ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ JP1ソリューション

JP1ソリューション ホーム > JP1ソリューション > 連携 > JP1連携ソリューション for Robotic Process Automation

JP1連携ソリューション for Robotic Process Automation

JP1とRobotic Process Automation(RPA)の連携により、バックオフィス業務の更なる運用効率化および、信頼性の維持・向上を実現します。

このような課題を解決します!

  • 会社の業務カレンダに合わせてソフトウェアロボットを実行したい。
  • ソフトウェアロボットの実行予実績を一元的に確認したい。
  • ソフトウェアロボットの遅延を速やかに検知したい。
  • 空いてるソフトウェアロボット実行環境を有効活用したい。
  • ソフトウェアロボットの管理サーバと実行環境の接続を監視し、接続が切れたことをすばやく検知したい。

主な特長

  • お客様の業務カレンダーに合わせた月末実行、休業日の自動振り替えなど柔軟なソフトウェアロボットのスケジュール実行を実現します。
  • ソフトウェアロボットの実行予実績、実行状態をスケジュール表で素早く確認ができます。
  • ソフトウェアロボットの異常終了や開始・終了遅延を検知し、メールや信号灯、電話、音声読み上げでの通知を行います。
  • 実行中でなかったり、接続が切れていない実行環境にソフトウェアロボットを自動で振り分けることができます。
  • ソフトウェアロボット管理サーバとの接続が切れていることをメールや信号灯、電話、音声読み上げで通知することができます。

ソリューションメニュー

RPA運用効率化サービス Automation Anywhere Enterprise(AA)とJP1/AJS3を繋ぐAA連携カスタムジョブにより柔軟なソフトウェアロボットの実行や一元的な予実績管理を実現します。
RPA運用効率化サービス 詳細

AAとJP1/AJS3を繋ぐAA連携カスタムジョブにより、JP1/AJS3のきめ細かいスケジュール機能を使用したソフトウェアロボットの実行や、一元的な予実績管理、開始・終了遅延の検知・通知、基幹業務とバックオフィス業務との連携を実現します。

  • AA連携カスタムジョブ

    AA連携カスタムジョブは、実行タスク名(ソフトウェアロボット名)、実行先デバイス名、実行ユーザ名を定義するだけで簡単にJP1/AJS3からAAのソフトウェアロボットを実行できます。

カスタムジョブ

業務カレンダーに合わせた
ソフトウェアロボットの実行

【ユースケース1】業務カレンダーに合わせたソフトウェアロボットの実行

ソフトウェアロボットの予実験の一元的な表示

【ユースケース2】ソフトウェアロボットの予実験の一元的な表示

ソフトウェアロボットの速やかな遅延検知

【ユースケース3】ソフトウェアロボットの速やかな遅延検知

ソフトウェアロボットの稼働率向上
-空いているソフトウェアロボット実行環境の有効活用-

【ユースケース4】ソフトウェアロボットの稼働率向上-空いているソフトウェアロボット実行環境の有効活用-

ソフトウェアロボットの稼働率向上
-ソフトウェアロボット管理サーバとの接続監視・検知-

【ユースケース5】ソフトウェアロボットの稼働率向上-ソフトウェアロボット管理サーバとの接続監視・検知-

本ソリューションの関連JP1製品

【略称一覧】
  • JP1/AJS3:JP1/Automatic Job Management System 3
  • JP1/TELstaff:JP1/TELstaff AE Professional Edition
このソリューションをご覧の方は、こちらのソリューションもご覧いただいています


商品・サービスに関する質問・ご相談など 資料請求・お問い合わせ