ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、社会生活や企業活動を支えるソリューションを提供し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

従業員の安全と健康

健康経営と基本方針

基本方針

当社は、『従業員の安全と健康はすべてに優先』することを基本理念とし、各種健康施策を推進していきます。特に高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防に注力しており、血圧については有所見率も全国平均を大きく下回り、例年10%以下で推移しています。

めざす姿

長期的な働き方の変化やジョブ型雇用等、従業員と会社の関係が大きな転換点にあることを踏まえ、『会社の成長と従業員の幸せ』の実現にむけ、多様な人財が活き活きと働き、最大限の価値発揮ができる環境の実現をめざします。

健康経営体制

労働安全衛生法に基づき、安全衛生委員会を設置し、人事関連部門と健康管理センタが連携し、労働災害や健康障害の防止を図りつつ、従業員の健康促進に取り組んでいます。

健康経営体制

保健指導・生活指導体制の強化

フィジカルサポート

・高血圧や糖尿病などの基礎疾患による健康障害防止に向けて、会社として健康管理に積極的に取り組んでおり、法定健康診断受診率、産業医による就業判定とも100%を達成しています。また、健康診断結果で所見がある場合は、産業保健スタッフがきめ細かなフォローを行い、従業員一人ひとりの健康管理をバックアップ、事後措置となる保健指導も対象者について100%実施しています。

・特に高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防に注力しており、血圧については有所見率も全国平均を大きく下回り、例年10%以下で推移しています。

メンタルサポート

・在宅勤務の増加などに伴う心身の健康不安について、「健康相談ホットライン」の制度を新設し、オンラインでの健康支援を実施しています。また、長時間残業を行った従業員への適切な事後措置や、産業保健スタッフや専任スタッフによる繁忙職場への巡回訪問など、メンタルヘルス不調の予防に努め、綿密な復職支援プログラムも実施しています。

・社内における産業保健スタッフによる相談体制のほか、EAP(従業員支援プログラム/Employee Assistance Program)も取り入れ、仕事のみならず私生活を含めたワークライフ全般における相談体制を確立しています。

その他、下図の施策を通してフィジカル面、メンタル面のサポートを実施しています。

保健指導・生活指導体制の強化

健康増進施策

安全衛生教育

従業員の健康管理および労務管理徹底に向けた教育を、主に管理職に対して実施しています。

健康管理講演会

高血圧、糖尿病の有所見者について、日本高血圧学会の最新基準導入等により、新たに指導対象となった層への施策を兼ねて、講演会を開始しています。その結果、18年度と19年度の比較では、要医療レベルの人数割合について、拡張期血圧は1.5%改善。HbA1c(糖尿病の数値)は0.2%改善しています。

メンタルヘルス研修

会社全体や職場単位でのメンタルヘルスに関する研修の新規実施や、勤怠データの分析を実施。また、休職に至った要因の明確化を目的に、人事部門による休職者への面談を新たに開始しています。メンタルヘルス罹病率は年々改善しています。