日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年9月28日
株式会社日立ソリューションズ

がん研究会が就業管理システム「リシテア Job」を採用
人事部の勤務管理にかかる作業負担を軽減

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、同社の就業管理システム「リシテア Job」を公益財団法人がん研究会(所在地:東京都江東区、理事長:草刈 隆郎/以下、がん研究会)に導入しました。がん研究会はこれにより、勤務情報の入力や集計などにかかる職員の負担が軽減され、人事部の1人あたりの残業時間を多い月で30時間削減できました。また、一元的な勤務情報管理を実現し、職員の勤務状況や休暇取得状況などを正確に把握できるようになりました。

がん研究会では、看護職向けの勤務管理として看護師勤務管理支援システムを導入していましたが、他の職員の勤務状況を紙ベースの勤務表で管理しており、記入漏れや計算ミスなど人為的なミスが頻発していました。そのため、人事部は職種、雇用形態ごとに異なるルールに基づきながら、勤務情報を給与計算システムに入力する必要がありました。また、各部署の所属長や検算する秘書はスタッフの勤務状況の確認に手間がかかるなど多くの問題がありました。

医療機関向けのシステム構築に関するノウハウを有する日立ソリューションズは、職種や雇用形態ごとの給与や手当、代休日のカウント数などについてがん研究会にヒアリングを実施し、これらを整理して明確化しました。その結果、既存の規程を変更することなく実情に合わせて「リシテア Job」を適用するとともに、看護師勤務管理支援システムのデータを「リシテア Job」に取り込み、一元的な勤務管理を実現しました。

がん研究会は、「リシテア Job」の採用により、人事部の勤務管理にかかる作業負担と人為的なミスを大幅に削減できただけでなく、一元的な勤務情報管理を実現し、職員の勤務状況や休暇取得状況などを正確に把握できるようになりました。また、自治体による監査の際においても、職員の勤務管理に関する効率的な報告が可能となりました。

図. がん研究会のシステム構成
図. がん研究会のシステム構成

■ 就業管理システム 「リシテア Job」の特長

  • 多様な雇用、勤務形態に対応し、勤務情報を収集して一元的に管理
  • イントラネットなどのWebから出退勤の打刻が可能
  • お客様の勤務体系に合わせ、柔軟に勤務区分や休暇区分、集計項目などの設定が可能

<就業管理システム 「リシテア Job」紹介ページ:http://lysithea.jp/

■ 本導入事例のご紹介

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:宮本、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ リシテアは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。