ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション 【ホワイトペーパー】

今こそ見直したい、RPA導入の課題と製品選定のポイント

~RPAのリプレイスに関する調査・事例を踏まえて~

近年、RPAは大きな関心を集めた結果、急速に世の中に広がり、既に日本の85%の企業が何らかの形でRPAを導入済みだと言われています。(*)しかし、RPAに対する「過度な期待」をもって、まずは導入してみたものの、実際のところ期待したような成果が得られないと感じる企業も多くありました。
現在、RPAへの「過度な期待」に気づいた企業から、より現実的で効果的なRPAの取り組みを始めており、期待した成果を得るために導入製品を見直す動きが大きくなっています。

本書では、これまでのRPAの取り組みを見直して製品を再選定する場合や、これからRPAを導入する際の製品選定に参考になる情報をまとめました。

  • * RPA BANK調べ

本書の内容

  • RPA導入・全社展開の課題の整理
  • RPA製品の見直しについての意識調査
  • 製品選定の重要なキーポイント
  • RPA製品をリプレイスして全社展開に成功した事例

このような方におすすめします

  • 既にRPAを導入しているものの、あまり成果が得られないと感じている方
  • これからRPAの導入を検討されている方
【ホワイトペーパー】今こそ見直したい、RPA導入の課題と製品選定のポイント

RPA導入の各フェーズにおける課題と解決策とは

本書では、導入フェーズを「計画・検証」「部分導入」「本格導入」の3段階に分け、それぞれのフェーズで発生しがちな課題とその原因をまとめたうえで、3つの解決策を提案しています。

フェーズ1で起こるおもな課題

RPA製品見直しについての意識調査と、製品選定の重要ポイント

企業はRPAの活用をさらに拡大するための現実的な取り組みを検討しはじめています。
日立ソリューションズの独自調査によると、RPA導入済みの企業の担当者の93%が、RPA製品のさまざまな課題のため、RPA製品の追加や変更を検討しているとの結果が出ています。

RPA導入後の経過年数と今後の追加・変更予定

同時に、RPAの追加・変更にあたってどのようにツールを選定すべきか、不安に感じる企業多いこともわかりました。
これからRPA製品を導入する企業も、既存のRPAをリプレイスしようとしている企業も、導入するRPA製品の選定ポイントをおさえたうえで、導入を検討することが重要です。

本書では、RPA選定の重要なキーポイントをお伝えします。
また、そのポイントを満たすツールの例として、「Automation 360」をご紹介しています。

RPAをリプレイスした結果、全社展開に成功した事例

以下のポイントを中心に、実際にRPA製品を変更して、大きな成果を出した企業の例を解説しています。

  • もともと抱えていた課題
  • 何を目的にリプレイスを行ったのか
  • 新しい製品の選定理由
  • リプレイスの効果
リプレイス前のRPA導入状況

[完全版PDFダウンロード] 「今こそ見直したい、RPA導入の課題と製品選定のポイント~RPAのリプレイスに関する調査・事例を踏まえて~」

  • RPA導入・全社展開の課題の整理
  • RPA製品の見直しについての意識調査
  • 製品選定の重要なキーポイント
  • RPA製品をリプレイスして全社展開に成功した事例
以上の内容を掲載
【ホワイトペーパー】今こそ見直したい、RPA導入の課題と製品選定のポイント~RPAのリプレイスに関する調査・事例を踏まえて~

関連するお役立ちコンテンツ

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
見積もり依頼、RPA製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
RPA製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ