ページの本文へ

Hitachi

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文 秘文 Data Encryption

PCのログやセキュリティ管理をクラウドサービスで実現

概要

秘文 Data Encryptionは、PCのハードディスクや記録メディア(USBメモリー、CD/DVDなど)に加え、
ファイルサーバー上のフォルダの暗号化をまとめて1つのソフトウェア製品で提供いたします。
暗号化するファイルの保存先や用途、対策したいリスクに合わせ、さまざまな暗号化方式が利用できるので、
ビジネスの利便性を損なわず、高いセキュリティを実現できます。

こんな課題の方にお勧め!

盗難や紛失、内部不正による情報漏洩のリスクを低減したい
PCのユーザー認証を強化したい
マルウェアをエンドポイントで対策したい

暗号化 秘文 Data Encryption

主な機能

「秘文」導入をご検討の方

特長

① ユーザーに負担をかけずに暗号化を実現

ユーザーに意識させず、PC内のファイルを自動で暗号化/復号できるので、ビジネスの利便性を損ないません。

② 人的ミスによる情報漏洩を防止

USBメモリーなどでファイルを持ち出す場合は、暗号化ファイルのみコピーできるので、ユーザーのうっかりミスによる暗号化し忘れを防ぎ、情報漏洩を防止します。

③ 信頼の導入実績

暗号化ソフトウェアとして20年以上に渡り、業種や規模を問わず、さまざまなお客様に選ばれ続けており、シェアNO.1の実績を誇ります。

詳細は秘文とは
(*)株式会社 富士キメラ総研 「2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<市場編>」より

「秘文」導入をご検討の方

PCのログやセキュリティ管理をクラウドサービスで実現

秘文 Data Encryptionのポリシー管理やログ管理機能などをクラウドサービスで提供します。移行ツールによりクラウドサービスへ簡単に移行できるようになりました。移行により運用負荷を軽減できます。この機会にぜひご検討ください。

移行のメリット

コスト削減

サーバーのメンテナンスは当社が行うので、秘文 Serverの管理・運用コストを削減できます。

運用負荷軽減

秘文の最新パッチをクライアントPCに自動で配信できるので、運用負荷を軽減できます。また秘文の新機能もすぐにご利用可能です。

セキュリティ強化

エンドポイントを安全な状態に維持し、インシデントの発生を防止するセキュリティポスチャ機能を利用できます。

移行にあたって

クラウドサービスへの移行にあたっては注意点がございます。詳細はお問い合わせください。

移行をご検討の方

「秘文」導入をご検討の方

導入事例

秘文の導入事例はこちらから
秘文の導入事例はこちらから

セキュリティ対策コラム

情報漏洩などのセキュリティリスクを回避するための対策について、課題別にご紹介しています。

ピックアップ

最近のセキュリティリスクについて、秘文による対策をご紹介します。

FAQ

1ライセンスから購入できますか?

秘文 Data Encryptionは、1ライセンスからご購入いただけます。

暗号化の他にどのようなセキュリティ対策ができますか。

秘文 Data Encryptionは、マルウェア対策の機能も提供しています。安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域(Master Boot Recordなど)へのアクセスを許可することで、万が一マルウェアに侵入されても情報の窃取を防止します。

使用している暗号化アルゴリズムは何ですか?

AES 256bit、AES 128bitを選択できます。
ただし、ファイルサーバーの共有フォルダの暗号化はAES 128bitのみです。

秘文 Data Encryptionに関する質問をさらに表示

機密ファイルビューア
機密ファイルを復号するにはこちらから
サービス版 秘文 統合エンドポイント管理サービス
クラウドサービス版はこちらから
暗号化 秘文 Data Encryption カタログダウンロード
秘文 Data Encryptionについて
詳しく知りたい方はこちら
ページの上部へ
※販売終了製品の後継製品についてはお問い合わせください
ページの上部へ