日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2013年3月22日
愛知県信用保証協会
株式会社日立ソリューションズ

愛知県信用保証協会、事業継続性確保に向け情報共有システムを刷新
セキュリティ対策とユーザー利便性も強化

 愛知県信用保証協会(本店:愛知県名古屋市、理事長: 西村 眞)は、事業継続対策の確保を機に、情報共有システムの刷新を行い、1月15日から稼働を開始しました。新システムは、(1)事業継続性の確保、(2)セキュリティ対策の強化、(3)ユーザー利便性の向上、(4)情報活用の強化、(5)運用の効率化、(6)IT運用コストの抑制を目的としています。
 なお、株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)が、豊富なソリューションを組み合わせたハイブリッドインテグレーションにより、新システムを構築しました。

愛知県信用保証協会は、中小企業者が融資を受ける際の保証制度を提供しています。愛知県信用保証協会では、災害などの不測の事態が起きても、保証相談に円滑、迅速かつきめ細かな対応を行うことができるよう、情報共有システムの事業継続性の確保を決定し、併せて、利便性やセキュリティ対策の向上を図ることにしました。

具体的には、愛知県信用保証協会は、事業継続に必要となる情報共有システムとその関連周辺システムを再考し、従来、二重化の対象としていたシステムの適用範囲を拡大し、本店と支店間で業務情報のレプリケーション*1を行い、事業継続性を確保しました。

*1:データをリアルタイムにコピーする技術。ディザスタ・リカバリ対策として検討される

さらに、業務の特性上、機密性の高い情報を取り扱うため、指静脈認証システム「静紋」による生体認証の適用、情報漏洩防止ソリューション「秘文」によるデータの持ち出しの制御、および不正接続防止ソリューション「オープンネット・ガード」による未登録機器の接続防止など、セキュリティ対策の強化を図りました。一方、シングルサインオンソフトウェア「SRGate」などにより、各情報システムへの認証を簡略化し、ユーザーの利便性の向上を図りました。
 なお、愛知県信用協会では、運用の効率化・コスト抑制を目指し、日立ソリューションズに情報共有システムの構築から運用・保守までの全業務を委託しました。

愛知県信用保証協会は、今後もITを積極的に活用することで、お客様へのサービスの向上を目指して、より信頼される協会業務運営を行っていきます。
 また、日立ソリューションズは、今後も豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、信用保証協会に最適なシステムの提案・導入を推進します。

■ 愛知県信用保証協会の新・情報系システムの特長

1. 事業継続性の確保

  • 本店と支店の間で業務情報をレプリケーションし、冗長性を確保
  • サーバーラックに免震装置を導入するなど、サーバー室の環境を改善

2. セキュリティ対策の強化

  • 指静脈認証システム「静紋」とシングルサインオンソフトウェア「SRGate」を組み合わせ、生体認証による認証強化
  • 情報漏洩防止ソリューション「秘文」を導入し、PCからの情報の不正な持ち出しを制御
  • PCとファイルの暗号化を図ることで、安全な情報の活用を実現

3. ユーザー利便性の向上

  • シングルサインオンソフトウェア「SRGate」などにより、指静脈認証のみで各情報システムへの認証できるように簡略化し、ユーザーの利便性を実現
  • 保証協会共同システム「COMMONシステム」をはじめとする各情報システムへの共通認証を実現

4. 情報活用の強化

  • 文書管理システム「ラビニティOne」により保証申込関係書類のフォーマットなどを一元管理
  • 文書検索システム「InWeave Search」により、各システムに散在する情報資産の活用を促進

5. 運用の効率化

  • ユーザーID、パスワード、所属情報、ポリシーなどを一元管理する統合ID管理システムを実現
  • ジョブ運用やサーバーとネットワークのリソースの統合管理・監視を行うことで、運用の効率化

6. IT運用コストの抑制

  • 仮想化対応によりサーバーリソースの有効活用を図り、物理サーバー数を削減
  • ブレードサーバーを採用し、省電力化と設置スペースの削減

■ 稼働開始時期:: 

2013年1月15日

■ 愛知県信用保証協会について

1948年9月 設立。中小企業の皆さまが、金融機関から事業に必要なお金を借りるとき、その保証人となってお金が借りやすくなるようサポートする公的機関です。
URL:http://www.cgc-aichi.or.jp/

■ 新システムに採用された商品関連URL

<本システムに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:槇田、関口
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 「ラビニティOne」、「InWeave」、「静紋」、「秘文」、「オープンネット・ガード」「SRGate」は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。