日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2009年9月17日
日立ソフト

集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」の適用範囲を拡大
~ 普及が進むJava開発環境JDK6.0に対応 ~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、対象ソースコードの適用範囲を拡大した集中型Javaコード診断ツール 「anyWarp CodeDirector (エニーワープ・コードディレクター)V6.1」を、2009年9月30日より発売開始します。
 本製品は、Java開発におけるコーディングルール違反を、プロジェクト全体で組織的にチェックすることにより、 作業効率を下げることなくソフトウェア品質管理を実現します。このたび、Java開発環境として普及が進むJDK6.0を始め、Vista、IE8、 Eclipse3.5といった最新の環境への対応を行い、コード診断できる範囲を拡大しました。

 大規模ソフトウェアの品質、保守性、生産性を維持するためには、 誰でもメンテナンスできるような保守性の高いソースコードを書くことが重要となってきます。ソースコードのメンテナンス性を高めるためには、 「anyWarp CodeDirector」のような診断ツールによりルールの逸脱を開発者に早期にフィードバックし、工程中も繰り返しチェックを行うことが有効です。
 JDK6.0は、JDK5.0と比べてパフォーマンスが優れ、管理ツールも豊富であることから、 Java開発において広く使われるようになっています。今回の適用範囲拡大により、 現在使われているほぼすべてのJava開発環境においてソースコードの診断が可能になりました。

■ 「anyWarp CodeDirector」の特長

・ 開発者向け機能:Java統合開発環境Eclipse上で随時コード診断
Java統合開発環境Eclipse上でコード診断を実行することで、自分の担当しているソースコードを随時チェックできます。 Javaの標準的なコーディングスタイルを学習できるため、スキルアップも図れます。


・ プロジェクトマネージャ向け機能:プロジェクト全体で組織的なソース管理を実現
構成管理ツール(CVS、Visual SourceSafe、Subversion等)と連携して、自動的にシステム全体のコード診断を実行します。規約違反の状況、推移、 集中箇所などの実行結果は、開発者、リーダ、プロジェクトマネージャ、品質管理部門等で共有、比較が可能です。 プロジェクトマネージャは開発者に負担をかけずに、品質改善状況と推移を日々管理することができます。また、 オフショア開発の検収作業コスト軽減にも効果的です。

・ ソフトウェア開発全般にわたり、テスト効率の向上・品質向上を実現
回帰テスト自動実行ツール、Webシステム性能測定ツールを組み合わせたテストスイート製品「anyWarp TestSuite」も合わせて発売しています。 「anyWarp TestSuite」では、プログラム開発から総合テストにわたって、テストの効率化・品質向上を支援します。

製品名称

機能

anyWarp TestSuite anyWarp CodeDirector コーディング段階のテストにおける品質の維持とリスク低減
anyWarp Capture/Replay 回帰テストの効率化を支援
Assam WebBench 総合テストから運用段階での性能テストをカバー

■ 価格

製品名称

標準価格(税込み)

anyWarp CodeDirector 10ユーザ版(ライセンス) 1,050,000円
anyWarp CodeDirector サイトライセンス版 31,500,000円
年間保守サービス(@Service24) 製品標準価格の16%/年

)ユーザ数は、本製品のレポート出力を参照するユーザおよびEclipseプラグインを使用するユーザを意味しています。 レポート参照を行うユーザとEclipseプラグインを使用するユーザが同じ場合両方にカウントされます。30・50・100ユーザ版も提供しています。

■ 出荷開始時期: 2009年9月30日

■ 動作環境

製品名称

機能

OS Microsoft Windows 2003 Server Standard Edition /
 Server Enterprise Edition
Microsoft Windows XP Professional (SP1以降)
Microsoft Windows Vista Business (SP2以降)
Java JDK5.0, 6.0
Eclipse Eclipse 3.4, 3.5
ブラウザ Internet Explorer 7, 8
ハードウェア CPU:Pentium4 2.4GHz以上を推奨  実装メモリ:1GB以上を推奨

■ anyWarp CodeDirector ホームページ: http://www.hitachi-solutions.co.jp/anywarp_codedirector/

■本件に関するお問い合わせ
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。