ページの本文へ

Hitachi

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文 Full Disk Encryption for 秘文

製品概要

特長

ハードディスク全体の暗号化とOS起動前の認証でクライアントPCの盗難・紛失による情報漏洩を防ぎます。

・ハードディスク全体を暗号化
・OS起動前(ブート時)の独自ユーザー認証
・Windows10に対応

Windows10でのご利用にあたっていくつか制限事項がございます。詳しくはサポート情報をご参照ください。

機能

ハードディスク全体を暗号化

・ハードディスクをOSのシステム領域を含め、全てのデータを暗号化します。
・インストールの際にハードディスク全体を暗号化します。バックグランドで暗号化するため、インストール中でも業務の継続が可能です。
・ログイン後、暗号化データはアクセス時に自動的に復号されます。ユーザーはデータ暗号化、復号を意識する必要はありません。

ハードディスク全体を暗号化

OS起動前(ブート時)の独自ユーザー認証

BIOS起動後のOS起動前に認証します。
・PCを起動すると、OS起動前に秘文独自のユーザー認証画面が表示されます。認証に失敗した場合、OSが起動しないのでPC内のデータにアクセスできません。
・Full Disk Encryption for 秘文の認証とWindows認証を連携し、Windows認証画面を省略することもできます。一度のログインで業務を開始することが可能です。

OS起動前(ブート時)の独自ユーザー認証

制限事項

Windows10でのご利用にあたっていくつか制限事項がございます。
詳しくは「Full Disk Encryption for 秘文でのWindows 10アップデートの対応状況/サービシングモデル(サービスオプション)の制限について」をご参照ください。

価格

下記表は横にスクロールできます。

製品名 標準価格
(税抜価格)
備考
Full Disk Encryption for 秘文 ¥16,000 一般利用者PC、およびセキュリティ管理者PC 1台あたりの価格です。

動作環境

下記表は横にスクロールできます。

クライアント
OS 次のいずれかのOS (日本語版または英語版)がインストールされていることが前提です。
32ビット版、または64ビット版に対応しています。
Windows 8.1 Pro (Update)*1*2
Windows 8.1 Enterprise (Update)*1*2
Windows 10 Pro*1*3*4
Windows 10 Enterprise*1*3*4
CPU 各OSで規定されているシステム要件に準ずる。
メモリー 32ビット版OSの場合:1GB以上[推奨2GB以上]
64ビット版OSの場合:2GB以上[推奨4GB 以上]
HDD ファームウェアがBIOSの場合:MBRディスク
UEFI*5の場合:GPTディスク
1GB以上の空き容量および、各ボリュームごとに32MBの連続領域が必要
前提プログラム .NET Framework 4.5、4.6、4.7、または4.8
  1. *1:起動前認証でタッチパネルに対応していますが、機種によっては動作しない場合があります。
    タッチパネルを使用する場合には、事前に検証を行ってください。
  2. *2:Windowsイメージファイルブート (WIMBoot機能)を使用してインストールされたOSには対応していません。
  3. *3:システムの圧縮 (Compact OS)を使用してインストールされたOSには対応していません。
  4. *4:以下のWindows 10アップデートに対応しています。記載のないアップデートに関しては未対応です。
    ① Windows 10 バージョン 1809 ビルド 17763
    ② Windows 10 バージョン 1903 ビルド 18362
    ③ Windows 10 バージョン 1909 ビルド 18363
    ④ Windows 10 Enterprise 2016 LTSB
    ⑤ Windows 10 Enterprise 2019 LTSC
  5. *5:ファームウェアがUEFI 32ビットのPCには対応していません。

下記表は横にスクロールできます。

Management Server(Hyper-V環境)、SmartEndpoint
OS 次のいずれかのOS (日本語版または英語版)がインストールされていることが前提です。
64ビット版のみに対応しています。
Windows 8.1 Pro (Update)
Windows 8.1 Enterprise (Update)
Windows 10 Pro*1
Windows 10 Enterprise*1
CPU 各OSで規定されているシステム要件に準じます。*2
メモリー 6GB以上[推奨8GB以上]
HDD 34GB以上の空き容量
前提プログラム Management Serverの場合
 Hyper-V
SmartEndpointの場合
 .NET framework 4.5、4.6、4.7、または4.8
 Visual C++ 2010、2012、2017再頒布可能パッケージ
  1. *1:以下のWindows 10アップデートに対応しています。記載のないアップデートに関しては未対応です。
    ① Windows 10 バージョン 1809 ビルド 17763
    ② Windows 10 バージョン 1903 ビルド 18362
    ③ Windows 10 バージョン 1909 ビルド 18363
    ④ Windows 10 Enterprise 2016 LTSB
    ⑤ Windows 10 Enterprise 2019 LTSC
  2. *2:論理プロセッサーが2つ以上、かつ、仮想化オプション(具体的には Intel Virtualization Technology(Intel VT)または AMD Virtualization(AMD-V)) が有効となっているプロセッサーが必要です

下記表は横にスクロールできます。

Offline Management Tool
OS 次のいずれかのOS (日本語版または英語版)がインストールされていることが前提です。
32ビット版、または64ビット版に対応しています。
Windows 8.1 Pro (Update)
Windows 8.1 Enterprise (Update)
Windows 10 Pro*1
Windows 10 Enterprise*1
CPU 各OSで規定されているシステム要件に準ずる。
メモリー 32ビット版OSの場合:1GB以上[推奨2GB以上]
64ビット版OSの場合:2GB以上[推奨4GB 以上]
HDD 32ビットOSの場合:1GB以上の空き容量
64ビットOSの場合:2.5GB以上の空き容量
前提プログラム .NET framework 4.5、4.6、4.7、または4.8
Visual C++ 2017再頒布可能パッケージ
  1. *1:以下のWindows 10アップデートに対応しています。記載のないアップデートに関しては未対応です。
    ① Windows 10 バージョン 1809 ビルド 17763
    ② Windows 10 バージョン 1903 ビルド 18362
    ③ Windows 10 バージョン 1909 ビルド 18363
    ④ Windows 10 Enterprise 2016 LTSB
    ⑤ Windows 10 Enterprise 2019 LTSC
製品・サービス
秘文について詳しく知りたい方はこちら
ページの上部へ
ページの上部へ