ページの本文へ

日立ソリューションズは、社会生活や企業活動を支えるソリューションを提供し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

ニュースリリース

2021年6月3日
株式会社日立ソリューションズ

テレワークで課題となる依頼事項の実施徹底を「Microsoft Teams」で実現する
「グループタスク リマインダーサービス」の最新版を提供開始

新常態における企業のGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)の取り組みを支援

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、マイクロソフトの「Microsoft Teams」上からも利用できる、社員への教育受講やセキュリティ対策などの依頼事項を期限内に確実に完了させることを支援するクラウドサービス「グループタスク リマインダーサービス」の最新版を6月4日から提供開始します。
 新常態においてテレワークが急速に広まる中、多くの企業が業務効率化や円滑なコミュニケーションを目的として「Microsoft 365」を導入しています。中でも「Microsoft Teams」は、従来のチャットやビデオ会議に加え、業務アプリケーションの実行環境としての利活用が進んでおり、テレワークを行う上でのポータルとしての役割を担いつつあります。
 本サービスの最新版では、従来のイントラのポータルサイトへの掲載やメール通知に加え、「Microsoft Teams」でも依頼事項を掲載できます。これにより、依頼者がフォローしなくても、社員は通常業務のなかでスムーズな依頼事項の遂行が可能となり、実施徹底を図ることで間接業務の効率化を実現できます。日立ソリューションズは、テレワークを前提とする働き方に変わっていく企業に向けて、本サービスの提供を通じて、GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)*1の取り組みを支援していきます。

*1 ガバナンス(企業統治)、リスク、コンプライアンス(法令順守)への適切な対応をフレームワークとしてまとめた考え方。ITを活用して関連する情報を一元的に管理し、効率化を図るのが狙い。


図:Teamsから「グループタスク リマインダーサービス」を利用するイメージ

■ 背景

ESG経営やSDGsの達成を推進していく企業が増加する中、GRCへの取り組みの重要性が一層高まっています。企業では社員の違法行為や事故の未然防止を図るべく、ルールや法令を徹底させる教育やセキュリティ対策などの依頼事項を社員に対して行っており、期限内に完了させる必要があります。しかしながら、テレワークが広まり、社員が分散して働く非対面の環境では、依頼者が対象となる社員全員に対して、確実に実施されるまでフォローすることが難しくなっており、期限内に完了させるための負荷は増大しています。
 日立ソリューションズは、このような課題を解決し、GRCの取り組みを支援するため、2020年4月に依頼事項の発行から確実な完了を支援するクラウドサービスを提供開始しました。このたび、加速するテレワーク環境下において、多くの企業が導入している「Microsoft Teams」からも、本サービスを使いたいというお客様の声に対応して最新版を提供することになりました。

■ 「グループタスク リマインダーサービス」の最新版の特長

1.多くの企業が導入している「Microsoft Teams」から、依頼事項の処理やフォローを利用可能

2.新常態におけるテレワークを前提とした働き方におけるGRCへの取り組みの強化を支援

■ 価格

個別見積

■ 提供開始日

2021年6月4日

■ 日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部 統括本部長 安藤 浩氏からのエンドースメント

「日本マイクロソフトは、日立ソリューションズ様による『Microsoft Teams上で依頼事項を通知し、期限内の完了までをフォローできる「グループタスク リマインダーサービス」最新版』の提供開始を歓迎いたします。どの企業でも課題となっている潜在的な依頼管理業務の煩雑さを解決するグループタスクリ マインダーサービスが Microsoft Teams と連携することで、ニューノーマル時代のリモートワークを推進させ、さらなるコンプライアンス強化を実現できるものと考えています。
 今後も日本マイクロソフトは、マイクロソフトの3クラウド(Microsoft 365、Microsoft Dynamics 365、Microsoft Azure)すべてを活用できるパートナーである日立ソリューションズ様と連携しつつ、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。」

■  「グループタスク リマインダーサービス」について

「グループタスク リマインダーサービス」は、社員への依頼事項を期限内に効率良く、確実に完了させることを支援するサービスをクラウドで提供します。
 日立ソリューションズでは、本サービスを自社で利用し、必須教育の受講やセキュリティ対策など、社員向け依頼事項の期限内実施率98%(2020年度自社調べ)を達成し、企業ガバナンス強化を実現しました。
https://www.hitachi-solutions.co.jp/grouptask-reminder/

■ 日立ソリューションズの「デジタルソリューション創出プラットフォーム」について

本サービスは、日立ソリューションズのサービス協創基盤「デジタルソリューション創出プラットフォーム」で提供しています。
 「デジタルソリューション創出プラットフォーム」は、VMware社の「VMware Tanzu Application Service」を採用しています。
 日立ソリューションズが長年培ってきたリーン開発などのノウハウを生かし、迅速な立ち上げから、カスタマーサクセスを実現する継続的な改善をお客様との協創で進めます。
 今後もお客様との協創でデジタルビジネスを強力に支援していきます。

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Microsoft、Microsoft Teams、Teams、Microsoft 365、Microsoft Dynamics、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ VMware 、VMware Tanzuは、VMware, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ