ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、社会生活や企業活動を支えるソリューションを提供し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

サステナビリティ・
マネジメント

日立ソリューションズは、持続可能な社会を実現するために、企業や社会との価値協創と、信頼される企業であることが重要だと考えています。

持続可能な社会を実現するために、当社は、社会や市場の環境変化に応じて、あるいは先取りして、ステークホルダーの皆さまともにデジタルトランスフォーメーションを推進し、産業・事業構造の変革や社会課題に取り組んでいきます。

そのために、従業員一人ひとりがITのプロフェッショナルとして、社会や生活者の課題の本質をよく理解し、新しい価値を協創していきます。

そして、信頼される企業であるために、当社は環境、社会、ガバナンスを重視した経営を行っています。

サステナビリティについての基本的な考え方

「確かな技術と先進ソリューションの提供を通じ、お客様と地球社会の発展に貢献する」という企業理念の下、幅広いステークホルダーの皆さまとの協創を通じて、持続可能な社会の実現をめざします。

サステナビリティ活動方針

  • 環境に配慮した活動やコンプライアンスをはじめ、働きやすい職場づくり、ダイバーシティ推進、障がい者スポーツ支援など、環境や社会、ガバナンスを重視した経営基盤の強化を推進します。
  • SDGsに対する理解を深め、幅広いステークホルダーの皆さまとともに、事業による価値創造を実現します。

    • お客様やパートナーをはじめ、幅広いステークホルダーとの協創を通じた価値創造
    • 社会課題解決に貢献する新しいソリューションの創造
  • 未来の社会づくりのための幅広い社会貢献活動を行います。

事業を通じた社会課題の解決

当社の事業を通じて社会課題解決に貢献し、持続可能な開発目標(SDGs)*の達成をめざします。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

*SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現をめざす世界共通の目標です。2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」において、150以上のすべての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。このアジェンダでは、2030年までに達成すべき目標としてとして、貧困や不平等、不公正の撲滅、気候変動への対応など17のゴールと169のターゲットを定めています。