ページの本文へ

Hitachi

クラウドシフトソリューション

いま、ビジネスの中核を担うITプラットフォームをクラウドシフト

熟練面談者のノウハウを学習したAIモデルが
多様な人財のスキル評価を支援

面談支援AIサービス

面談支援AIサービス
リモートワークによる1on1の増加や
ジョブ型人財マネジメントの導入により、多様な人財の評価が重要視される今
AIを活用し、面談の質を高めませんか?
問題

面談者の経験や好みによって、評価にばらつきがある。

面談者の経験や好みによって、評価にばらつきがある。イメージ
問題

経験の浅い面談者を育成したいが、すべての面談に同席できない。

経験の浅い面談者を育成したいが、すべての面談に同席できない。のイメージ
問題

一人ひとりの従業員と頻繁に1on1面談を行いたいが、日程がなかなか合わない。

面談支援AIサービス

熟練面談者のノウハウをAIが学習し、あたかも熟練面談者のように、寄り添って面談を支援するサービスです。

学習

  • 熟練面談者熟練面談者
  • 面談を録画面談を録画
  • 特徴量データ特徴量データ

利用

  • AIモデルAIモデル

面談中の動画と音声からAIが熟練面談者の評価結果を学習。
企業や組織、業務ごとに異なる評価指標や質問項目を設定可能で、多様な面談シーンで活用可能です。

従業員との1on1のほか、派遣社員のキャリア面談、転職エージェントの転職活動面談など、さまざまな面談シーンで定量的な評価の実現をサポートします。

解決策
定量的な評価
定量的な評価のイメージ

AIモデルが定量的な評価を支援します。

解決策
面談者の育成
面談者の育成のイメージ

熟練者のノウハウを学習したAIが、あたかも熟練面談者のように、すべての面談に寄り添い評価を支援します。

解決策
セルフ面談
セルフ面談のイメージ

まずはアバターに面談を任せ、後で面談者が面談内容をチェックし評価可能です。

作って(P)、使って(D)、チェック(C)、個別サポート(A)

AIで自分自身をモデル化することで、面談に追われることなく従業員のケアに注力できます。

AIで自分自身をモデル化することで、これまでできなかった従業員に対するケアが可能 のイメージ

面談支援AIサービスは、いつでも、どこでも、
さまざまなデバイスで面談を始められます

自宅や拠点、サテライトオフィスなどリモート環境においても、スマートフォンさえあれば、被面談者は面談者の予定を気にせず、いつでもどこでも、簡単な操作で気軽に面談を実施できます。

面談支援AIサービスは、いつでも、どこでも、さまざまなデバイスで面談を始められる のイメージ

面談支援AIサービスは、人材サービス業のほか、
オンライン教室やテレワークにおける多くの非対面業務のDXを促進します

面談支援AIサービスは、熟練面談者のみならず、カウンセラーや営業担当者、オンライン授業の講師など、幅広い業種、職種の多彩なプロフェッショナル人財のAIモデルの構築と各種非対面コミュニケーションを支援します。

人材サービス(派遣、転職)
人材サービス(派遣、転職)
面談時の動画・音声からAIが被面談者の面談スキルを予測し、その結果を参考に、スキルアップ指導やキャリア相談に活用。
オンライン教室(先生のティーチング力)
オンライン教室(先生のティーチング力)
オンライン授業を録画した動画から、AIが先生のティーチング力を予測し、その結果を参考に、先生がスキルアップ教育を受講。
テレワーク(チームのコンディション)
テレワーク(チームのコンディション)
チームメンバが行った自己診断の動画から、AIがコンディションを予測し、その結果を参考に、マネージャがチームメンバへのサポートを実施。