ページの本文へ

Hitachi

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文 秘文AE ContentsGate

製品概要

特長

文書のIDを要録し、利用や保存を厳密にコントロール

・文書の持ち出し申請の簡易ワークフローを提供
・コンテンツ単位で持ち出しをコントロール
・用途に応じてファイル変換を自動化し、セキュリティポリシーを徹底
・ログ情報を記録し、いつ、誰が承認したかといった追跡が可能

機能

文書の持ち出し申請の簡易ワークフローを提供

社員から申請のあった文書は、上長が持ち出しの許可/却下処理を実施します。申請があったこと、申請が承認/却下されたことはメールにて当事者へ通知されます。

文書の持ち出し申請の簡易ワークフローを提供

コンテンツ単位で持ち出しをコントロール

秘文AE ContentsGateと秘文AE ContentsFilterで、承認されていないコンテンツの外部メディアによる持ち出しを制御できます。
ユーザー単位の持ち出し制御に加えて、コンテンツ単位でも制御できるため誤操作による機密情報の持ち出しなども抑止できます。

秘文AE ContentsFilterについてはこちらから

秘文AE ContentsGateとClearswift SECURE Email Gatewayと連携することで、承認されていない添付ファイルのメール送信を制御できます。

Clearswift SECURE Email Gatewayについてはこちらから

用途に応じてファイル変換を自動化し、セキュリティポリシーを徹底

上長が承認した文書の暗号化*1、PDF化*2、Zip形式への変換を自動的に実施。手間を掛けることなく適切かつセキュアな形で文書を取り扱うことができるため、セキュリティポリシーの徹底にも役立ちます。

  1. *1 自己復号型機密ファイル(exe形式)、機密ファイル(exe形式でない)への変換をサポートしています。
  2. *2 別途、日立ソリューションズ製品「活文PDFstaff」が必要となります。
用途に応じてファイル変換を自動化し、セキュリティポリシーを徹底

ログ情報を記録し、いつ、誰が承認したかといった追跡が可能

文書の一意情報や承認履歴情報をログに記録しているため、「いつ、誰が、どの内容で申請を行ったか」、「文書はどんな内容を含んでいるか」、「いつ、誰が承認を行ったか」といった追跡が行えます。情報漏洩発生時には、漏洩した文書の持ち出し申請者と承認者を把握可能。さらに承認時の元ファイルまで追跡し内容を確認できるため、第三者が開けない暗号化ファイルについても迅速に調査を行うことができます。

ログ情報を記録し、いつ、誰が承認したかといった追跡が可能

価格

下記表は横にスクロールできます。

製品名 標準価格
(税抜)
製品内容 含まれる
プログラム(機能)
備考
秘文AE ContentsGate Base 2,100,000円 ・インストールメディア
・ライセンス証書
・マニュアル
コンテンツ認証基盤 サーバー1台あたりの価格です。
秘文AE ContentsGate Base 1サーバー追加ライセンス 600,000円 ・ライセンス証書 コンテンツ認証基盤 追加サーバー1台あたりの価格です。
秘文AE ContentsGate Base 1アカウントライセンス 3,000円 ・ライセンス証書 ワークフローを利用するユーザー数のアカウントライセンスが必要です。
秘文AE ContentsGate 開発キット 300,000円 ・ライセンス証書 秘文AE ContentsGate Baseとワークフローシステムなどを連携する場合に必要になります。
※ 使用許諾権のみの提供です。

動作環境

製品・サービス
秘文について詳しく知りたい方はこちら
ページの上部へ
ページの上部へ