ページの本文へ

Hitachi

情報漏洩防止ソリューション 秘文

情報漏洩防止ソリューション 秘文 秘文 Data Protection

概要

秘文 Data Protectionは、相手先に渡すファイルを保護し、不正利用や二次流出が発生した場合には、
後から閲覧を停止することで、情報の拡散を防ぐことができます。
またファイルの参照位置やパスワード認証に失敗した回数など、
流出が疑われる操作を検知することができます。

二次流出防止 秘文 Data Protection

特長

① ファイルの閲覧停止機能で流出した情報の拡散を防止

相手先に渡したファイルを後から閲覧停止にすることで、不正にコピーされたり、流出した後に拡散することを防止します。

② 流出の予兆を見逃さず早期対応が可能

パスワード認証に一定回数失敗するなど、流出が疑われる操作が検知されると、システムから自動で管理者に通知メールが届くので、流出の予兆を見逃しません。

③ サーバーの構築不要により導入費を削減

サーバー機能はクラウドで提供するので、サーバー構築費不要。導入コストを抑えられます。

機能

ファイルの保護(閲覧型機密ファイル)

閲覧専用(編集・印刷・コピー・プリントスクリーン禁止)のファイル(閲覧型機密ファイル)を作成する機能です。ファイルの提供先での流用や不用意な印刷による情報漏洩を防止します。

ファイルの保護

ファイル持ち出し時の保護ファイル(閲覧型機密ファイル)利用強制

下の製品と連携することで、ファイル持ち出し時に閲覧型機密ファイルの利用を強制することができます。

秘文 Data Encryptionと連携

閲覧型機密ファイルのみリムーバブルメディアやCD/DVDにコピーできるように強制できます。

ファイル持ち出し時の保護ファイル利用強制

保護ファイル(閲覧型機密ファイル)の閲覧

専用ビューアを使い、編集・印刷・コピー・プリントスクリーンなど二次流出につながる操作を制限した状態で閲覧できます。
ファイルを閲覧するためには、クラウドにある管理サーバーに接続し、パスワードの入力が必要です。

保護ファイルの閲覧

ファイルの閲覧停止(失効)

閲覧型機密ファイルを失効し、ファイルを閲覧禁止にする機能です。利用範囲から流出した可能性のあるファイルを閲覧停止(失効)することで、 そのファイルは二度と開けなくなるため、情報漏洩を防止することができます。

ファイルの閲覧停止(失効)

ログ取得

閲覧型機密ファイルのログを取得する機能です。ログをCSV形式で出力したり、ファイルが参照された場所を管理コンソールの地図上に表示します。予期せぬ場所でのファイル参照を一目で把握でき、ファイル失効の判断材料になります。

ログ取得

管理者通知

閲覧型機密ファイルのパスワード認証に失敗した回数など、あらかじめ指定した条件を満たした場合に、管理者へ通知メールを送付する機能です。

管理者通知

委託先から流出したファイルを閲覧停止にするシーンを例に、秘文 Data Protectionの使い方を実際の操作画面を使ってご紹介します。

  • ファイルの保護
  • 保護ファイルの閲覧
  • ファイルの閲覧停止
  • ログ取得
  • 管理者通知
「秘文 Data Protection」のご紹介【日立ソリューションズ】

秘文 Data Protection
トライアルサービスのご案内

秘文 Data Protectionの導入を検討するお客様向けに、利用期間30日間のトライアルサービスを提供しています。



機密ファイルビューア
機密ファイルを復号するにはこちらから
秘文 Data Protection カタログダウンロード
秘文 Data Protectionについて詳しく知りたい方はこちら
ページの上部へ
ページの上部へ