日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2007年1月12日
株式会社日立システムアンドサービス

「セキュリティかるた大会」開催

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長 中村博行、以下「日立システム」)は、「日立システム情報セキュリティブログ」の連載記事を実際のかるたとして商品化した「セキュリティかるた」を使い、レクリエーション形式でセキュリティに関する知識を深めることを目的に、社員を対象に参加者を募り「セキュリティかるた大会」を1月5日に開催しました。

 日立システムは、情報セキュリティに関するキーワード、事例、ニュースや最新動向のポイントを分かり易く解説した「情報セキュリティブログ」を2005年9月1日より公開しており、このブログの中で、「楽しみながら学ぶ」をコンセプトとした「セキュリティかるた」を連載しています。
 「セキュリティかるた」は、その記事を情報セキュリティ大学院大学の板倉征男教授監修のもと、実際にかるたとして作成し商品化したもので、「あ」から「ん」までの45文字で始まるセキュリティをテーマとした句とオリジナルイラストで構成されています。

 「セキュリティかるた大会」は、畳を敷き紅白幕を張って和風にしつらえた会場で、3人1組で対戦する部署対抗の団体戦と、個人戦の2種類をトーナメント形式で実施しました。合計48人の営業やシステムエンジニアが参加し、会場いっぱいの見学者が見守る中、大盛況のうちに終了しました。  事前にカルタを読み込み、練習を積んで参戦する社員も多く見られ、今回は団体戦・個人戦ともにシステムエンジニア部門が優勝しました。

 日立システムでは、昨年も「PM格言カルタ」を用いたかるた大会を実施し、プロジェクトマネジメントに関する知識の浸透を図るなど、レクリエーション形式での社員への教育を実施しています。

 日立システムは今後も情報セキュリティに関する様々な情報を発信し、ユーザーのセキュリティ知識向上に貢献するだけでなく、社員のスキルも常に向上させ、お客様に最適なソリューションを提供できる企業であり続けられるよう精進してまいります。
   セキュリティカルタ大会

セキュリティかるた大会の概要

開催日時:2007年1月5日(金) 15:00~17:00
開催場所:日立システム セミナールーム
参加人数:48名(団体戦24名、個人戦24名)
競技概要:三人一組で対戦する団体戦と、個人ごとに成績を出す個人戦の2種類実施。

商標名称等に関する表示

「あ」~「ん」の45文字で始まるかるた(読み札、取り札 各45枚)
[例] (あ)・・・「怪しいと 感じたメールは 開かない」
  (こ)・・・「巧妙に サイトに誘導 フィッシング」
  (そ)・・・「それ私物! 持込パソコン 要注意」 など
全ての句に対する解説書付
初回(限定2000個)はセキュリティステッカー付
販売開始日 : 2006年12月14日
販売店 : 翔泳社SEshop.com (http://www.seshop.com/)
価格 : 1,800円(税込)

監修者 板倉 征男氏 (いたくら ゆきお)のプロフィール

 情報セキュリティ大学院大学教授。DNA情報や網膜像によるバイオメトリックス個人認証方式、情報セキュリティとAIの連携、個人情報の知的活用事業等について研究を行う。工学博士、中小企業診断士。

情報セキュリティブログの概要

URL:  http://blog.hitachi-system.co.jp
公開開始日 : 2005年9月1日
内容 : セキュリティかるた
まずは押さえたい!セキュリティトピックス
ニュースから読む!旬のキーワード解説
事例に学ぶ!セキュリティ事件簿
スペシャリストに聞く!最新動向インタビュー
セキュリーマン検定  

商品名称等に関する表示

記載している、会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

商品に関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
セールスプロモーション部
担当 :永江(ながえ)、藤井(ふじい)
TEL : 03-6718-5821
E-mail : press@hitachi-system.co.jp

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。