ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

製品・ソリューション

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューションは、自らが利用者として全社導入にも成功したノウハウを活かし、特定のRPAツールに限らずRPAの活用を更に活性化させる独自製品を合わせてご提供します。
安心のサポート力と利便性を高める幅広いサービスで、RPAによる業務効率化推進をお手伝い致します。

AI-OCR

AIを活用し、多様なフォーマットから
データを自動抽出

  • IQ Bot

    Automation Anywhereが提供するAI-OCR

  • 活文 Intelligent Data Extractor

RPA

グローバルで豊富な導入実績を誇る
エンタプライズRPA

  • Automation 360

    完全クラウド対応の最新バージョン

iPaaS

人の判断が入る
複雑な業務も自動化

  • Workato

RPAの利用を支えるツール

  • JP1連携ソリューション for RPA

    ロボット管理を強化し、
    ロボットの品質向上と運用の自動化を支援

RPAの利用をまるごとお任せできるサービス

Automation 360
オートメーション・エニウェアが提供する最新のRPAプラットフォーム
Automation 360

Automation 360
(旧 Automation Anywhere Enterprise A2019)

あらゆる種類のユーザーのニーズに対応する、完全Web ベース・クラウド対応のRPAプラットフォームです。
オンプレミスとクラウド環境の両方でホスティング可能で、エンタープライズ クラスのデータ プライバシー、 セキュリティ、監査コンプライアンス機能を備えています。
従来より機能を大幅に強化し、ユーザー、開発者、管理者それぞれの立場の課題に対応します。

詳細はこちら
Automation Anywhere
高い開発生産性と優れたメンテナンス性、Botの部品化、再利用可能な部品マーケット利用による開発効率化。
Botの共有・活用、情報漏えい対策、ライフサイクル管理、高可用性を考慮した管理機能。
Automation Anywhere

Automation Anywhere

グローバルで豊富な導入実績を誇るリーディングエンタープライズRPAプラットフォーム。
さまざまな業務要件に対応し、部門導入から全社導入まで対応可能です。

新規販売終了 後継製品のAutomation 360をご覧ください。

Automation 360へ
RPA業務支援BPOサービス
RPAにかかわる業務をまるごとおまかせ! 
RPA業務支援BPOサービス

RPA業務支援BPOサービス

RPA業務支援BPOサービスは、ロボット開発や社内問い合わせ対応、運用などのRPA推進部門の業務をまるごと代行するサービスです。 RPAの全社展開のボトルネックを解消し、RPA活用拡大を強力にサポートします。

詳細はこちら
Workato
チャットボットを介して人に確認することで業務全体を自動化。クラウドサービスの画面変更にも強い。
Workato

Workato

人の判断が入る業務や予期せぬ画面変更などが起こるクラウドサービスなど、RPAでの自動化を断念した業務を自動化。
人とRPAロボットの協働作業を実現します。

詳細はこちら
IQ Bot
RPAのための非定形帳票対応AI-OCR。
IQ Bot

IQ Bot

豊富な学習機能で継続的な精度向上が可能なAI-OCR。
帳票ごとに最適なOCRエンジンを選択できるため、現場の業務にフィットする形で効果的なデータ化を実現。
さらにRPAとのシームレスな連携が可能。

詳細はこちら
FortressIQ
プロセスマイニングにより業務プロセスを見える化できるサービス
FortressIQ

FortressIQ

ユーザーの作業をAIで解析し、業務プロセスを効率的に可視化して、業務のボトルネックを明らかにするサービスです。

詳細はこちら
活文 Intelligent Data Extractor
異なる書類でも様式を自動認識・機械学習、適格なデータを自動抽出。
活文 Intelligent Data Extractor

活文 Intelligent Data Extractor

社外から受領した請求書や注文書などの、多様な形式の紙書類に記載されている情報を自動抽出します。
紙書類のシステム入力業務にかかる作業コストを低減し、業務効率化を支援します。

詳細はこちら
JP1連携ソリューションfor RPA
柔軟なスケジュール設定、実行状況の視認性向上により効率の良いRPA運用を支援。
JP1連携ソリューションfor RPA

JP1連携ソリューションfor RPA

統合システム運用管理JP1と各種RPA製品の連携により、柔軟なソフトウェアロボットの実行や一元的な予実績管理を実現。
バックオフィス業務のさらなる運用効率化と信頼性の維持・向上を実現します。

詳細はこちら

RPAのお役立ち情報

CASE 事例

  • RPA導入事例 清水建設株式会社様
    建設 従業員10,384名
    RPAツールを1つに集約して全社展開。統合管理を実現し、効率的な運用が可能に

    清水建設株式会社様

    複数種のRPAツールを使用していたため、ライセンスコストが割高で、部門間の共有や共通化もできていなかった。「Automation Anywhere」を導入し、ロボットを一元管理する仕組みが完成。運用が効率化され、ライセンスコストも低減。

  • RPA導入事例 アズビル株式会社様
    製造業 従業員9600名
    RPA製品のうちで唯一「Windchill」を自在に操作できたことが採用の決め手に

    アズビル株式会社様

    Windchillの標準画面と、実際の業務に必要な画面のギャップを埋めるためにRPAを活用。
    Windchillへのデータ登録作業を省力化し、5カ月で200時間の工数削減に成功。

  • RPA導入事例 イワキ株式会社様
    医薬品 従業員290名
    「RPAによる手作業の自動化」。「使いこなし」までのフォローアップが採用の決め手に

    イワキ株式会社様

    顧客ごとに受注プログラムが存在し、システム連携操作が煩雑になっていたが、RPAで基幹システムへの入力やデータの受け渡しを自動化。
    また、ロボット開発のルールを定めて標準化を促進。

FAQ よくあるご質問

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
見積もり依頼、RPA製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
RPA製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ