ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション 【コラム】

RPA運用を成功につなげるフローとは?失敗につながるケースも解説

近年、「生産年齢人口減少に伴う人材不足」をはじめとする社会的背景からRPA (Robotic Process Automation)がますます脚光を浴びています。RPAを導入する企業は増加傾向にあり、導入割合を企業規模別に見た場合、1000人以上の企業で85%、300~1000人未満の企業でも80%となっており、すでに中小企業にもRPAが普及しているという状況です。しかし、「労働時間の削減」をはじめ、成功の兆しが見える企業がある一方、「導入したものの上手く機能していない」などの悩みを抱える企業は少なくありません。そこで、今回の記事では、失敗につながる典型例を踏まえた、RPA導入・運用の流れについてまとめていきます。

RPA導入が失敗につながる典型例

すでに多くの企業が導入し始めているRPAですが、一体何がその「成功」と「失敗」を分けているのでしょうか?まずは、RPAの導入に失敗してしまう典型的な例を紹介していきます。

「RPA導入」自体が目的化してしまうケース
はじめに紹介するのは、RPA導入を急ぐ余り、徐々に「RPAの導入」自体が目的化されてしまう例です。「業務フローの最適化」が不十分なままRPAの導入が先行することで、「根本的な目的」を見失ってしまうことも珍しいことではありません。その結果、自動化すべき業務範囲を検証・設定しきれないことから、RPAによる効果を実感できないケースです。

RPAツール選定の落とし穴
次に挙げられるのが、「RPAツールの選定」です。一言にRPAと言っても、ベンダーは数多く存在し、それぞれにツールの特徴も異なります。RPAツールが自社に適していなかった場合も、導入や開発者育成のコストを考慮すると、ツールの変更は難しくなります。また、このような不備を理解しながらRPAの運用が進行してしまうことで、引くに引けない状況に陥ってしまう企業も少なくありません。

RPAの導入を成功に導くためのフローとは?

次に、「RPA導入における失敗パターン」を踏まえた上で、RPAの導入・運用の流れについてまとめていきます。RPAツールの中には、ベンダーによるサポートが不足するものもあるため、導入・運用のフルサポートに対応しているサービスを検討することも視野に入れましょう。

1.目的を明確化する
RPAの導入に際してはじめに着手するべき業務は、「目的」を明確化することです。RPAは導入が完了するまでに数ヶ月の期間を要する場合もあるため、先述した失敗パターンのように、「RPAの導入」自体が目的化してしまわないように注意する必要があります。目的を明確化する際は、単に「業務を効率化する」などの文言に留めるのではなく、具体的な数字を併せて設定しておくことで、目的の達成度を客観的に判断することができます。RPAによる効率化が影響している利益から投資コストを算出することもできるため、重要な点です。

2.効率化を実現するための体制を構築する
RPAの導入・運用により業務効率化を実現するためには、現場との連携が不可欠です。業務効率化を推進する管理部門の担当者と現場の状況を把握している担当者からRPAを推進するチームを編成することで、現場との連携を図ることができます。ここでRPAの導入を急ぎすぎる余り、現場の意見を反映できない体制を構築してしまうと業務効率化の成果は期待できません。

3.RPAを適用する業務の選定
次に、RPAを適用する業務の選定をおこないます。これは、RPA導入におけるフローの中でも重要な工程のひとつです。業務の選定をおこなう際に重要になるのが、「自動化による効果が最も高い業務を見極めること」です。RPAはパターン化できない「非定型業務」ではなく、データ入力や資料作成、形式的な書類作成など、マニュアル化が可能な「定型業務」に対応しています。また、定型業務にかけている時間や従業員が多いほど自動化する効果は高まりやすいという特徴があります。効果を最大化できる業務の選定をおこなうためには、現場へのヒアリングも実施するべきです。

4.ツールを選定する
自動化を適用する業務範囲を設定した次は、「RPAツール」の選定をおこないます。こちらもRPA導入において大変重要な段階ですが、先述したように、ベンダーは数多くあり、機能や操作性が異なるさまざまなツールが販売されているため、選定は容易ではありません。選定をおこなう際は、目的を達成するための機能の有無をはじめ、費用や既存のシステムとの連携など、さまざまな面を考慮する必要があります。そのため、「業務の選定」と併せて、導入・運用サポートに対応しているサービスに相談すると良い段階と言えます。

5.試験導入を通して最終確認をおこなう
選定作業を終えた後は、試験導入に移ります。本格的な導入を前に、これまでの段階で把握しきれていない想定外のトラブルについて洗い出しておく必要があります。本格導入を見据え、同じ環境で運用を試みることで、「必要な作業範囲をカバーできているか」「業務効率は向上しているか」などを確認しておくことが大切です。

6.RPAの本格的な導入
試験導入で洗い出した問題について対応を策定した後、本格導入に移ります。現場の人間にとっては新しいシステムのため、マニュアルの用意や勉強会の開催、研修なども必要になります。また、実際に運用を開始した後も、効果検証やメンテナンスが大切になるため、「導入」が「問題解決のスタート」であることを全体で共有することも重要です。

まとめ

ここまでRPAの導入・運用を成功につなげるためのフローについて見てきました。RPAを導入する際はツールや自動化する業務範囲についての選定が必要になり、これらの段階を徹底することが大切です。日立ソリューションズでは、導入ステップに応じた支援サービスを提供しており、RPAツール運用をサポートしています。「自動化すべき業務やRPAツールの選定」や「運用業務の負担軽減」をワンストップで支援し、部門横断で自動化を実現しています。運用担当者の方をはじめ、RPAについて悩みを抱えている方は、ぜひ相談してみてください。

関連するお役立ちコンテンツ

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ