日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年6月2日
日立ソフト

日立ソフトの農業情報管理システムが「u-Japan大賞 環境部門賞」を受賞
~ユビキタスネット社会における活用モデルとして評価~

日立ソフト(執行役社長:小野 功、本社:東京都品川区)が提供する「農業情報管理システム(生育予測・食味解析システム)、製品名:GeoMation Farm(ジオメーションファーム)」は、6月2日、総務省主催の「u-Japan大賞 環境部門賞」を受賞しました。これは本システムが、ユビキタス社会における生活やビジネスのさまざまな場面で、特に環境保全に対しての課題を解決する情報システム・サービスの優れた事例として、評価いただいたものです。

農業情報管理システム(生育予測・食味解析システム)は、衛星画像を利用して小麦の生育状況を解析し、解析結果を圃場(ほじょう)ごとに色分けして表示することができます。この情報をもとに、刈り取り時期と刈り取る圃場の順番を最適化することにより、刈り取り作業の効率向上を図ることができます。さらに、小麦をタイミング良く収穫できるため、適期前に刈り取った水分含有量の多い小麦が減少し、乾燥処理に必要なエネルギーの削減が可能となり、環境負荷の低減に役立っています。本システムは、2006年以降、北海道にある複数の農業協同組合にて利用されています。

今後も、当社では情報通信技術を活用できるさまざまな適用分野を開拓し、お客様に喜ばれ、地球環境への負荷を低減できる情報システム・サービスの提供をめざしてまいります。

■農業情報管理システム(GeoMation Farm)の紹介ホームページ
http://www.hitachi-solutions.co.jp/geomation_farm/

GeoMationは日立ソフトの登録商標です。
日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。