ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立デジタルマーケティング 日立ソリューションズ
スマートマニュファクチャリングソリューション

スマートマニュファクチャリングソリューション

スマートファクトリーの
ユースケース

製造業における製造現場部門「スマートファクトリー」でのユースケースです。
Use Case1

製造設備のリアルタイム稼働監視

製造現場の高効率化、高品質化

課題

  • ①工場データを一元管理できていない為、どこがどんな状況か把握できていない。
  • ②機器や設備は故障してから対応しており、効率的な運用ができていない。
  • ③製造ラインの評価指標を定めて、継続的な改善を実施したい。

解決イメージ

  • ①IoTを活用して、リアルタイムに稼働データを収集する事で稼働率、性能、品質等の状況推移を可視化。
  • ②故障予知診断、安定的な稼働など、製造現場の高効率、高品質化を実現。
  • ③OEE(総合設備効率)を評価指標に、製造ラインの継続的な改善活動を実施。
  • 稼働効率改善
  • 故障予兆検知
  • 安定稼働
Use Case2

無人搬送機の運行監視

人による検視からの解放、障害回復時間が半減

課題

  • ①工場内の無人搬送機に障害や立ち往生が発生したときに、停止位置が分からない。
  • ②無人搬送機を復旧させる場合はどこで停止しているか探す為、時間と手間がかかる。
  • ③部品が届かないリスクに備えて各工程で在庫を減らせない状況。

解決イメージ

  • ①IoTタグにより無人搬送機の運行状況を予報/警報の2段階で大型モニターに表示してリアルタイム可視化。
  • ②停止した無人搬送機の位置把握が分かる為、復旧作業の工数が従来の約半分に削減。
  • ③運行状況の可視化により、無人搬送機の台数削減と在庫低減の可能性を追求。
  • 運行監視
  • 復旧時間短縮
  • 在庫低減
Use Case3

作業改善サイクルの短縮

作業映像・指示図による改善作業の容易化

課題

  • ①全体的に作業が遅延しているが、どの作業がボトルネックになっているか把握できていない。
  • ②製造担当者への作業指示が適切に伝わっていない。
  • ③改善活動の手戻りが発生し、作業改善活動の無駄が発生している。

解決イメージ

  • ①工程・作業単位に作業実績データと作業を録画した映像データを収集し、目標と実績の差分を検出しボトルネックを把握。
  • ②作業指示は作業指示図に加えて映像を付加し、作業指示者と作業改善者の認識乖離をなくし、改善作業を容易化。
  • ③ボトルネック作業の自動抽出と作業指示の映像化により、作業改善を容易化し作業改善サイクルを短縮。
  • ボトルネック把握
  • 適切指示
  • 改善サイクル短縮

関連ソリューション

Use Case4

生産装置の設定自動化

指図プログラム自動反映と生産進捗リアルタイム監視

課題

  • ①計画情報を元に生産装置の設定を手動で設定しているが、時間がかかる。
  • ②生産内容変更時、段取替えの為の設定項目が多く、生産性が向上しない。
  • ③生産進捗がリアルタイムで把握できていない。

解決イメージ

  • ①生産装置に対して、製造計画情報を元に指図プログラムを送信する事で、設定作業を簡略化。
  • ②装置から段取り替え完状態のステータスを受信し、次プログラムを自動で反映。
  • ③自動段取替えデータを活用し、リアルタイム生産進捗表示化可能。
  • 自動段取替
  • リアルタイム進捗管理

関連ソリューション

スマートファクトリーの
ソリューション一覧

その他のユースケース

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください。
0120-571-488

受付時間 10:00~17:30 月~金(祝祭日除く)

資料ダウンロード 資料ダウンロード

日立ソリューションズが提供するスマートマニュファクチャリングソリューションの関連資料です。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

製造業のビジネス加速に役に立つ最新情報について、社内外の識者コラム、IT・ビジネストレンド解説などをご紹介します。ぜひご活用ください。

お役立ち情報
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ