日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年6月22日
日立ソフト

日立ソフトが特権ID管理ソフトウェア「SR-AdminSupport」を機能強化
~特権IDの申請内容とサーバのログとの突き合わせ作業から解放~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、取締役社長:諸島 伸治)は、ID統合管理製品群「SRシリーズ」 の特権ID(※1)管理製品「SR-AdminSupport (エスアールアドミンサポート)」の機能を強化し、7月1日 より販売を開始します。本製品では、 各サーバの複数の特権IDを一元管理することにより、特権IDを確実に個人に紐付けることで統制がとれた管理を実現し、 さらに特権IDの申請内容とサーバのログ(OSのログイン・ログアウト情報)を自動的に突き合わせ、レポート出力を可能にしました。 これまで突き合わせに必要であった膨大な作業工数を大幅削減することができます。

※1特権ID:サーバのOSに登録された管理者向けID


 金融商品取引法の施行に伴い、内部統制整備・強化の一環として、特権IDの管理強化が求められています。こうした中、不正操作を見逃し、 情報漏洩などの問題を引き起こすケースも少なくありません。その対応策として、特権IDの申請内容と特権IDを使用した操作ログとの突き合わせをして、 管理されていない特権IDの使用状況を把握する必要がありますが、多量な操作ログとの突き合わせ作業に膨大な工数が必要でした。
 これらの課題を解決するためにSR-AdminSupportでは、特権IDの申請内容とサーバから定期的に収集したログイン・ ログアウト履歴との突き合わせを自動的に実施し、突き合わせ結果をレポートする機能を提供します。これにより、 今までの多量なログとの突き合わせ作業から解放され、システム運用の効率化が図れるとともにシステムの統制・セキュリティ強化が実現できます。

<サポート対象OSの追加>

従来のサポートOSに加え、以下のOSをサポート対象として追加しました。
・Windows Server 2008 Standard Edition(x86,x64)
今回の機能強化により、今後3年間で約4億円の売上を見込んでいます。

<出荷開始日>

2010年7月20日

<価格>

製品名

価格(税込)

SR-AdminSupport マネージャ 1サーバライセンス 1,575,000円
エージェント Windows版 1サーバライセンス 141,750円~
エージェント Unix版 1サーバライセンス 141,750円~

<動作環境>

製品名

価格(税込)

SR-AdminSupport マネージャ
  • Windows Server 2003 Standard Edition(x86)
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition(x86)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition(x86)
  • Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition(x86)
  • Windows Server 2008 Standard Edition(x86,x64)
  • Windows Server 2008 Enterprise Edition(x86,x64)
エージェント
Windows版
  • Windows 2000 Server
  • Windows 2000 Advanced Server
  • Windows Server 2003 Standard Edition(x86)
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition(x86)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition(x86)
  • Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition(x86,x64)
  • Windows Server 2008 Standard Edition(x86,x64)
  • Windows Server 2008 Enterprise Edition(x86,x64)
エージェント
Unix版
  • Red Hat Enterprise Linux 4 (x86)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (x86,x64)
  • Solaris 9(SPARC)、Solaris 10(SPARC)
  • HP-UX 11i v2(IPF)、HP-UX 11i v3(IPF)
  • AIX 5.3、AIX 6.1

<日立ソフトの統合認証・アクセス管理ソリューション>

日立ソフトでは、5つのソリューションを通して、統制環境を実現するID・アクセス権の一元管理から利便性を向上するシングルサイオンまでの段階的なサポート、 そしてさらに特権管理やログ管理の強化を実現する「統合認証・アクセス管理ソリューション」を提供しています。
 「SR-AdminSupport」は、「統合認証・アクセス管理ソリューション」の構成製品としても提供しています。


SRシリーズに関して

SRシリーズは、日立ソフトの「統合認証・アクセス管理ソリューション」の中核を成す製品群です。「複数システムのID・アクセス権の一元化」、「認証の一本化のシングルサインオン」、「特権IDの一元管理」によりセキュリティと信頼性が高い統合ID管理基盤を提供し、企業のID管理運用に関わる課題を解決します。

<紹介ホームページ>
SR-AdminSupport : /sradminsupport/
統合認証・アクセス管理ソリューション : /iam/

<本件に関するお問い合わせ先>
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。