ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

JP1連携ソリューション for RPA

JP1連携ソリューション for RPA
統合システム運用管理JP1と各種RPA製品の連携により、柔軟なソフトウェアロボットの実行や一元的な予実績管理を実現。バックオフィス業務のさらなる運用効率化と信頼性の維持・向上を実現します。

RPA運用管理における課題

【RPA導入だけでは不十分なケース】
  • 休日にあたる定期処理は、営業日に振り替えたいけど、面倒…
  • 処理が終わらないけど、状況がわからない… まだ処理中?それとも止まってる?
  • 別部署からのデータが届かないと業務を始められないので、帰れない…
  • 空いてるソフトウェアロボット実行環境を有効活用したい

JP1と連携することで細かな運用が可能になります

  • ①柔軟なスケジュール設定が可能

    休業日の自動振替実行など、業務カレンダーに合せた柔軟なスケジュール実行ができます。

  • ②-1 ロボットの実行状況の視認性向上

    複数のロボットの予実績、実行状態を状態別に色分けし、ガントチャートで表示・確認できます。

  • ②-2 ロボットの遅延を検知/通知

    ロボットで操作するアプリケーションの応答待ちや、システムのレスポンス低下などによる作業遅延を、ロボット業務を継続させたまま検知、通知できます。

  • ③RPAを含む業務全体を自動実行

    RPAを含む複数のジョブで構成される業務を順序付けして自動実行。実行順序はGUI操作で容易に定義することが可能です。

  • ④ロボット業務の稼働率を向上

    空いてる実行環境にロボットを自動で振り分けます。またロボット実行環境との接続が切れていることを検知、通知することで迅速な復旧を支援します。

(1)デイリースケジュール表示例

下記表は横にスクロールできます。

(2)実行順序制御の例

下記表は横にスクロールできます。

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ