X線検査判定支援ソフトウェア

概要

X線装置を使った荷物検査において、AIを活用することで検査員を支援し、業務の効率化・負荷軽減を実現します。

こんな課題に

  • 検査員の負荷が高い
  • 人手不足
  • 検査員の育成難
  • 再検査による混雑
  • 検査レベルの維持・向上

導入イメージ

検査時間の改善

Before

  • 検査に時間がかかり、混雑やクレームが発生
  • 検査員は肉体的・心理的に負担が大きい
X線検査判定支援ソフトウェアのポイント

After

  • AIが検査対象物品を検出。視覚的支援により検査効率が向上し混雑やクレームが減少
  • 検査員の肉体的・心理的負担も軽減
X線検査判定支援ソフトウェアのポイント
空港・貨物、イベント会場・テーマパーク

警備の強化

危険物の持ち込みの見逃しなどを防止し、施設警備を強化

見逃しを防止し、施設自体や施設内の情報の警備を強化
施設警備

X線検査判定支援ソフトウェアとは?

AIを活用した自動判定技術を利用することで、X線による荷物検査の効率化・高精度化を実現する製品です。
突然ですが、こちらの荷物は、飛行機内に持ち込み可能でしょうか?

X線による荷物検査のイメージ

複数の荷物が重なっており見にくいですが、実は、ナイフとはさみが含まれているため、持ち込みできません。
検査員は、このようなX線画像を見て、迅速かつ正確な検査を連続で行う必要があります。 荷物検査において、検査員は安全を守る要としての役割がある一方で、入念な検査によって混雑が生じると顧客の満足度が低下するという相反する環境から、肉体的・精神的負荷が非常に高いことが課題となっています。
本製品は、AIを活用した自動判定技術により検査業務の推進をサポートすることで、安全かつ快適な環境を提供し、検査員の負担を軽減することに貢献します。

製品動画

AIが検査対象物品を検出する様子をご紹介しています。

導入効果

約40%の検査効率向上

精度のばらつきを抑え、高い水準に保つことで再検査を減らし、一定時間に検査できる量が増加
※日立製作所の実証実験の結果に基づく「X線検査判定支援ソフトウェア」技術の導入効果

検査員の負荷軽減

既存X線装置の操作はそのまま、AIが視覚的にサポートすることで検査員の負荷を軽減

検査員の育成を支援

システムに保管される撮影画像やAIによる判定結果を、検査員のトレーニング教材として活用可能

製品の特長

特長1 AIによる高精度な物品検出

AIによる物品検知を行います。検知対象物品があった場合、アラートを出して検査員に物品の存在を伝えることで、対象物品の見逃しを防止します。また、物品の追加学習を行うことで、導入後も精度が向上し、新たな禁止物にも対応可能です。

AIによる高精度な物品検出

特長2 既設X線装置をそのまま利用可能

X線装置から出力される映像を、検査用PCに取り込む構成のため、既設のX線装置はそのままで後付けで接続することができます。また、X線装置のメーカーによる制限はなく、任意の装置に接続可能なので、追加投資を抑えることができます。

既設X線装置をそのまま利用可能

特長3 複数のレーンをひとつの画面で集中監視

各レーンに設置した検査用PCをネットワーク接続することで、画面出力をひとつにまとめ、集中監視ができます。検査員の負荷が高く難しかった集中監視ですが、本製品により監視業務の負荷を軽減しながら各レーンへのアクションも可能となり、効率よく監視業務を行うことができます。

複数のレーンをひとつの画面で集中監視

特長4 柔軟なカスタマイズ対応

判定結果をパトランプで視覚的に明示したり、ソータ―の自動制御で、禁止物が検知された荷物を別レーンに移動するなど、設備との連携が可能です。また、物理的な構成や配置、ソフトウェアの設定はお客様の環境や運用に合わせてカスタマイズ・チューニングが可能です。

柔軟なカスタマイズ対応

本製品の利用には、別途、X線手荷物検査装置およびX線検査判定支援ソフトウェアをインストールするPCが必要です。

特長5 検査業務の可視化

X線装置の稼働状況がダッシュボードに表示されます。時間別の荷物数、検知物品数などを可視化し、検査員へのフィードバック、適切な人員配置を行うことができます。

検査業務の可視化

お客様の機器にてお試ししたい、製品に関して不明点がある場合などは、是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

カタログ

X線検査判定支援ソフトウェア

関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション コンテンツ一覧