間利用ライセンス)  5,000円/クライアント

* 買取ライセンスに保守費、サーバーライセンスを含みません。年間利用ライセンスには保守費、サーバーライセンスを含みます。

■ 「秘文」について

「秘文」シリーズでは、20年間以上、他社に先駆け、エンドポイントから情報漏洩を防止するソリューションを提供してきました。デバイスの利用制限や接続先ネットワークの制御を行い、データを持ち出させない「秘文 Device Control」、データを暗号化し、漏洩してもデータの中身を見せない「秘文 Data Encryption」、ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止する「秘文 Data Protection」の3製品と、サービスモデルで管理者の運用負荷を軽減する「秘文 Endpoint Protection Service」で構成されています。このたび追加したインターネットブレイクアウト機能は、「秘文 Endpoint Protection Service」でも順次提供予定です。
 URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/hibun/sp/

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:多田、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Office365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 秘文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ