ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2019年3月26日
株式会社日立ソリューションズ

デジタルトランスフォーメーションを加速するDevOps推進ソリューションを提供

開発プロセスの改善コンサルティングからDevOpsに必要となるツールの導入まで柔軟に対応

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、開発部門と運用部門が協働することで新たなサービスを迅速にリリースするための取り組みとして注目されているDevOps*1導入のコンサルティングから、開発環境構築、運用・保守までをトータルに支援する「DevOps推進ソリューション」を3月27日から提供開始します。
  これまで多くのお客様に対して、アジャイル*2などによる開発環境の改善に携わってきた経験豊富なコンサルタントが、お客様の開発プロセスにおける課題を分析・検証して、DevOpsを導入するためのプロセス改善や、プロジェクト評価、人財育成などを支援します。
  また、日立ソリューションズは、本ソリューションで提供する、チケット管理ツール「Jira Software」などを開発するAtlassian Pty Ltd.(本社:オーストラリア シドニー、共同創業者兼共同最高経営責任者:Michael Cannon-Brookes, Scott Farquhar/以下、アトラシアン社)と販売代理店契約を締結し、さらに、統合プラットフォーム「GitHub Enterprise」*3、およびテスト自動化ツール「CA Service Virtualization」*4の取り扱いを開始しました。
  これらにより、企業では、チケット管理や、ソースコード管理、テスト自動化などの最新ツールを活用したDevOpsの導入をスムーズに行えるようになり、新しい製品やサービスの迅速なリリースが可能となります。
  今後も、日立ソリューションズは、支援メニューやツールの拡充を行い、本ソリューションを強化していきます。

*1 開発(Development)と運用(Operation)を組み合わせたもので、開発と運用が密に連携して、運用側が要求する新機能や改修などの開発を行なう手法や概念のこと

*2 「機敏な」という意味の英語で、経営環境の変化に迅速に対応できる柔軟な情報システムや、ソフトウェア開発プロセスのうち、より素早い開発を重視する方法の総称

*3 マクニカネットワークス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 遵)が提供するプラットフォーム製品

*4 日本CA株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:反町 浩一郎)が提供するツール

■ 背景

近年、お客様との協創による新しいサービスや製品を提供していく上で、短期間で改善を繰り返しながらビジネスの価値を高めていく、リーンスタートアップやアジャイル開発が主流になっています。
  日立ソリューションズでは、2002年からアジャイル開発に取り組み、培った10年以上のノウハウをベースに、大規模から小規模までさまざまなお客様のプロセス改善を支援してきました。
  さらにデジタルトランスフォーメーションを加速する上で、アジャイル開発によるプロセス改善に加え、新たなサービスを迅速にリリースするためのDevOpsもお客様に導入してきました。
  このたび、これまで培ってきたノウハウを体系化し、ラインナップを強化した本ソリューションを提供することになりました。

 

■ 「DevOps推進ソリューション」の特長

1. アジャイル開発などで経験豊富な日立ソリューションズのコンサルタントがトータルに支援

  これまで数多くの アジャイル開発などのプロセス改善を成功に導いてきた経験豊富な日立ソリューションズのコンサルタントが、人財育成、開発プロセスの課題の分析・検証から、評価、運用・保守にいたるまでのコンサルティングや、各種開発ツールを活用したシステム開発環境の準備まで、DevOps導入による企業のデジタルトランスフォーメーションをトータルに支援します。

2. チケット管理、ソースコード管理、テスト自動化など最適なツールの活用をご提案

  日立ソリューションズは、以下の最新ツールを活用することで、DevOpsの推進を強力にサポートします。
(1) 「Jira Software」、「Bitbucket」など(アトラシアン社製品)
  アトラシアン社のツール群は、開発プロセスの変革を強力にサポートするツールとして、世界中の多くの企業で利用されています。
「Jira Software」は、アジャイル開発でのタスクをチケットという単位で細分化し管理するツールとして、バックログ、スプリント、バーンダウンチャートが簡単に利用できるという特長があり、「Bitbucket」は、分散型開発のバージョン管理、細かい権限設定、レビューの機能を持っています。日立ソリューションズは、これらのツール群を活用することで、チームによる計画・開発・運用をトータルでサポートします。
(2) 「GitHub Enterprise」
 「GitHub Enterprise」は、エンタープライズ向けソフトウェア開発の統合プラットフォームです。オンプレミスやプライベートクラウドに導入でき、自社のセキュリティポリシー、コンプライアンスポリシーに沿った運用が可能です。また、プルリクエストを用いた効果的で素早い開発フローである「GitHub Flow」を利用することで、日立ソリューションズは、オープンでより良いソフトウェア開発を提供します。
(3) 「CA Service Virtualization」
 「CA Service Virtualization」は、高機能なスタブ(仮想サービス)とドライバが単一製品として完全統合されたテストフレームワークで、APIテストの自動化やサービスの仮想化を実現できます。日立ソリューションズは、このツールを活用することで、エンタープライズ系のソフトウェア開発におけるテスト自動化をサポートします。
 

■ 「DevOps推進ソリューション」の支援メニュー

支援メニュー名概要
人財育成企業の開発部門と運用部門が協働する組織を構築していく上で基本となるDevOpsや、継続的インテグレーションと継続的デリバリー(以下、CI/CD)の概要を、ワークショップ形式で学べる教育プログラムを提供します。また、DevOpsの前提となるアジャイル開発の概要などの教育プロクラムもあわせて提供します。
プロセス改善支援現行の開発プロセスにおける課題を整理し、企業の開発部門と運用部門が協働する組織にあわせた開発プロセスを提案します。また、開発プロセスの改善を繰り返して実施し、評価した結果を新しい開発プロセスのガイドラインに反映していくことで、継続したプロセスの改善を支援していきます。
DevOps開発環境整備DevOpsの実現に必要となるツールの導入から運用保守までを支援することで、CI/CDをスムーズに実現できる開発環境の整備を行います。
DevOpsコーチお客様の開発プロジェクトに参画し、プロセス適用計画書の作成やDevOps推進プロジェクトの運営に関する支援を行います。また、支援していく中で発生した課題に対して、これまでに経験したさまざま実績に基づいた解決方法を提案します。
プロジェクト評価お客様の開発プロジェクトの実績データや、アンケート結果などから、定量的・定性的にプロジェクトを分析し、DevOpsを実現する上で必要となる課題を明確にして、その改善方法を含めた評価報告を行います。

■ 「DevOps推進ソリューション」の価格

個別見積

■ 販売開始日

3月27日

■ 製品・ソリューション紹介URL

「DevOps推進ソリューション」: 
https://www.hitachi-solutions.co.jp/devops/

「アトラシアン製品」: 
https://www.hitachi-solutions.co.jp/atlassian/

「GitHub Enterprise」: 
https://www.hitachi-solutions.co.jp/github/

「CA Service Virtualization」: 
https://www.hitachi-solutions.co.jp/casv/

 

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  
Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 本文中に記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ