ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション 【ホワイトペーパー】

RPA(ロボットによる業務自動化) 導入や年間にかかる費用についての調査

~使用しているRPAツールによって、年間費用は100万円以上か100万円以下か大きく変わる~
【ホワイトペーパー】RPA(ロボットによる業務自動化) 導入や年間にかかる費用についての調査

株式会社日立ソリューションズは、「RPA(ロボットによる業務自動化)導入企業のRPA導入状況や費用・満足度の実態を把握するための調査」を実施しました。

RPA導入済企業の導入担当者、もしくはRPA導入決定権を持つ部署に所属している人100名を対象に、「RPAツールの導入形態」「RPA導入にかかった初期費用」「RPAの運用にかかっている年間費用」「SIerの費用対効果について」「RPA選定の際の見積り数と困ったこと」などをお聞きしました。

調査方法
クローズドアンケート調査(インターネット)
調査地域
全国
調査対象
RPA導入済企業の導入担当者、もしくはRPA導入決定権を持つ部署に所属している人100名
有効回答数
100名
調査時期
2021年2月9日~2月15日(7日間)
調査主体
株式会社ストロボ

【結果1】
多くのRPA導入企業は、初期費用に51万円以上かかっている

RPA初期投資額はツールによって少し差はありますが、
デスクトップ型は「51~100万円」、
サーバー型は「51~100万円」と「501~2,000万円」が同数、
クラウド型は「501~2,000万円」
の範囲にそれぞれ票が集まりました。
またトータルで最も票が多かったのは、「51~100万円」という結果で、RPAの初期費用には51万円以上かかっている企業が大多数であることがわかりました。

【結果1】多くのRPA導入企業は、初期費用に51万円以上かかっている

【結果2】
デスクトップ型は100万円以上、サーバー型は100万円以下、クラウド型は1,000万円以上が多い

使用しているRPAツール別に回答を並べてみたところ、
デスクトップ型は「100~149万円」、
サーバー型は「30~49万円」
クラウド型は「1,000~2,000万円」
の範囲に票が集まりました。
デスクトップ型は100万円以上年間費用がかかっている企業が多く、サーバー型は100万円以下、
クラウド型は1,000~2,000万円に収まっている企業が多いなど、使用しているツールによって年間費用に差が見られました。

【結果2】デスクトップ型は100万円以上、サーバー型は100万円以下、クラウド型は1,000万円以上が多い

[完全版PDFダウンロード]
「RPA(ロボットによる業務自動化) 導入や年間にかかる費用についての調査~使用しているRPAツールによって、年間費用は100万円以上か100万円以下か大きく変わる~」

現在RPA導入済企業の導入担当者、もしくはRPA導入決定権を持つ部署に所属している人100名を対象に、RPA(ロボットによる業務自動化)導入企業のRPA導入状況や費用・満足度の実態を把握するための調査を行いました。

  • RPAツールの導入形態とは?
  • RPA導入にかかった初期費用とは?
  • RPAの運用にかかっている年間費用とは?
  • SIerの費用対効果は?
  • RPA選定の際の見積り数と困ったこと
以上の項目を掲載
【ホワイトペーパー】RPA(ロボットによる業務自動化) 導入や年間にかかる費用についての調査

関連するお役立ちコンテンツ

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
見積もり依頼、RPA製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
RPA製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ