ページの本文へ

Hitachi

トータルセキュリティソリューション

X線検査判定支援ソフトウェア|確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできるさまざまなセキュリティニーズに対応したソリューションを提供

X線検査判定支援ソフトウェア

X線装置を使った荷物検査において、AIを活用することで検査員を支援し、業務の効率化を実現します。

  • 検査員の負荷が高い
  • 人手不足
  • 検査員の育成難
  • 再検査による混雑
  • 検査レベルの維持

活用シーン

Before

検査に時間がかかり、混雑やクレームが発生
検査員の負荷も高く、見逃しリスクも高まる

X線検査判定支援ソフトウェアのポイント

After

AIが検査対象物品を検出
視覚的支援により検査効率・顧客体験が向上、検査員の負荷も低減

X線検査判定支援ソフトウェアのポイント

X線検査判定支援ソフトウェア導入のメリット

  • スループット向上 約40%

    精度のばらつき抑制と確認対象の絞りこみにより、一定時間に検査できる量が増加
    ※日立製作所の実証実験の結果に基づく「X線検査判定支援ソフトウェア」技術の導入効果

  • 撮影データの活用

    撮影画像をデータ化し、検査員の教育などに活用可能

  • 検査員の負荷軽減

    既存X線装置の操作はそのまま、AIが視覚的にサポートすることで検査員の負荷を軽減

製品動画

AIが検査対象物品を検出する様子をご紹介しています。

製品の5つの特長

特長1

材料と形状の二要素から特徴を検出することで検出精度を向上

特長2

検査結果をログに残せるため、撮影画像をデータ化し検査員の教育などに活用可能

特長3

追加学習をすることで、導入後も精度が向上、新しい禁止物にも対応可能

特長4

モニタ出力を分配して取り込むだけのため、既存装置や運用に影響なし

特長5

安全物の検出により検査員の目視範囲を限定
※本製品の利用には、別途、X線手荷物検査装置およびX線検査判定支援ソフトウェアをインストールするPCが必要です。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ