ページの本文へ

Hitachi

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文テレワーク環境のVPNが遅い問題を解決!
~業務効率化とセキュリティ強化~

テレワーク環境でVPNが遅いと感じる原因

新型コロナウィルスを機に、パンデミック対策としてテレワークへの意識の高まりと取り組みがより一層進みました。
テレワークではセキュリティを考慮し、VPN接続を利用している企業が少なくありません。
しかし、テレワークの利用者が増加しVPNにアクセスが集中すると、ネットワーク帯域がひっ迫し、クラウドサービスやビデオ会議の画面が固ってしまうなど、業務に支障をきたすことがあります。
また、通常は営業など限られた部門でしかテレワークを利用しない企業でも、パンデミック時は利用部門が拡大し、ネットワーク帯域がひっ迫しやすいということもあるのではないでしょうか。

テレワーク環境のVPNが遅い原因であるネットワーク帯域のひっ迫

業務効率が落ちることで、セキュリティリスクが高まる恐れがあります

VPNの利用をテレワーク実施時のルールとして決めていたとしても、VPNの帯域がひっ迫すると、ユーザーがそれを回避するために、VPNを利用せず、直接インターネットへ接続する可能性があります。
VPNを経由せず直接インターネットに接続できてしまうと、許可していないクラウドサービスや、危険なサイトにアクセスし、マルウェアの感染や情報漏洩のリスクが高まります。

テレワーク環境のVPNが遅いからと直接インターネットへ接続するリスク

VPN帯域のひっ迫を回避し、快適で安全なテレワーク環境を実現

管理者が許可した信頼できる特定のクラウドサービスにのみ直接接続させることで、ネットワーク帯域のひっ迫を回避することができます。
業務でよく利用されるMicrosoft 365などには直接通信させることで、VPNへのアクセス集中を低減可能です。
また、それ以外の通信については、VPN利用を強制し、必ず社内ネットワーク経由で通信させるようにすることで、業務効率を向上させつつセキュリティの強化が可能です。社外からインターネットを利用する場合であっても、社内と同様のセキュリティを適用することができるので、許可していないクラウドサービスや、危険なサイトにアクセスし、マルウェアの感染や情報漏洩が起きるリスクを軽減できます。

テレワーク環境のVPNが遅い問題を解決する方法

快適で安全なテレワーク環境を実現する対策は、秘文 統合エンドポイント管理サービスで実現可能です。
秘文 統合エンドポイント管理サービスは、サービス提供なので、サーバーの構築が不要ですぐに利用することができます。
パンデミックなどで、急遽テレワークを実施する場合なども、簡単・手軽に対策可能です。
詳しくは、秘文 統合エンドポイント管理サービスのページをご確認ください。

テレワーク時の情報漏洩対策でセキュリティをさらに強化

テレワークでは、社外にPCやUSBメモリーなどを持ち出す機会が増え、情報が漏洩するリスクが高まります。
また自宅やカフェで業務を行う場合、他の社員の目が届かないため、不正行為が起きやすいと考えられます。
そのため機密情報を私物のPCやUSBメモリーに不正にコピーし、情報が漏洩してしまう可能性があります。
PC持ち出し時の情報漏洩や不正利用を防止する対策については、ピックアップ「テレワークで情報漏洩!?原因と対策ポイント」をご覧ください。

サービス版 秘文 統合エンドポイント管理サービス
クラウドサービス版はこちらから
ページの上部へ
ページの上部へ