> お問い合わせ Hitachi Solutions

PC自動シャットダウンシステム

指定時刻にPCを自動シャットダウン。就業ルールの徹底を支援し、長時間労働の是正を実現します。

指定時刻にPCを自動シャットダウン。就業ルールの徹底を支援し、長時間労働の是正を実現します。 指定時刻にPCを自動シャットダウン。就業ルールの徹底を支援し、長時間労働の是正を実現します。

従業員一人ひとりのPC利用時間をマネジメントする。
それが、長時間残業を減らす近道です。

課題1

従業員個人の判断による残業が常態化。気づいたらこんなに長時間残業していた…なんてことも。

解決

ポップアップで業務終了時刻を意識づけ。指定時刻になるとPCを自動シャットダウンし、翌朝まで利用不可に。

課題2

上司や会社が気づかないサービス残業が発生。従業員の勤怠情報と実働時間が乖離してしまっている。

解決

急に残業が必要になっても、ワンクリックで残業申請ができ、PC利用時間を延長。「残業は上長承認を受けてから」というルールを徹底できます。

課題3

テレワーカーや出張中の従業員が働き過ぎないよう、労働時間をしっかり管理したい。

解決

クライアントソフトがPCの稼働状態を監視。オフラインでも指定時刻に自動シャットダウンし、長時間残業を抑止します。

特長1 ポップアップで業務終了時刻を意識づけ。定時になったらPCを自動シャットダウン

従業員一人ひとりのPC画面にPC停止時刻を定期的にポップアップ表示し、業務終了時刻を意識づけします。定時終業時刻を過ぎるとPC停止のカウントダウン表示が始まり、PCを自動シャットダウンします。

特長1の図

特長2 定時後は翌朝までPC利用を不可に

定時終業時刻を過ぎると、翌朝までPCを利用不可にします。その間にPCを起動・ログインしても自動シャットダウンされるため、従業員個人の判断による残業を抑止できます。

特長2の図

特長3 残業申請すればPC利用時間の延長が可能

残業が必要になった場合は、PC停止時刻のポップアップ表示をクリックすると表示される残業申請画面に入力し、申請内容が上長に承認されればPCのシャットダウン時刻を延長できます。急な残業にすぐに対応できるほか、翌日以降の残業申請も可能です。

特長3の図

お客さまの声

従業員の図

  • 一日にPCを利用できる時間が決まっているため、計画的な業務遂行を意識するようになった。
  • 残業申請時に残業時間と理由の記載が必要なため、不要不急の残業やダラダラ残業がしにくくなった。
  • 残業申請が手間なので、普段は定時退社し、残業する日は集中的に働くといったメリハリが生まれた。

管理職の図

  • 部下の残業時間を把握できるので、承認した残業時間を超える量の作業指示を出さない意識が芽生えた。

労働管理部門の図

  • 残業の申請・承認履歴が確認できるので、残業ルールに従って運用できているかを把握できるようになった。
  • フレックス制度などの施策と併用した結果、前年同月比で会社全体の残業時間を80%削減できた。