ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

Workato(ワーカート)

Workato
既存のRPAを活用して自動化できる業務を増やす!Workatoは複数の作業を含む一連の業務フロー全体の自動化を実現するクラウドサービスです。

導入したRPAのフル活用を促進!-Workato-

せっかく導入したRPAを有効に活用できていない現状・・・RPAにもっと仕事をさせたい!RPAをもっと手軽に利用したい!

  • 業務の一部に人による確認や判断が必要な場合は、RPAによる自動化対象から除外せざるを得ない
  • 権限を持っていないユーザはRPAを手軽に利用できない
  • クラウドサービスを操作するロボットは改修が頻繁に発生
  • 業務毎に異なるRPA製品を使用している場合、ロボット同士の連携ができない

RPA導入で見えてきた課題

下記表は横にスクロールできます。

RPAが有効に活用されないていない要因は他にも・・・

下記表は横にスクロールできます。
人手による確認や判断が入る業務が多く自動化が困難
  • ■業務の一部に人による確認や判断が必要な業務は、RPAの自動化対象業務から除外
  • ■自動化に適するようにユーザ部門を巻き込んだ業務の再構築が必要
RPAを手軽に利用できない
  • ■権限を持っていないユーザはRPAを実行できない
  • ■RPA画面の操作を覚える必要があり簡単にRPAを利用できない
クラウドサービスを操作するロボットの改修が頻繁に発生
  • ■クラウドサービス側のバージョンアップや小規模変更の都度、影響を受けるロボットの洗い出しと動作確認、シナリオ修正作業が必要に
複数製品のRPAロボットが動作し連携できない
  • ■業務ごとに必要なロボットは存在するもののRPA製品が異なるため業務全体を自動化するために各ロボットを組み合わせることが難しい

Workatoの4つの特長

特長① 今まで自動化できなかった業務も自動化できる

途中で人の判断が必要になる業務でも、自動化できます!

途中で人の判断が必要な業務は、諦めてましたよね?
本ソリューションは、RPAと人をチャットの対話で繋ぐことで、判断を必要とする業務もRPA自動化の対象にすることができます。

下記表は横にスクロールできます。

特長② チャットを使って手軽にRPAを利用できる!

チャットからRPAに仕事を依頼できます!

RPAに仕事をさせるのって、案外面倒だったりしますよね?
本ソリューションは、チャットからRPAを実行できるため面倒なRPA画面の操作が不要で誰でもRPAに仕事をさせることができます。

下記表は横にスクロールできます。

特長③ クラウドサービスの画面変更にも強い

クラウドサービスの画面変更にも強い!

クラウドサービスの予期しない画面変更によりロボットが動かなくなった経験ありますよね?
クラウドサービスはRPAの画面操作に頼ることなく自動化でき画面の変更を受けず、自動化が止まることがありません。

下記表は横にスクロールできます。

特長④ 今あるロボットをそのまま活かせる

既存のRPAロボットを部品として使える!

せっかく作った稼働中のロボットは有効に利用したいですよね?
作成済みのRPAロボットは変更することなく業務全体の部品として使えるため、新たにロボットを作る必要がありません。

下記表は横にスクロールできます。

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ