JP1ソリューション ホーム > JP1ソリューション > 導入 > JP1構成管理クイックスタートソリューション

JP1構成管理クイックスタートソリューション 部分導入による評価運用から始め、着実にステップを重ねながらスムーズな構成管理の実現を支援します。

このような課題を解決します!
  • JP1を活用した構成管理を実現したいが、進め方がわからない。
  • JP1構成管理製品の導入に際して、管理すべきシステムが多く、実現までに時間がかかり過ぎる。
  • JP1構成管理製品の導入に際して、経験が少なく、スキル的に不安がある。
  • 専門的な技術力が必要な構成管理システムの導入を確実に進めたい。

主な特長

  • 部分導入から段階的に始めることにより、構成管理システムのクイックスタートを実現します。
  • 管理対象ごとに作成されたテンプレートの適用により、管理対象構成情報の検討時間を短縮し、評価運用の早期スタートを可能にします。
  • 構成管理システムの豊富な導入実績に基づいて、環境構築からトータルサポートします。

ソリューションメニュー

JP1構成管理
スタートアップサービス
部分導入に関するターゲット範囲の選定からJP1/UCMDB環境の構築、テンプレートによる構成管理環境設定まで、構成管理をスムーズにスタートできるように支援します。
JP1構成管理本格運用
支援サービス
スタートアップサービスにて導入した内容の運用支援や本格展開計画の策定支援などを行います。
JP1構成管理スタートアップサービス 詳細
管理対象や運用の課題を明確化し、本格運用に向けた計画の具体化を支援します。
部分導入による評価運用を早期に実現し、管理対象や運用の課題を明確化 対応策を実現し、本格運用に向けた計画を具体化
PAGETOP

ユースケースのご紹介

自動収集可能なサーバとネットワーク機器を中心に選定、部分評価導入
サーバは500台以上、ネットワーク機器は700台異常、ストレージは160台以上、その他機器が500台という規模で各製品のツールによる確認や、手動で収集した構成情報をExcelの台帳で管理
JP1/UCMDBを導入 ・OS種別でサーバ10台選定 ・ネットワーク機器、ストレージ等10台選定 ・自動取得不可のExcel情報取り込み評価
構成確認
インパクト分析
変更レポート
部分評価の対象として自動収集可能なサーバとネットワーク機器を中心に選定し、構成管理をスムーズ&クイックに実現
PAGETOP
【略称一覧】
  • JP1/UCMDB:JP1/Universal CMDB
このソリューションをご覧の方は、こちらのソリューションもご覧いただいています
PAGETOP