ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション)について解説します。

ABOUT RPAとは?

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語で、パソコンで行っている事務作業を自動化できるソフトウェアロボット技術のことです。
RPAはパソコン上で人が日常的に行っているマウス操作やキーボード入力などの操作手順を記録し、それを高速で正確に実行することができます。その結果、既存の事務的業務を効率化させ、生産性を向上させることが可能になります。
RPAを導入するメリットは、業務の効率化や生産性向上に加え、人的ミスの削減、事務作業から解放された従業員のモチベーションの向上、より付加価値の高い仕事に集中できる、人手不足の解消、といったことがあげられます。

RPAの情報収集を始めた皆様に最適な資料のご案内

年間約30万時間の削減に成功した
日立ソリューションズのノウハウが満載

失敗しないRPA導入手順および
製品選定のポイント

注目されている理由

各企業は、働き方改革実現に向け、人に代わって仕事をするRPAに注目しています。

各企業は、人に代わって仕事をするRPAに注目!

RPA適用による効果

「毎日」「大量」「繰り返し」 行われる業務は、IT投資(システム開発/BPO)で効率化し、
システム化しても費用対効果が小さい業務は、RPA適用で効率化します。
個々のボリュームは小さくても数が膨大にあるため積上げると大きな効果が見込めます。

RPAに適した作業分類

データを複数のシステムに入力したり、データ同士を突合せしたり収集したデータを元にレポート作成をするといった作業で効果があります。

転記作業
1つのデータを
複数のシステムに入力
導入前
導入後
チェック作業
登録済データ(Excel等の元データ)を
別システムのデータと突合せ
導入前
導入後
レポート作業
複数のシステム/媒体からデータを
収集してレポートを作成
導入前
導入後

RPAのお役立ち情報

RPAの動画解説やホワイトペーパー、
RPAセミナーレポートなど
様々なコンテンツをご用意。

PRODUCTS RPAの選び方

導入のメリットが大きいRPAですが、一方で短所もあり、例外処理に対応できず、エラーが発生すると停止してしまったり、自分で判断ができないために指示された作業しか行うことができません。こういった問題に対応するために大幅な業務フローの組みなおしやシステム改修が必要になったり、メンテナンスが煩雑になる場合は、デメリットも大きくなります。
RPAを導入する際には、どんな作業を自動化したいのか、その内容がコストに見合うのか、しっかり検討しておくことが大事だと言えます。

RPA製品のご紹介

オートメーション・エニウェアが提供する最新のRPAプラットフォーム

Automation Anywhere Enterprise A2019

あらゆる種類のユーザーのニーズに対応 する、完全Web ベース・クラウド対応のRPA プラットフォームです。
オンプレミスとクラウド環境の両方でホスティング可能で、エンタープライズ クラスのデータ プライバシー、 セキュリティ、監査コンプライアンス機能を備えています。
従来より機能を大幅に強化し、ユーザー、開発者、管理者それぞれの立場の課題に対応します。

詳細はこちら
グローバルで豊富な導入実績を誇るリーディングエンタープライズRPAプラットフォーム

Automation Anywhere

高い開発生産性と優れたメンテナンス性、Botの部品化、再利用可能な部品マーケット利用による開発効率化。
Botの共有・活用、情報漏えい対策、ライフサイクル管理、高可用性を考慮した管理機能。
さまざまな業務要件に対応し、部門導入から全社導入まで対応可能です。

詳細はこちら

ONDDEMAND オンデマンドセミナー

RPA製品のご紹介や業務の効率化に役立つ情報が動画でご覧いただけます。RPA選びの参考にぜひご覧ください。

Automation Anywhere A2019やIQ Botなどの製品のご紹介や過去に開催したウェビナーが視聴できます。

CASE 導入事例

日立ソリューションズが提供するRPA業務自動化ソリューションの導入事例、適用例をご紹介します。

  • 製造業 従業員9600名
    RPA製品のうちで唯一「Windchill」を自在に操作できたことが採用の決め手に

    アズビル株式会社様

    Windchillの標準画面と、実際の業務に必要な画面のギャップを埋めるためにRPAを活用。
    Windchillへのデータ登録作業を省力化し、5カ月で200時間の工数削減に成功。

  • 医薬品 従業員290名
    「RPAによる手作業の自動化」。「使いこなし」までのフォローアップが採用の決め手に

    イワキ株式会社様

    顧客ごとに受注プログラムが存在し、システム連携操作が煩雑になっていたが、RPAで基幹システムへの入力やデータの受け渡しを自動化。
    また、ロボット開発のルールを定めて標準化を促進。

  • テレビ・放送 従業員840名
    単純な作業のRPA化により、業務負荷だけでなく心理的負担も軽減。

    スカパーJSAT株式会社様

    オフィス移転に伴う働き方改革で業務改革とRPA活用に着手。
    作業時間や工数の削減以外に、休暇時の業務代行依頼や、期限内の業務完遂などの心理的負担も軽減。

TASK 動画で学ぶRPA運用の課題

RPAを導入してみたは良いものの、「期待したのに効果が出ていない!」「投資対効果が分からない」と思っている方、必見!
RPAの様々な課題について、解決策をシリーズ形式でお伝えする番組です。

SELECT RPAの全社展開にむけて
日立ソリューションズが選ばれる理由

  • RPAツールの販売だけでなく、
    導入前の方針づくり、導入後の運用も一括してサポート。

    「Automation Anywhere」の販売だけでなく、ガイドラインの作成、トレーニング、
    FAQ窓口など、RPA定着に向けた包括的なサポートを実施。

  • 年間約30万時間の削減に成功したRPA活用ノウハウをご提供。

    2017年からRPAの本格検討を開始し、稼働中のロボット数は250を超え、
    全体で年間約30万時間の削減効果に繋げたノウハウをご提供。

  • 特定のRPAツールに限らない運用の支援。
    異なるRPAツールの共存もお手伝い。

    日立ソリューションズのRPAソリューションは様々なRPAツールに対応。
    複数の異なるRPAツールの共存を推奨しており、
    既存RPAツールをリプレイスすることによるリスクへの心配は不要。

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューションは、自らが利用者として全社導入にも成功したノウハウを活かし、特定のRPAツールに限らずRPAの活用を更に活性化させる独自製品を合わせてご提供します。
安心のサポート力と利便性を高める幅広いサービスで、RPAによる業務効率化推進をお手伝い致します。

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ