日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2014年6月18日
株式会社日立ソリューションズ
ギビングツリーパートナーズ株式会社

オープンイノベーションによる創造をめざすフューチャーセッションを開催
ダイバーシティの視点から個を活かす組織づくりを考える

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)とギビングツリーパートナーズ株式会社 (本社:千葉県浦安市、代表取締役:中川 繁勝/以下、ギビングツリーパートナーズ)は、6月13日、日立ソリューションズ 本社別館にて、フューチャーセッション「個を活かす組織をつくろう」を開催し、組織のマネージャーおよびリーダーを中心として100名を超える方が参加しました。
 本イベントは、多様な参加者同士が対話を通じて発想を広げることで、社会課題であるダイバーシティへの理解を深め、マネジメントのアイデアを生み出すことを目的としたものです。
 当日は、組織のマネージャーに加え、芸術や地域活性化などの異分野で活躍するゲストスピーカーのプレゼンテーションからヒントを得て、個が活きる未来の組織をイメージし、参加者同士がグループディスカッションを通して活発な意見交換を行いました。
 参加者からは、「否定せず、価値観を共有する場をつくる」や「空気を読まない強い個をつくるため、たとえわがままに思えても一旦話を聞く」など、個が活きる組織づくりに向けたアイデアが提案されました。
 「一人ひとりの違いを価値につなげる」ことを目的にダイバーシティを推進する日立ソリューションズがテーマを企画し、企業向けの研修企画などの人や組織の活性化に取り組むギビングツリーパートナーズがファシリテーターとして協力しました。今後も、ダイバーシティ社会の実現をめざし、組織の枠を越えて取り組んでいきます。

■ 開催日時

6月13日(金) 18:30~21:00

■ 開催場所

日立ソリューションズ 本社別館

■ タイトル

個を活かす組織をつくろう ~ ダイバーシティマネジメントの視点から ~

■ 参加者の声

  • 世界で勝つ組織をつくるには、常に安定したアウトプットを出すことにかかわらず、エッジの効いたチームで、変化や失敗を受け入れながら進んでいくのがよいと思う。
  • 安心できる場をつくり、ビジョンを共有し、自分軸を持ち、お互いの強みをリスペクトしたい。

■ ワークショップの流れ

  • 個を活かすとは?(グループワーク)
  • ショートプレゼンテーション

    相互リスペクトとソーシャルインクルージョンから生まれるTalentが活きる社会をつくろう
    十和田市現代美術館 メディア担当顧問 小林 ベイカー 央子氏
    小林氏の活動について:http://www.yokomotion.com

    平均点のチームより、強みを活かし、補完しあうことで組織全体の価値を引き上げよう
    株式会社日立ソリューションズ   ITプラットフォーム事業部 社会インフラ基盤本部第2部 担当部長 伊藤 直子氏

    100年続く地域活性化活動を紡ぐには、他人事から、自分事へ、相手を信じて任せよう
    特定非営利活動法人 NPOサプライズ 代表理事 飯倉 清太氏
    NPOサプライズについて:http://www.surprizu2012.jp

  • 個が活きる組織には何が必要か(グループワーク)

■ ギビングツリーパートナーズについて

人と組織の活性化によって、より良い社会の実現に貢献するため、企業向け研修などの「学びの場」の企画・開発・実施、および組織活性化コンサルティングを提供しています。

■ フューチャーセッションについて

<本件に関するお問い合わせ先>

担当部署:人事総務統括本部 ダイバーシティ推進センタ 
担当:宇治川、小嶋
Tel:03-5780-2111  E-mail:diversity-suishin@hitachi-solutions.com

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:ブランド・コミュニケーション部 広報・宣伝グループ
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。