ページの本文へ

日立ソリューションズは、社会生活や企業活動を支えるソリューションを提供し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

ニュースリリース

2021年9月2日
株式会社日立ソリューションズ

RPA専門組織の業務を代行し、全社展開を支援する「RPA業務支援BPOサービス」を提供

自動化する業務の発見から必要なロボットの開発、エラー発生時の対応まで、まるごと代行

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、米国Automation Anywhere社(以下、AA社)のRPA製品「Automation Anywhere」の導入や運用、ロボット開発などの専門組織の業務を代行し、全社展開に向けた課題解決もまるごと支援する「RPA業務支援BPOサービス」を、10月1日から提供開始します。
 本サービスでは、日立ソリューションズが持つノウハウを活用して、お客様とともにRPAの全社展開を実現します。具体的には、自動化する業務を見つけ出し、ロボットの開発から利用者向け説明会、問い合わせ対応、エラー発生時の対応までを代行することに加え、利用状況や問い合わせ状況、エラー発生傾向を定期的にお客様に報告し、改善策も提案します。
 さまざまな日常業務を代行する「基本運用セット」と、説明会の開催などの導入フェーズごとに発生する課題に対応する「オンデマンドセット」という二つのメニューをオールインワンで提供します。
 企業はこれにより、専門組織や担当者を設置する手間をかけずに、RPAを全社で効果的に活用することができるようになります。
 日立ソリューションズは、企業のRPAの効果的な活用を通じて、業務の効率向上と生産性向上を図り、デジタルトランスフォーメーションの実現と持続可能な経営に貢献していきます。


図1:お客様の悩みに対する本サービスの提供価値

■ 背景

少子高齢化による労働人口の減少が進む中、企業では業務効率向上や生産性向上を目的に、RPAの導入が進んでいます。先行して導入した企業の中には、「RPAロボット開発や運用管理ができる人が不足している」、「ロボットの管理が煩雑」などの課題や悩みを抱え、一部の組織による活用にとどまっている企業が少なくない状況です。
 日立ソリューションズは、2017年にAA社のRPAを全社で導入し、専門組織を立ち上げました。全社で、延べ430業務を自動化し年間25,000時間以上の業務時間削減を達成するなど、さまざまな運用・管理のノウハウを培ってきました。これらを生かし、2018年にRPAの迅速な導入やロボット開発・管理を支援する「RPA運用支援クラウドサービス」を提供開始するなど、多くの企業のRPAの導入から運用までを支援してきました。
 「RPA業務支援BPOサービス」は、RPAに関する知識や運用体制がない企業でも、コストや手間をかけずに、全社でRPAを利用することができるように、日立ソリューションズのこれまでのノウハウをベースに、強力に全社展開を支援するオールインワンサービスです。

■ RPA業務支援BPOサービスの特長

1. 専門組織や担当者を設置しなくても、自動化対象業務の発見から必要なロボットの開発、ロボットの実行エラー発生時の対応までをまるごと対応するオールインワンサービスを提供


図2: 「RPA業務支援BPOサービス」のメニュー構成

2. 日立ソリューションズとユーザーのやり取りを「RPA運用支援クラウドサービス」上で行うことにより、ユーザーからのロボット開発に関する問い合わせや自動化に関する相談などの窓口を一本化し、迅速に対処


3. 定期的に利用状況やエラー発生の傾向などを報告して、課題を共有するとともに、全社展開に向けたさらなる改善策を提案

■ 価格

個別見積もり

■ 販売開始日

2021年10月1日

■ 日立ソリューションズの「RPA業務支援BPOサービス」について

■ セミナー情報

 セミナー名:RPAの運用にお困りの方へ!導入効果を向上させる運用の秘訣とは
 ~導入から運用まで実績豊富な当社のノウハウをご紹介~
 開催日時:2021年9月8日 (水) 11:00~11:45
 会場:オンライン
 参加費:無料
 申込締め切り:2021年9月6日(月) 12:00
 https://go.hitachi-solutions.co.jp/semi_210908

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報部
担当:秋山、安藤
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ