ページの本文へ

Hitachi

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文秘文の連携ソリューション

秘文は、マルウェア対策製品をはじめとしたさまざまな製品と連携することで、より強固なセキュリティシステムを実現できます。

秘文の連携ソリューション一覧

Microsoft Windows Server Update Servicesとの連携ソリューション

Windows Server Update Services(WSUS)サーバーによる秘文パッチの自動配信が可能です。
最新のWindows 10に対応するための、秘文Serverのバージョンアップやパラメータの再設計は不要。
WSUSサーバーへ秘文のパッチを登録することで、秘文クライアントへ自動配信できるので、ユーザーやシステム管理者の運用負荷を軽減できます。

Microsoft Windows Server Update Servicesとの連携ソリューション

NEWNEWリモートアクセスツールと
秘文の連携ソリューション

秘文は、リモートアクセスツールと連携し、管理者が許可したクラウドサービスなどへの通信以外は、必ずリモートアクセスツールの利用を強制させ、リモートアクセスツール経由で社内に接続させます。
これによりクラウドストレージや怪しいサイトへの直接通信を禁止できるので、情報漏洩やマルウェア感染のリスクを低減し、安全で快適なテレワーク環境をご利用いただけます。
パンデミックなどで、急遽テレワーク用のモバイルPCを配布したため、セキュリティ対策が不十分なままリモートアクセスツールを使って業務をしている場合などでも、すぐに対策可能です。

リモートアクセスツールと秘文の連携ソリューション
  • ※連携可能なリモートアクセスツール(順不同)(2020年10月時点)
  • RemoteView
  • ・DoMobile ASP

本機能は秘文 統合エンドポイント管理サービスで対応しております。
秘文 統合エンドポイント管理サービスの詳細は、紹介ページをご覧ください。

FireEye NXと秘文の
連携ソリューション

ファイア・アイ株式会社のマルウェア対策製品Fire Eye NXと連携し、秘文 Device Controlがマルウェア感染端末のネットワークを自動で遮断、感染端末からの情報漏洩や内部ネットワークへの感染拡大を防止します。また、自動遮断した端末上に警告画面を表示し、マルウェアに感染したことを利用者に通知することもできます。

FireEye NXと秘文の連携ソリューション
  • ※FireEyeは、FireEye,Inc.の登録商標です。

Palo Alto Networks PA-シリーズと
秘文の連携ソリューション

インターネットから侵入してくるマルウェアをPalo Alto Networks PA-シリーズが入口でブロック。未知のファイルに対してはマルウェア判定を行います。
PA-シリーズがマルウェアを検知すると、秘文 Device Controlが感染端末の利用者に警告表示することで、感染の可能性があることを注意喚起できます。また感染端末をネットワークから自動遮断することも可能です。

Palo Alto Networks PA-シリーズと秘文の連携ソリューション
  • ※Palo Alto Networks Logoは、米国Palo Alto Networks, Inc.の商標、または登録商標です。

Palo Alto Networks PA-シリーズ WildFireの詳細はこちら

FortiGateシリーズと
秘文の連携ソリューション

UTMアプライアンス Fortinet FortiGateシリーズの秘文連携機能により秘文 Data Encryptionで暗号化されたファイル(復号型機密ファイル)を識別し、暗号化された添付ファイルのメール送信を許可します。暗号化されていないファイルを添付したメール送信は遮断することが可能です。
また暗号化されていないファイルは送信できなくなるため、添付ファイルの暗号化というメールの運用ルールが徹底でき、内部統制を強化することができます。

FortiGateシリーズと秘文の連携ソリューション
  • ※本ソリューションは「秘文 Data Encryption」と、日立ソリューションズが一次代理店として販売する「FortiGate シリーズ」の導入を前提としたソリューションです。
  • ※Fortinet、FortiGate はFortinet, Inc. の登録商標です。

UTMアプライアンス Fortinet FortiGateシリーズの詳細はこちら

日立 拡散活動検知ソフトウェアと
秘文の連携ソリューション

日立 拡散活動検知ソフトウェアと 秘文 Device Controlが連携して、拡散活動検知ソフトウェアからの検知情報を受信すると、攻撃の起点となっている端末をネットワークから切り離します。これにより、攻撃者が重要情報を持ち出す前に攻撃を頓挫させ、お客様の大切な情報資産を守ります。
また、拡散活動検知ソフトウェアは、アラクサラネットワークス株式会社の「AX260A」とも連携します。

拡散活動検知ソリューションと秘文の連携ソリューション

拡散活動検知ソリューションの詳細はこちら
日立製作所のWebサイトへリンクします。

アラクサラネットワークス株式会社が提供する「AX260A」の詳細はこちら
アラクサラネットワークス株式会社のWebサイトへリンクします。
AlaxalAはアラクサラネットワーク株式会社の登録商標です。

Logstorageと
秘文の連携ソリューション

インフォサイエンス株式会社の「Logstorage」と連携することで、秘文のログをLogstorageに自動収集し長期的に保管・高速なログ分析を実現します。ログに対して電子署名を生成する機能があるため、改ざん検出を行うことも可能です。
また、秘文用のレポートテンプレートを用意しているほか、レポートの内容をGUI上で自由に設定・カスタマイズする機能によって、柔軟なレポーティングが可能です。

  • ※本連携ソリューションの秘文側の対応バージョンおよび設定の詳細は、当社の担当営業または販売代理店の担当窓口にお問い合わせください。
Logstorageと秘文の連携ソリューション
  • ※Logstorageは、インフォサイエンス株式会社の登録商標です。

インフォサイエンス株式会社が提供する「Logstorage+秘文連携ソリューション」の詳細はこちら
インフォサイエンス株式会社のWebサイトへリンクします。

秘文 Device Controlについてはこちら
秘文 Device Controlについてはこちら
秘文 Data Encryptionについてはこちら
秘文 Data Encryptionについてはこちら
ページの上部へ
ページの上部へ