ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

RPAとは

RPAとは?(ロボティック プロセス オートメーション)導入事例も解説!|RPA業務自動化ソリューション

RPA(Robotic Process Automation)について解説します。

ABOUT RPAとは?

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語で、パソコンで行っている事務作業を自動化できるソフトウェアロボット技術のことです。
RPAはパソコン上で人が日常的に行っているマウス操作やキーボード入力などの操作手順を記録し、それを高速で正確に実行することができます。その結果、既存の事務的業務を効率化させ、生産性を向上させることが可能になります。
RPAを導入するメリットは、業務の効率化や生産性向上に加え、人的ミスの削減、事務作業から解放された従業員のモチベーションの向上、より付加価値の高い仕事に集中できる、人手不足の解消、といったことがあげられます。

事務処理をする従業員
  • 従来
  • 人手で行っていた事務処理
キーボード入力 マウス操作

導入ステップ

  • 操作を記録
    パソコンのマウス操作、キーボードの入力などの事務処理を記録
  • 自動実行
    記録した操作を迅速・正確・確実にロボットが代行
事務処理をするロボット
  • RPA
  • ロボットが事務処理を代行
迅速・正確・確実 画像はイメージです

画像はイメージです

  • ホワイトカラーの業務の生産性向上
  • 単純ミスの削減(迅速かつ正確)
  • 人間にしかできない事業に集中できるようになり、より付加価値の高い事業創生に貢献
  • 従業員の働くモチベーションを向上

RPAのクラスについて

業務自動化には3つの段階(クラス)があります。

Class1. RPA
(Robotic Process Automation )

RPAとはRobotic Process Automationの略です。
定型業務の自動化を実施する段階です。
クローリングなどの情報収集、構造データの読み取り・入力・検証などの自動化が可能ですが、実質的にはプロセスの自動化にはいたらず、デスクトップ作業の自動化「RDA(Robotic Desktop Automation)」にとどまるケースも多く見られます。
現在、日本でRPAを導入している企業の多くはこのクラスの段階です。

Class2. EPA
(Enhanced Process automation)

EPAとはEnhanced Process Automationの略です。
その名のとおり、RPAよりもさらに強化された自動化の段階を指します。
AIと連携し、非構造データの扱いやナレッジベースの活用など、非定型業務の自動化が可能になります。
この段階になると、DXやハイパーオートメーションの実現といったキーワードも現実味を帯びてきます。

Class3. CA
(Cognitive Automation)

CAとはCognitive Automationの略です。
コグニティブ技術による高度な自律化を実現します。
高度な人工知能により、作業の自動化のみならず、プロセスの分析や改善、意思決定の自動化、ディープラーニングや自然言語処理も行います。

RPAの情報収集を始めた皆様に最適な資料のご案内

年間約30万時間の削減に成功した
日立ソリューションズのノウハウが満載

失敗しないRPA導入手順および
製品選定のポイント

失敗しないRPA導入手順および製品選定のポイント

RPAが注目されている背景

各企業は、働き方改革実現に向け、人に代わって仕事をするRPAに注目しています。

企業は働き方改革実現に向け、
長時間労働対策、業務の生産・品質向上など、
さまざまな施策を講じています。

企業の命題
企業の命題
  • 働き方改革
  • 業務品質向上
  • 業務生産性向上
  • 長時間労働対策
  • 人手不足
  • 競合との競争力向上

しかし間接的な業務は山ほどあるが、
これ以上改善策が見いだせない。

日常業務の改善は限界
日常業務の改善は限界

各企業は、人に代わって仕事をするRPAに注目!

RPA適用による効果

「毎日」「大量」「繰り返し」 行われる業務は、IT投資(システム開発/BPO)で効率化し、
システム化しても費用対効果が小さい業務は、RPA適用で効率化します。
個々のボリュームは小さくても数が膨大にあるため積上げると大きな効果が見込めます。

RPA適用による効果

RPAが得意とする作業

データを複数のシステムに入力したり、データ同士を突合せしたり収集したデータを元にレポート作成をするといった作業で効果があります。

転記作業
1つのデータを
複数のシステムに入力
導入前 RPAに適した作業分類
導入後 RPAでの転記作業
チェック作業
登録済データ(Excelなどの元データ)を
別システムのデータと突合せ
導入前 RPAに適した作業分類
導入後 RPAでのチェック作業
レポート作業
複数のシステム・媒体からデータを
収集してレポートを作成
導入前 RPAに適した作業分類
導入後 RPAでのレポート作業

RPAのお役立ち情報

RPAの動画解説やホワイトペーパー、
コラム、RPAセミナーレポートなど
さまざまなコンテンツをご用意。

RPAのお役立ち情報

RPAとAIの違い

RPAとAIは混同されることがよくあります。
しかし、実際はそれぞれまったく別の特長と役割を持っています。

RPAは「実行」を担うものです。指示された作業を正確に行います。
人間でいえば作業を行う「手」の役割です。
「手」は何かを考えることはできないので、作業を行う中で何かイレギュラーが発生したり、判断が必要な場面に直面すると、停止してしまいます。

一方、AIは人間でいうところの「脳」といえます。
学習し、判断を行うことができます。
つまり、RPAとAIを連携させてAIに判断を、RPAに作業を任すことができれば、より多くの業務を自動化することができるようになり、クラス2「EPA」が実現できるのです。

RPA

実行

手の役割

  • 作業の実行を担当。人間の「手」に相当
  • 指示された作業を正確に行う。判断はできない。
  • 判断が不要な定型業務、反復作業の自動化に適している

AI

判断

頭脳の役割

  • データに基づき、自律的に判断する。人間の「脳」に相当
  • 判断を元にRPAに作業の指示を行える
  • 作業改善などの提案ができる

RPAの導入手順について

目的・目標の設定

  • RPA導入の目的が明確であること
  • 目標・ゴール設定が明確であること

この2点は、RPA導入の成功事例に共通していることです。
目的とゴールがしっかりしていれば、明確な実行計画が立てられるからです。

  • Step1.導入目的の整備

    1. ① 導入する背景を整理する
      例:働き方改革、人手不足
    2. ② その背景に対する課題を整理する
      例:長時間労働、業務ノウハウの属人化
    3. ③ 課題から目的を設定する
      例:労働時間の削減、業務プロセスの可視化と最適化
  • Step2.RPA適用業務の選定

    前述のとおり、RPAが得意とする作業分野というものがあります。
    その分類にしたがって、どのような業務がRPAで自動化できるか各部門で検討します。
  • Step3.目標設定

    最初に設定した目的に沿って、目標(KPI)を設定します。
    定量的なものと定性的なものと、両方設定するとよいでしょう。

    例えば、定量的な目標であれば

    • 残業時間の削減
    • 作業ミス発生件数の減少

    定性的な目標であれば

    • 残業時間の減少による従業員エンゲージメント
    • ミスの削減による顧客満足度

    などが考えられます。

  「失敗しないRPA導入手順および製品選定のポイント」の資料では、より詳しい解説とともに、RPA適用業務例のリストや、KPI設定シートのサンプルも掲載しています。

 

製品の選定

目的、目標が明確になり、実行計画を立てられれば、RPA製品の選択基準も明確になります。
よくある失敗例は、製品の特長よりも価格重視で選定してしまい、結局求めている自動化が実現できずにRPA導入の効果が得られなかった、というケースです。
また、最初は安価なもので十分だったものの、いざ全社展開をしようとするとスケールに膨大なコストがかかるなどして、余計な工数や費用が発生してしまう場合もあります。
最初から、RPAに求めることや、先々の全社的なRPA活用についても視野に入れておくことが重要と言えます。

日立ソリューションズは、自社でRPA活用を推進し、さらに多くのお客様のRPA導入、全社展開を支援してきました。その経験を踏まえ、日立ソリューションズが考える製品選定の際の重要なキーワードは以下のとおりです。

  • 業務プロセス・ROIの可視化
  • 業務に適合性があること
  • 高度な開発機能
  • 高度な運用・管理機能
  • 拡張性
  • 連携機能
  • 先進的である
  • 高可用性
  • セキュリティ
  • コストメリット

日立ソリューションズはこれらのキーワードを満たす製品として、Automation AnywhereのRPAをおすすめしています。

詳しくはこちら
 

導入・運用

いよいよ本格的に導入するとなると、運用も踏まえて準備をする必要があります。

  1. 運用体制の整備

    まず、RPAセンター(CoE)を設置し、運用やロボット開発、社内からの問い合わせに対応する体制を整えます。
    次に、運用ルールやロボット開発のガイドライン、FAQなどを作成し、RPAに関する業務がスムーズに行えるよう準備します。

  2. ユーザー部門への展開

    ユーザー部門でRPAを活用してもらえるよう働きかけます。
    説明会でRPAのデモや、自動化に適した業務の説明など行い、自動化対象業務を選定します。
    各部門でロボット開発を行う場合は、開発方法についての勉強会も実施することが必要です。

  3. ナレッジの共有

    全社でロボットや、ロボットの部品を共有できれば、似たような作業をするロボットがすでに社内で使われていればそれを活用し、開発工数を減らせます。
    また、開発者同士のコミュニティがあれば、社内で開発ノウハウを共有することができます。

失敗しないRPA導入手順および製品選定のポイント」の資料では、より詳しい解説を掲載しています。

RPAを全社展開して活用するためには、導入した後の運用業務が大切です。
しかし、リソースやノウハウ不足でなかなか運用体制が整えられず、全社展開にいたらないケースも多く見られます。
日立ソリューションズの「RPA業務支援BPOサービス」は、ロボット開発や社内問い合わせ対応、運用などのRPA推進部門の業務をまるごと代行し、お客様のRPA活用拡大をサポートします。

PRODUCTS RPAの選び方

導入のメリットが大きいRPAですが、一方で例外処理に対応できず、エラーが発生すると停止したり、指示された作業しか行えないなどの短所もあります。こういった問題対応に大幅な改修やメンテナンスなどが必要になると、「期待していたほど効果が出ていない」という結果になりかねません。
RPAを導入する際には、どんな作業を自動化したいのか、その内容がコストに見合うのかをしっかり検討し、またツール選定の際は、「設計のしやすさ」や「変更のしやすさ」も考慮することが大切です。

RPA製品のご紹介

Automation 360
オートメーション・エニウェアが提供する最新のRPAプラットフォーム
Automation 360

Automation 360
(旧 Automation Anywhere Enterprise A2019)

あらゆる種類のユーザーのニーズに対応する、完全Web ベース・クラウド対応のRPAプラットフォームです。
オンプレミスとクラウド環境の両方でホスティング可能で、エンタープライズ クラスのデータ プライバシー、 セキュリティ、監査コンプライアンス機能を備えています。
従来より機能を大幅に強化し、ユーザー、開発者、管理者それぞれの立場の課題に対応します。

詳細はこちら
Workato
低コストでスピーディーにシステム統合し、業務プロセス自動化を実現するiPaaS
Workato

Workato

人の判断が入る業務や予期せぬ画面変更などが起こるクラウドサービスなど、RPAでの自動化を断念した業務を自動化。
人とRPAロボットの協働作業を実現します。

詳細はこちら
RPA業務支援BPOサービス
RPAにかかわる業務をまるごとおまかせ!
RPA業務支援BPOサービス

RPA業務支援BPOサービス

RPA業務支援BPOサービスは、ロボット開発や社内問い合わせ対応、運用などのRPA推進部門の業務をまるごと代行するサービスです。 RPAの全社展開のボトルネックを解消し、RPA活用拡大を強力にサポートします。

詳細はこちら

RPAリプレイスについて

RPAの活用が進むにつれて、お使いのRPAの機能だけでは事足りなくなることあります。
自動化のレベルを一段階上げようとされているお客様には、RPAのリプレイスをおすすめします。
Automation Anywhereは、自動化のレベルを一段階あげようとされているお客様にも、選ばれている製品です。

お問い合わせはこちら

日立ソリューションズ社員がAutomation Anywhereの公式本を執筆しました

Automation Anywhere初の日本語解説書です。
製品の基本操作からBotの作成手順、さらにはExcel処理やWeb入力、SAP・Citrix連携まで事細かに解説しています。

Automation Anywhere Enterprise 開発・運用ガイド

ON-DEMAND 無料オンデマンドセミナー

RPA製品のご紹介や業務の効率化に役立つ情報が動画でご覧いただけます(無料*)。RPA選びの参考にぜひご覧ください。

Automation AnywhereやIQ Botなど、製品のご紹介や過去に開催したウェビナーが視聴できます。

オンデマンドセミナー

*ご視聴にかかる通信料は除く

TASK 動画で学ぶRPA運用の課題

RPAを導入してみたは良いものの、「期待したのに効果が出ていない!」「投資対効果が分からない」と思っている方、必見!
RPAのさまざまな課題について、解決策をシリーズ形式でお伝えする番組です。

CASE 導入事例

日立ソリューションズが提供するRPA業務自動化ソリューションの導入事例、適用例をご紹介します。

  • RPA導入事例 清水建設株式会社様
    建設 従業員10,384名
    RPAツールを1つに集約して全社展開。統合管理を実現し、効率的な運用が可能に

    清水建設株式会社様

    複数種のRPAツールを使用していたため、ライセンスコストが割高で、部門間の共有や共通化もできていなかった。「Automation Anywhere」を導入し、ロボットを一元管理する仕組みが完成。運用が効率化され、ライセンスコストも低減。

  • RPA導入事例 アズビル株式会社様
    製造業 従業員9600名
    RPA製品のうちで唯一「Windchill」を自在に操作できたことが採用の決め手に

    アズビル株式会社様

    Windchillの標準画面と、実際の業務に必要な画面のギャップを埋めるためにRPAを活用。
    Windchillへのデータ登録作業を省力化し、5カ月で200時間の工数削減に成功。

  • RPA導入事例 イワキ株式会社様
    医薬品 従業員290名
    「RPAによる手作業の自動化」。「使いこなし」までのフォローアップが採用の決め手に

    イワキ株式会社様

    顧客ごとに受注プログラムが存在し、システム連携操作が煩雑になっていたが、RPAで基幹システムへの入力やデータの受け渡しを自動化。
    また、ロボット開発のルールを定めて標準化を促進。

SELECT RPAの全社展開にむけて
日立ソリューションズが選ばれる理由

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューションは、自らが利用者として全社導入にも成功したノウハウを生かし、特定のRPAツールに限らずRPAの活用をさらに活性化させる独自製品を合わせてご提供します。
安心のサポート力と利便性を高める幅広いサービスで、RPAによる業務効率化推進をお手伝い致します。

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
見積もり依頼、RPA製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
RPA製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ